雑記

ブレーキの無いピスト

投稿日:

017944
以前、あるお笑い芸人が後輪にブレーキの付いていない自転車で
公道を走っていたことから、道路交通法違反の容疑で取り締まりを
受けたことがニュースに流れていました。
道路交通法では自転車の両輪にブレーキを付けることが義務化されています。

なぜ、ブレーキを付けないかというと「カッコイイ」からです。
このブレーキを付けない自転車のことは「ピスト」と呼ばれ、
下向きのハンドル、高いサドル、細いタイヤなど、ファッション性が
重視されています。

ピストがブームになったのは、アメリカのメッセンジャー(配達員)が
街中を車の間をすり抜けながら走っていく姿を、テレビや
雑誌などで紹介されたことがきっかけとなっています。
それが、若者の間でカッコイイと人気になって広がっていきました。

しかし、ピストという言葉の本来の意味は「自転車競技場」であり、
そこを走る自転車が「ピストレーサー」と名付けられ、
略してピストになりました。要するに、本来は競技用の自転車のことです。

競技用自転車はブレーキを装備するのが禁止されているため、
固定ギアになっています。
固定ギアの場合はペダルと車輪が直結されているため、後ろに
漕げばバックもします。
ピストを止める場合は、足の回転を止めることでタイヤの
回転を止めます。
しかし、走っている自転車を足の力だけで止めるわけですから、
強靭な脚力が必要であり、鍛えられたプロにしかできません。

素人が脚力だけで走っているピストを止められるわけはなく、
仮にタイヤの回転を止められたとしても、タイヤがロックした
状態のまま惰性で前へ進み、却ってコントロールの
利かない状態になる危険もあります。

ブレーキの無い自転車で公道を走ることは、絶対に避けるべきです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

金子みすゞの詩について

劇団えるむの、「みすゞ凛ゝ」というお芝居を観ました。 金子みすゞの半生を、彼女の詩を紹介しながら綴っていくお話です。 東日本大震災の直後、一般的なテレビCMが自粛されACのコマーシャルばかりが 流れて …

no image

家計管理の効果的な方法とは

景気低迷や不景気と言われて久しいですが、昔に比べて非正規雇用の 占める割合が増えていることもあり世帯年収は下降傾向にありますが、 特に若い世代ではフリーターや派遣社員などの非正規雇用で 収入が安定して …

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

鏡餅とのし餅、小餅の硬さの違い

東京の武道館にある大きな鏡餅は よくニュースに流れますが この鏡餅は、普段私達が食べ小餅やのし餅と 硬さが違うようにつかないといけないのです。 最近の市販されている小餅は 餅粉が入っているために ゆで …

no image

どんな逆境にも負けない心の姿勢

毎日いろいろな人と関わり合いながら生きていたら、 人生いろいろな壁にぶつかる事があるかと思います。 おそらく誰でも、「どうして自分だけがこんなひどい目に 合わないといけないのか」とか、「自分ではこんな …

アーカイブ