社会

電気自動車の走行距離

投稿日:

026118
最近、街中を車で走っていると、ハイブリッドカーを見ることが
非常に多くなりましたが、まれに、電気自動車を見かけることもあります。

電気自動車とは、バッテリーに蓄えた電気でモーターを
回転させて走る自動車のことです。
ガソリンを燃焼させることがないため、排出されるCO2を
含めた排気ガスの量は、ガソリン車のわずか3割でしかありません。

また、燃料にかかるコストも大幅に削減でき、割安な夜間電気で
充電すれば、走行費用はガソリン車の約6分の1となります。
さらに、電気自動車は、走行中の音や振動が非常に小さいのも
特徴となっています。

実は、電気自動車はガソリン車よりも早くに開発されていましたが、
ガソリン車の方が便利で性能も良かったため、電気自動車が
普及することはありませんでした。
しかし、世界的な規模で環境問題に対する意識が高まってきたことから、
近年になって、環境に優しい電気自動車の開発が促進されています。

また、電気自動車の最大のネックとして走行距離の問題がありましたが、
それもリチウムイオン電池の性能の向上によって、一充電当り走行距離が
150km~200kmと伸びたことで、近場の買い物やレジャー程度には
十分利用できるレベルにまで達しています。

電気自動車のメリットは家庭用の電源(100V・200V)が使えることです。
さらに、年々充電用スタンドの設置も増えてきており、ドライブ途中での
充電が可能になりつつあります。なお、最近ではスマホや携帯電話から
走行可能距離が確認できたり、充電スタンドの位置が表示されたりする
サービスが開発されており、安心して長距離ドライブができるようになっています。

電気自動車が一般化するのも、遠い未来ではなくなっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

ミニマリストって今でもいるの?一時的ブームの気がします。

ミニマリストを実践した人が 陥っている落とし穴なんて記事が 上がっていました。 質にこだわりすぎて高額なものを 買いすぎて、日常の消耗品まで 高くなり節約になっていない。 下着やバスタオルも少ないため …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えているということがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが成り立っているというところもありますが、だんだんと親も年をとり、年金生活になると子どもにそこまでの …

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

no image

感情論に走らず北朝鮮との融和策も考えてみる

北朝鮮に対して、今日本は政権も変わったことであり、 どのような外交策をとっていくかについては何ともいえない ところではありますが強行的な面で望んでいることは 間違いありません。 少し前にアメリカでグー …

アーカイブ