雑記

珈琲の扱い方

投稿日:

ko-hi-S
私は相変わらず珈琲が好きです。

味は勿論の事、香り、珈琲のある雰囲気、なんとも落ち着くひとときです。

珈琲に拘りを持っている方は多いと思います。
そういう方は、ご自身でも拘りのある珈琲豆であったり、
淹れ方があるでしょう。

私も拘りはある方ですが、インスタント珈琲で自分の好みに
合った味を選ぶくらいで、慌しい日々はそれにお湯を注ぎ
終わってしまいます。それでも十分心は満たされます。

一流のホテルと言われるラウンジ。とても雰囲気が良く、
器も素敵ですよね。やはり拘りのある珈琲が出されるのだろうと
期待に胸膨らませ注文した事があります。

目の前に置かれた珈琲カップに、珈琲豆の入ったドリッパーがセットされ、
そこにお湯を注ぎ、淹れたての珈琲が楽しめるスタイル。

珈琲がカップに落ち終わる頃、ドリッパーを外して下さいましたが、
カップを見れば今にも溢れそうなくらい、どう見てもお湯の量が多く
薄そうな珈琲でガッカリした記憶があります。

このホテルのように、ペーパードリップで珈琲を淹れる場合、
味をあっさりとしたければ荒く、濃い味が良ければ細かく
豆を挽いて使うものですが、きっとそんな事は気にしていないでしょう。

お湯の温度と注ぐ位置もとても大切です。
熱過ぎれば豆が暴れ雑味が出ますし、ぬるければ味が上手く出せません。
高さは低い位置からゆっくり中央の部分だけに円を描きながら数回に分けて注ぎ、
ペーパーに触れている周りの豆にお湯はかけないのが基本ですが、
それすら出来ていない形だけの演出に、何の魅力があるのか今でも疑問です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

オイシックスの献立キットが気になります

今話題になっているオイシックス。 主菜・副菜がたったの20分で完成するという 献立キットが発売しているのを見つけました。 食品の宅配、食材の宅配というのは よくあるところではありますが、 野菜やお肉も …

no image

雑貨を通して生活を楽しむ

雑貨ブームと言われて久しいですね。 ブームと言うより、定着している感じがあります。 かつて高度成長と呼ばれた昭和の時代、日本人は身の回りに様々な 便利な器具を揃えるのに精一杯で、そこに自分の趣味を 取 …

no image

リア充になるためにどうすればいいか?

リア中になる・ならないの違いは何かにつて 議論しているところを見つけました。 リア充になる奴とならない奴の違いを教えて http://vippers.jp/archives/6883862.html …

no image

様変わりしている納骨堂

最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが 多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、 室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に …

no image

音痴はいない?必ず歌が上手になる方法

社会人になると人との付き合いも増え、どうしても誘いを断れないときもあります。 もしその行き先が自分の苦手なカラオケだったとしてもです。 そこで今回は歌が上手になる方法をご紹介したいと思います。 まず最 …

アーカイブ