雑記

エレクトーンの移り変わり

投稿日:

yorokobiS
世の中にはさまざまな楽器が存在します。
幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や
「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。

先生が弾く「オルガン」もあり、最初に触れる楽器は、
「音のおもちゃ」のようなものだったのではないでしょうか。

「オルガン」の音がいつの間にか馴染み深くなると、
楽器に興味のある園児たちは「ピアノ」等を習い始めたような気がします。

そんな中、「エレクトーン」の音を初めて聴いた時には衝撃が走りました。
一台のキーボードなのに、実にさまざまな音が出るのです。

黄色や赤や緑色のレバーを動かすと、「フルート」や「ストリングス」系の
音に変わり、おまけにペダルもたくさん並んでいます。

両手両足で弾くのは、子ども達にとっても慣れてくると
楽しいものでしょう。

楽器は元々電気を使わず、世界中の人たちが目の前にあるものを鳴らし、
あっ、こんな音がする、という体験だったのでしょうね。

それは身近な出来事であると同時に、大きな発見だったに違いない、
と遥か彼方に想像をめぐらします。

いつの間にか時代が大きく楽器を変え、電気を利用するものも
当たり前となりました。
最初は「電子オルガン」として登場した「エレクトーン」も、
時代を経て、目を見張るような勢いで進化して行ったと感じています。

家に居てもオーケストラさながらの音が聴こえますね。
目を閉じれば気分も盛り上がりますね。
一台がコンピューターとしての役割をしてくれて、弾いている間に
慌てて赤や黄色のレバーを手動で変える、などと言う事を
しなくてもよくなったのです。

そんな現在の「エレクトーン」と比べたら、30年以上前のそれは、
赤ちゃんのような楽器でした。当時はちょっとした音の変化に興奮し、
楽しめたという方もいらっしゃると思います。

時々そんな音を思うと、落ち着いた気持ちになるのです。
移り変わっていくのは嬉しいことであると同時に、
当時の音にしかない良さもありますね。

「エレクトーン」の移り変わりを楽しみながら、それぞれの方が、
昔はこんなふうだったんだと感じてくださる時間があると、
楽器も喜んでくれる気がしています。

その時に、現在と過去の同じ楽器が、一つに繋がるような気がします。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

フォトブックのおすすめは?通販でできる「デパ帳」

フォトブックって作ったことがありますか? デジカメでよく撮影することは今の時代、当たり前で 高画質のものを作ったり、現像したりということは あっても、フォトブック化することはまだ珍しいような 気もしま …

no image

玉三郎の「ふるあめりかに袖はぬらさじ」

正月3日に、NHKが舞台「ふるあめりかに袖はぬらさじ」をオンエアします。 これは2012年に赤坂のACTシアターで上演された舞台の録画放送です。 この作品は有吉佐和子が文学座の杉村春子(いずれも故人) …

no image

ビジネスジャーナルの人気記事がビジネスではない

最近検索でよく出てくるビジネスジャーナル。 http://biz-journal.jp/ 人気記事がサイドバーに並んでいるのですが、 その内容を見てみると ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

アーカイブ