雑記

エレクトーンの移り変わり

投稿日:

yorokobiS
世の中にはさまざまな楽器が存在します。
幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や
「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。

先生が弾く「オルガン」もあり、最初に触れる楽器は、
「音のおもちゃ」のようなものだったのではないでしょうか。

「オルガン」の音がいつの間にか馴染み深くなると、
楽器に興味のある園児たちは「ピアノ」等を習い始めたような気がします。

そんな中、「エレクトーン」の音を初めて聴いた時には衝撃が走りました。
一台のキーボードなのに、実にさまざまな音が出るのです。

黄色や赤や緑色のレバーを動かすと、「フルート」や「ストリングス」系の
音に変わり、おまけにペダルもたくさん並んでいます。

両手両足で弾くのは、子ども達にとっても慣れてくると
楽しいものでしょう。

楽器は元々電気を使わず、世界中の人たちが目の前にあるものを鳴らし、
あっ、こんな音がする、という体験だったのでしょうね。

それは身近な出来事であると同時に、大きな発見だったに違いない、
と遥か彼方に想像をめぐらします。

いつの間にか時代が大きく楽器を変え、電気を利用するものも
当たり前となりました。
最初は「電子オルガン」として登場した「エレクトーン」も、
時代を経て、目を見張るような勢いで進化して行ったと感じています。

家に居てもオーケストラさながらの音が聴こえますね。
目を閉じれば気分も盛り上がりますね。
一台がコンピューターとしての役割をしてくれて、弾いている間に
慌てて赤や黄色のレバーを手動で変える、などと言う事を
しなくてもよくなったのです。

そんな現在の「エレクトーン」と比べたら、30年以上前のそれは、
赤ちゃんのような楽器でした。当時はちょっとした音の変化に興奮し、
楽しめたという方もいらっしゃると思います。

時々そんな音を思うと、落ち着いた気持ちになるのです。
移り変わっていくのは嬉しいことであると同時に、
当時の音にしかない良さもありますね。

「エレクトーン」の移り変わりを楽しみながら、それぞれの方が、
昔はこんなふうだったんだと感じてくださる時間があると、
楽器も喜んでくれる気がしています。

その時に、現在と過去の同じ楽器が、一つに繋がるような気がします。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

森口氏TV出演禁止

iPS細胞で大騒ぎを起こした森口氏がタレントとして TV出演する予定でしたが、中止になった件。 視聴者感情から適当でないということで説明があったそうです。 森口氏出演中止「視聴者感情から適当でない」テ …

no image

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に 植物栽培を楽しんでみませんか。 季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、 命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。 小学校の低学 …

no image

死蔵している大型スピーカーの修理と再利用方法

今から20年から30年ほど前に、オーディオブームと呼ばれるブームがありました。 「原音再生」を目標に、様々な大型スピーカーやオーディオ製品が発売されたのです。 この当時のスピーカーを、大型リサイクルシ …

no image

ハンドメイドの需要と人気

最近ハンドメイドが人気があります。 それは、作家さん一人一人の個性で作られるものであり、 すべてにおいて一点ものであるからです。 人とは違った物を持ちたい。市場に自分の気に入るアイテムがない、 そうい …

no image

第六感を鍛えるには

あの人は勘がいい、霊感がある、予知能力があるといった人が、 あなたの周りもいませんか? では、どうして彼らはそんなに勘がいいのでしょうか? そして勘とはいったいどんな能力なのでしょうか? 今回は、そん …

アーカイブ