雑記

エレクトーンの移り変わり

投稿日:

yorokobiS
世の中にはさまざまな楽器が存在します。
幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や
「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。

先生が弾く「オルガン」もあり、最初に触れる楽器は、
「音のおもちゃ」のようなものだったのではないでしょうか。

「オルガン」の音がいつの間にか馴染み深くなると、
楽器に興味のある園児たちは「ピアノ」等を習い始めたような気がします。

そんな中、「エレクトーン」の音を初めて聴いた時には衝撃が走りました。
一台のキーボードなのに、実にさまざまな音が出るのです。

黄色や赤や緑色のレバーを動かすと、「フルート」や「ストリングス」系の
音に変わり、おまけにペダルもたくさん並んでいます。

両手両足で弾くのは、子ども達にとっても慣れてくると
楽しいものでしょう。

楽器は元々電気を使わず、世界中の人たちが目の前にあるものを鳴らし、
あっ、こんな音がする、という体験だったのでしょうね。

それは身近な出来事であると同時に、大きな発見だったに違いない、
と遥か彼方に想像をめぐらします。

いつの間にか時代が大きく楽器を変え、電気を利用するものも
当たり前となりました。
最初は「電子オルガン」として登場した「エレクトーン」も、
時代を経て、目を見張るような勢いで進化して行ったと感じています。

家に居てもオーケストラさながらの音が聴こえますね。
目を閉じれば気分も盛り上がりますね。
一台がコンピューターとしての役割をしてくれて、弾いている間に
慌てて赤や黄色のレバーを手動で変える、などと言う事を
しなくてもよくなったのです。

そんな現在の「エレクトーン」と比べたら、30年以上前のそれは、
赤ちゃんのような楽器でした。当時はちょっとした音の変化に興奮し、
楽しめたという方もいらっしゃると思います。

時々そんな音を思うと、落ち着いた気持ちになるのです。
移り変わっていくのは嬉しいことであると同時に、
当時の音にしかない良さもありますね。

「エレクトーン」の移り変わりを楽しみながら、それぞれの方が、
昔はこんなふうだったんだと感じてくださる時間があると、
楽器も喜んでくれる気がしています。

その時に、現在と過去の同じ楽器が、一つに繋がるような気がします。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

緊急地震速報の訓練はありなのか?

本日、渋谷区で緊急地震速報の訓練が あったそうです。 渋谷区にいた人はマナーモードにも関わらず 音が流れて騒然としたとのこと。 渋谷区に居住している人にはもしかすると 事前に告知があって周知されていた …

no image

湯たんぽであったかエコ生活

寒い日が続きますね。1月になると新春だ、新春だ、と春と いわれるのにちっとも暖かくなりません。 それもそのはず、1月には大寒があり、1月から2月は1年で 最も寒い時期でもあるのです。 そんな寒い時期に …

no image

ミニシアターのおすすめ

近年、映像技術は進歩し あっと驚くような映像が、しかも3Dで見れるものも増えてきました。 予算と技術をつぎ込んで作られ あらゆるメディアを媒体とし、大体的に宣伝され、大型シネコンで上映される 数々の大 …

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

IQが高いのか低いのか

IQという言葉。何かこの言葉を聞くのは 久しぶりな気がしないでもないですが、 IQが高い人リストが発表されたということで 議論が起こっていたようです。 「IQが高い人リスト」発表 スティーヴン・ホーキ …

アーカイブ