社会

独身が考えるべき一生のお金 ~本当に独身はお金に困るのか?~

投稿日:

014140
独身の場合、お金が裕福で困らないという考えを
抱きがちだが一生というライフスパンで見た場合、
お金に困る可能性があるという内容の記事を
見ました。

・お金にゆとりがあると贅沢になりがち、ファミリー世帯ほどの
 貯金をしない傾向。贅沢のしわ寄せが老後にくる

・定年後、年金と貯金の切り崩しで生活することになっても
 生活のレベルを落とせない

・配偶者や子どもがいないと要介護状態になったときの
 リスクがカバーできない。他人に依頼すればお金がかかる

・ライフイベントが少ないため、目標が定めにくい
 結婚、出産、子どもの進学等がないと定まりにくく、お金の
 使い方がうまくいかない

このような主旨のものだと解釈しました。

本当かなあ・・と思ってしまいます。
ちょっと一方的な価値観で説明しすぎな気がします。

贅沢になっても、それは今あるキャッシュが大きいから
しているのであって、そのまま老後まで贅沢をし続けて
老後に使うお金がない、なんてあまりにも愚か過ぎは
しないでしょうか。

ライフイベントが少ないから、とかそういう話ではないように
思えます。

これは独身だから給料の全てを遊びに使ってしまうと
いうようなケースでしかなく、そんな人が20代なら
まだしもずっと続いていくでしょうか。
独身であれば、通常の会社員であれば、そもそも給料を
使い切ること自体が難しいはずです。

問題はこれではなく、非正規等のまとまった収入を得られて
いない独身の人が問題になるのであって、独身だから
今はよくても後々お金に困ってしまうという考えも
また偏見の一つでしかないように思います。

参照
”一生結婚しないかもしれない”リスクに備える!独身が考えるべき「一生のお金」(1)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130113-00029738-zai-bus_all

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいいという世の中はよくない

社会学者の上野千鶴子氏が中日新聞の インタビューで 「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」 ということを言ったことが話題になって いるようです。 GDP維持、増加をしていくことをあきらめて み …

no image

フランスの食文化・日本の食文化

フランス料理は高級料理として知られます。その発祥の地フランスは世界で最も 食文化の発達した国といっていいでしょう。それは高級料理がおいいしいという だけでなく、普段庶民が食べているものがおいしいという …

no image

外国人は夏はスーツで働かない!?

外国人は夏はスーツで働かなくて 働くのは日本人だけ?というような記事が ありました。 何故日本人は暑い季節にスーツで働いているんだ? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/ar …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

アーカイブ