雑記

エレクトーンの移り変わり

投稿日:

yorokobiS
世の中にはさまざまな楽器が存在します。
幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や
「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。

先生が弾く「オルガン」もあり、最初に触れる楽器は、
「音のおもちゃ」のようなものだったのではないでしょうか。

「オルガン」の音がいつの間にか馴染み深くなると、
楽器に興味のある園児たちは「ピアノ」等を習い始めたような気がします。

そんな中、「エレクトーン」の音を初めて聴いた時には衝撃が走りました。
一台のキーボードなのに、実にさまざまな音が出るのです。

黄色や赤や緑色のレバーを動かすと、「フルート」や「ストリングス」系の
音に変わり、おまけにペダルもたくさん並んでいます。

両手両足で弾くのは、子ども達にとっても慣れてくると
楽しいものでしょう。

楽器は元々電気を使わず、世界中の人たちが目の前にあるものを鳴らし、
あっ、こんな音がする、という体験だったのでしょうね。

それは身近な出来事であると同時に、大きな発見だったに違いない、
と遥か彼方に想像をめぐらします。

いつの間にか時代が大きく楽器を変え、電気を利用するものも
当たり前となりました。
最初は「電子オルガン」として登場した「エレクトーン」も、
時代を経て、目を見張るような勢いで進化して行ったと感じています。

家に居てもオーケストラさながらの音が聴こえますね。
目を閉じれば気分も盛り上がりますね。
一台がコンピューターとしての役割をしてくれて、弾いている間に
慌てて赤や黄色のレバーを手動で変える、などと言う事を
しなくてもよくなったのです。

そんな現在の「エレクトーン」と比べたら、30年以上前のそれは、
赤ちゃんのような楽器でした。当時はちょっとした音の変化に興奮し、
楽しめたという方もいらっしゃると思います。

時々そんな音を思うと、落ち着いた気持ちになるのです。
移り変わっていくのは嬉しいことであると同時に、
当時の音にしかない良さもありますね。

「エレクトーン」の移り変わりを楽しみながら、それぞれの方が、
昔はこんなふうだったんだと感じてくださる時間があると、
楽器も喜んでくれる気がしています。

その時に、現在と過去の同じ楽器が、一つに繋がるような気がします。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

料理に影響する硬水と軟水の違い

最近は、ミネラルウォーターをバッグに入れて、持ち歩いている人が 多くなりました。ミネラルウォーターはその名の通り、カルシウムや マグネシウムなどのミネラル分(無機塩類)が含まれている水のことです。 こ …

正月の栗きんとんのおすすめ

クリスマスがもうすぐですが、クリスマスの準備は当然 終わっていますよね。 クリスマスは大イベントですがその次に待っているのが お正月。 ここも早く準備をしておきたいところです。 (といってもクリスマス …

no image

音痴はいない?必ず歌が上手になる方法

社会人になると人との付き合いも増え、どうしても誘いを断れないときもあります。 もしその行き先が自分の苦手なカラオケだったとしてもです。 そこで今回は歌が上手になる方法をご紹介したいと思います。 まず最 …

no image

ジーユーで一番のお気に入りは下着

今までに、パンツ、スカート、カットソー、アウターなど 一通りの商品を購入しましたが、一番の私のお気に入りのラインナップは下着です。 もともと私はレースやサテンの素材のものやりも、コットン素材の ものの …

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

アーカイブ