雑記

結婚式での余興のやり方

投稿日:

yorokobiS
結婚式は友人や先輩後輩のもの、いずれに招かれてもなんだか
気恥ずかしい思いもありながら心から祝ってあげたい
イベントだと思います。

何度か結婚式に参加している中では仲の良い友人やお世話になった
先輩の結婚式などでは余興の依頼が来ることもあるでしょう。

会社のメンバーなら先輩の他に上司もいることもありますし、
何より新郎新婦のご両親や親族の方もいらっしゃるわけで
あまり失礼な下品な余興にしてはいけません。
しかしやっぱり場を盛り上げる役割も期待されているのが実際のところです。

ではどのような余興が一番喜ばれるかというと、安牌なのは
ビデオレターでしょう。その場に来れない友人知人や学生時代の
恩師などにも依頼して、あちこちの方から祝福の言葉を頂いたものを
まとめただけでも親族の方はこんなにもたくさんの方に
お祝いしてもらえるのだなと安心していただけます。

さらにそのビデオレターの内容を工夫すると場を盛り上げる
材料にすることもできます。もちろん友人知人の中にはビデオ作成の知
識があるメンバーがいないと厳しいですが、有名ドラマのパロディや
感動的なCMを使う、ドラマ仕立てのストーリーにする、時には新郎には
協力してもらって新婦へのサプライズ作品にするなど工夫の
しようはたくさんあります。

デジタル社会になっているのですから機材も高くないですし、
今後も使えるので一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
すごく新郎新婦にとっては思い出深い結婚式になりますよ。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

スパムコメントを送るくらいならきちんと書けばいいのに

今日もスパムメールのコメントがたくさん 送られてきて、全て削除しました。 一時期ありましたスパムコメントですが また激しくなってきたみたいですね。 自分自身はなかなか人のブログにはそう交流していない人 …

no image

g.u.大ファン

ユニクロ系列ですが、ユニクロにも負けずとも劣らない品揃えな上に、 衣料やアイテムが格安とあって、同じデザインの服でも色違いで揃えたり、 組み合わせ次第ではアウターにしても安っぽさがあまりないような気が …

no image

新しい歌舞伎座の、襲名披露を予想します

歌舞伎の実質的な独占興行会社は、松竹株式会社です。 白井松次郎、大谷竹次郎という兄弟が、関西で会社を立ち上げ成功して、 その後東京へ出て、演芸と演劇の興行権を次々に手中にしていった。 そして、時代の趨 …

no image

シンメトリーを嫌う日本人

昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。 ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、 あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。 こ …

no image

THE MANZAIの復活を望む

お笑いが好きで、昔からお笑い番組を楽しみにしていました。 最近、少し残念に思うのが、お笑いでデビューした人達が、 有名になってくるとお笑いの仕事をしなくなって、司会やMCになってしまうことです。 それ …

アーカイブ