社会

日銀の独立性

投稿日:

shoukaiS1最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が
よくニュースの話題にのぼるようになりました。

日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された
日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発行するとともに、
通貨調節による物価の安定と、健全な経済成長を目指し、
且つ民間銀行間の円滑な決済の安定性を確保することで、金融機能の保護をする役割を担っています。

日銀の独立性の基本的な意義は、政府の資金調達からの分離です。

日銀が設立された経緯は、以下のことが背景にあります。
明治時代に起きた西南戦争において、当時の明治政府には戦費を
賄うだけの十分な財源がありませんでした。

そこで、政府は紙幣を大量に発行してその支出に充てましたが、
そのために、激しいインフレを招いてしまいました。

どうしても手元にお金を自由に生み出せる装置があると、
麻薬のように誘惑に負けて、使い続ける危険があります。

その危険を避けるために、当時の大蔵卿(財務大臣)だった松方正義は、
ヨーロッパを見習って、政府から分離した日銀を発足させ、
紙幣発行を日銀に行わせることによって、通貨価値の安定を図りました。

しかし、紙幣発行を政府から分離したとしても、日銀に
国債の購入を約束させて、政府が財政赤字を膨らませたら
同じことが起きます。

その実例が、太平洋戦争における、戦前・戦中を通じた
軍事費調達のための日銀による国債引き受けの失敗です。
それを反省して、日銀の国債引き受けを禁じる法律が作られました。

最近のデフレ解消のために、大幅な金融緩和が叫ばれていますが、
重要なことは、日銀を「打ち出の小槌」にするのではなく、
政府と日銀が協力して、財政の健全化と経済成長における
適切な処置をしていくことです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

日本を観光立国にして経済を盛り上げる方法

経済を上昇させるにはどうしたらいいか、といった事が今世論で 騒がれていますが、私が思う比較的簡単で将来性の高い経済対策は、 日本を観光立国にする事です。 今でも充分に観光立国でないか、と思われる方も多 …

給食を残す問題  4割の児童が残すということ。

給食を今の児童は食べないということで ニュースとして挙がっていました。 4割が残すとかちょっと異常な 数値になっているように思えます。 これは好き嫌いの問題というか、 残さないで食べるというような 教 …

高速バスでサービスエリア乗客置き去り 乗客が悪いことになる

高速バスのサービスエリア休憩にて 時間内にお客さんが戻ってこないで そのまま置き去りにして出発してしまった。 こんな場合に乗客が悪くなるのか? それともバス会社に責任があるのか? 最近は、よくバス会社 …

no image

衆院選を前に改めて選挙制度を考察する

いよいよ衆議院議員選挙が近いですが、日本は二大政党に向いているのか 否かというのが一つのテーマとなっています。 ただ、現与党は失策続きで低空飛行が続き、その対抗勢力たる最大野党も 結局先祖帰りするだけ …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

カテゴリ

アーカイブ