社会

ETCの導入における二つの目的

投稿日:

026118
高速道路の料金システムである「ETC」がかなり普及し、
現在では、高速道路の料金の90%近くがETCで支払われています。

ETCとは「Electronic Toll Collection System」の略で、
「電子式料金自動収受システム」のことです。開発当初は、
国土交通省の「利権がらみ」という批判もありましたが、
高速道路における渋滞の緩和には大きく貢献しています。

従来、高速道路の渋滞の原因は、事故を除けば、大半が料金所に
おける料金の支払い処理に時間がかかっていたことでした。

有人の料金所の場合、1分間に通過できる車の数は4台でしか
ありませんでしたが、ETCを取り入れたことで、
それが14台に増え、渋滞が大幅に緩和されました。

また、ETCには渋滞の緩和以外に、二次的な目的があります。
それは、排気ガスの削減です。車の排気ガスは停車したり、
発進したりする時に多く排出されるため、料金所をノンストップで
通過することによって排気ガスが減少し、大気汚染の削減や、
温暖化の軽減にも役立ちます。

ETCのシステムを簡単に言うと、車が料金所を通過する際に、
料金所に設置されたアンテナと車載器との間で無線交信に
よる料金データなどのやりとりが行われ、そのデータが
クレジットカードを通して清算されています。

ちなみに、ETCで使用されている電波帯域は5.8ghzという
高周波であることから、携帯電話やカーナビなどに影響を
与えることはありません。また、データの交信は高度な技術による
暗号化がなされているため、第三者によるデータの盗用も不可能になっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

丸いシェルター

今日のワールドビジネスサテライトの トレンドたまごの特集では丸いシェルターに ついて特集していました。 個人用として使えて、水にも浮いて 防水耐性、衝撃体制のようです。 凄い・・・けど、一体これを購入 …

高齢者の運転が悪いのか?それとも制度の問題か?

昨今の高齢者の運転事故は 大変なことになっています。 このことについて週刊SPAで ひろゆきのネット炎上観察記で 書かれているということで 内容がネットニュースで 掲載されていました。 高齢者の運転が …

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

no image

子供の防犯サービスについて

東急沿線のみでの展開になるかもしれませんが、東急セキュリティとPASMOが 提携して、子供が東急線の改札口を通った時に、自動的に通ったことを 知らせるメールが保護者に届くサービスがあります。 子供が何 …

no image

女子アナの年収が減少

女子アナといえば、おそらく高い年収を 貰っているんだろうな・・と思いがちですが 昨今ではそうでもなく、副業に精を出す動きに なっているみたいです。 参考) 副業に精出す女性アナのギャラ 安くて10万円 …

アーカイブ