雑記

珈琲の扱い方

投稿日:

ko-hi-S
私は相変わらず珈琲が好きです。

味は勿論の事、香り、珈琲のある雰囲気、なんとも落ち着くひとときです。

珈琲に拘りを持っている方は多いと思います。
そういう方は、ご自身でも拘りのある珈琲豆であったり、
淹れ方があるでしょう。

私も拘りはある方ですが、インスタント珈琲で自分の好みに
合った味を選ぶくらいで、慌しい日々はそれにお湯を注ぎ
終わってしまいます。それでも十分心は満たされます。

一流のホテルと言われるラウンジ。とても雰囲気が良く、
器も素敵ですよね。やはり拘りのある珈琲が出されるのだろうと
期待に胸膨らませ注文した事があります。

目の前に置かれた珈琲カップに、珈琲豆の入ったドリッパーがセットされ、
そこにお湯を注ぎ、淹れたての珈琲が楽しめるスタイル。

珈琲がカップに落ち終わる頃、ドリッパーを外して下さいましたが、
カップを見れば今にも溢れそうなくらい、どう見てもお湯の量が多く
薄そうな珈琲でガッカリした記憶があります。

このホテルのように、ペーパードリップで珈琲を淹れる場合、
味をあっさりとしたければ荒く、濃い味が良ければ細かく
豆を挽いて使うものですが、きっとそんな事は気にしていないでしょう。

お湯の温度と注ぐ位置もとても大切です。
熱過ぎれば豆が暴れ雑味が出ますし、ぬるければ味が上手く出せません。
高さは低い位置からゆっくり中央の部分だけに円を描きながら数回に分けて注ぎ、
ペーパーに触れている周りの豆にお湯はかけないのが基本ですが、
それすら出来ていない形だけの演出に、何の魅力があるのか今でも疑問です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

おでんに関西風は存在しない!?

1日1000個売れるコンビニおでん つゆはなぜ「関西風」か http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121111-00000007-pseven-soci …

no image

日々の生活から非生産的な活動を差し引く努力をする

人生の時間は限られていて、1日は全ての人が24時間しか 物理上の時間はない。 そのため「日々の生活から非生産的な活動を差し引く努力をする」 という生き方があります。 時間が取られるのが嫌でスポーツジム …

no image

耐火金庫の熱を防ぐ手段は水

お金は銀行に預けるのが当たり前になっているので、 「金庫」を見かけることはめっきり少なくなりました。 金庫とは耐火性能と防盗性能を有するものを言い、 どちらかが欠けても金庫とは呼びません 。どちらに重 …

no image

気のめぐりを良くするための波動修正法

この世界には目には見えないけれど、気(波動)といったエネルギーが流れています。 人間の体内にも、経絡といって気、血、水が絶えず体全体を 巡りながら、生命を維持しているのです。 今回は、そんな気のめぐり …

no image

様々な情報をフルに活用する方法

情報化社会と云われる現代で日々生活していると、TV,インターネット、 新聞、電車の吊り広告、ラジオ、雑誌と、こちらからあえて追いかけなくても、 あらゆるところから何かしらいろいろな情報が入ってくるかと …

アーカイブ