雑記

ブレーキの無いピスト

投稿日:

017944
以前、あるお笑い芸人が後輪にブレーキの付いていない自転車で
公道を走っていたことから、道路交通法違反の容疑で取り締まりを
受けたことがニュースに流れていました。
道路交通法では自転車の両輪にブレーキを付けることが義務化されています。

なぜ、ブレーキを付けないかというと「カッコイイ」からです。
このブレーキを付けない自転車のことは「ピスト」と呼ばれ、
下向きのハンドル、高いサドル、細いタイヤなど、ファッション性が
重視されています。

ピストがブームになったのは、アメリカのメッセンジャー(配達員)が
街中を車の間をすり抜けながら走っていく姿を、テレビや
雑誌などで紹介されたことがきっかけとなっています。
それが、若者の間でカッコイイと人気になって広がっていきました。

しかし、ピストという言葉の本来の意味は「自転車競技場」であり、
そこを走る自転車が「ピストレーサー」と名付けられ、
略してピストになりました。要するに、本来は競技用の自転車のことです。

競技用自転車はブレーキを装備するのが禁止されているため、
固定ギアになっています。
固定ギアの場合はペダルと車輪が直結されているため、後ろに
漕げばバックもします。
ピストを止める場合は、足の回転を止めることでタイヤの
回転を止めます。
しかし、走っている自転車を足の力だけで止めるわけですから、
強靭な脚力が必要であり、鍛えられたプロにしかできません。

素人が脚力だけで走っているピストを止められるわけはなく、
仮にタイヤの回転を止められたとしても、タイヤがロックした
状態のまま惰性で前へ進み、却ってコントロールの
利かない状態になる危険もあります。

ブレーキの無い自転車で公道を走ることは、絶対に避けるべきです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

メッセンジャー対スカイプの決着

windowsメッセンジャーですが、「2013年第1四半期に 提供を完全に終了する」ということが 発表されましたね。 栄枯盛衰といいますか、ついにメッセンジャーも 終わりの時代がきたということです。 …

no image

Facebookの日本での問題

日本でもコミュニケーションツールとして twitter、そしてfacbookが普及してきました。 これはどちらが使いやすいのでしょうか? どちらかというとtwitterは一過性のコミュニケーションとも …

no image

自分は本当に忙しいのか?

・忙しくて時間を作ることができない ・勉強したいけど時間がない このような発言をしているような人達は 本当に多いです。 でも、いつまでも仕事が忙しいからと言っていては 何も始まりません。 これは自分自 …

no image

料理がいまいちうまくいかない方へ

調理師の視点から見ていると料理下手と言われている人の、 ある欠点に気付くそうです。 それは料理がうまくいかない人達は共通して、味覚は おかしくないのにレシピがあっても所々で無視する、 あるいは勝手なア …

アーカイブ