社会

スーパーコンピューター「京」の凄さ

投稿日:

PCS
政治的な仕訳の際、蓮舫氏が「2位じゃダメなのか」と
いう言葉で話題となり、その後、1位という地位を築いたことのある
スーパーコンピューター「京」。

このコンピューターは、私たちにとって無縁の存在に
感じるかもしれませんが、実際は多くの企業に関わり、かつ今後の日本の産業促進に多いに貢献しています。
具体的にはシミュレーション関係です。

車の設計やデザインを考える際、空気抵抗について考える必要があります。
従来は実際にデザインした車を動かし、実験走行していました。

しかし、この実験での問題は用意された環境でしか走行できないと
いう事であり、大型ビルが立ち並ぶ都市風、対向車との擦れ違いで発する風、
トンネルからである時の山風など様々なシミュレーションが
出来ませんでした。

この京に登場により、無数の風をシミュレーションによって
把握することが出来、実際に走行せずとも、デザインを改善する事が
出来るようになりました。

またこの京の最大の魅力と言われるのが計算の速さです。

車の例については、京が登場する前まで別のスーパーコンピューターで
行われていました。従来のスーパーコンピューターでは解決できない
問題として医療の問題があります。

例えば、血栓ではどのように血管が詰まるのか、個人のレベルで
解明することはできませんでした。

しかし、京により3年かかる計算量が2日で終了する形へとなり、
医療へと通じ、また医薬品への開発にも貢献しています。

このことから、「京」とは我々の生活を支え、促進させるものであり、
今後の企業の促進を加速させていくためにも、2位ではなく、1位をめざし、
投資の機会を多くして行くことを望むべきでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ゲーセンのプライズは原価800円まで

昨今、ゲームセンターの景品(プライズという)は大きいものや、 作りの良いものが増えてきました。 UFOキャッチャーなどで硬貨を積んでチャレンジした方も いらっしゃるのではないでしょうか。 このプライズ …

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

no image

2050年の未来予測

先ほど本屋に行きましたら 2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり 宣伝されていました。 英エコノミストの予測ということで 非常に気になるところです。 2013年をいよいよ迎えるというときに 2 …

no image

敦賀原発をはじめとする活断層調査に対する考え方の根本的な間違い

先日、原子力規制委員会は、活断層調査を行った敦賀原発2号機について、 下層部を走っている破砕帯は、活断層と考えられるとの見解を示し、 その発表を受けた野田総理大臣は、廃炉を念頭において対応を進める旨の …

no image

ゆとり世代 円周率は3ではない?

ゆとり世代の代表的な話といえば 円周率が3.14ではなくおよそ3になってしまうと いう話でした。 こんな適当な計算方法にしてしまって 本当にいいのか? ある意味嘘を教えることになってしまうのに 本当に …

アーカイブ