社会

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

投稿日:

shoukaiS1
紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、
今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。

少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは
ドラッグストア等の棚を見ても、用途に応じて様々な形態のものが多くあります。

ベッドに寝たきりの方には、一般的にテープ式の紙おむつが使用されています。
少量の排泄物なら交換してもスムーズで経済的ということもあり、
医療・介護現場では、加えてコンパクトな尿パッドも重ねて使用しています。

自分でトイレに行ける方でも、外出先などで起こる(心配する)「尿もれ」対策には、
下着にあてて使用する尿パッドやパンツ型の着用タイプがよく利用されています。

女性だけに起こり、中高年の女性に多くみられるのは「腹圧性尿失禁」です。
尿道の短さや尿道括約筋の発達の弱さなど、男女の身体の構造の違いが
原因にありますが、尿道括約筋は出産や加齢でますますゆるみやすくなります。

字のごとく、「お腹に力が入ったとき」に尿もれがしてしまうので、
急な咳き込みやくしゃみ、大笑いをしたときなど、突発的な瞬間によく起こります。

重たいもの持ち上げたり、階段を踏み込んで昇降したときにも起こりますが、
毎日ではなく一過性のものであれば、さほど気にもならず、日常生活に支障はありません。

ですが、症状が悪化してくると、失禁回数や量も増え、反射的に起こるだけでなく
「歩いただけ」でも尿もれを引き起こしてくることもあります。

そうなると、普段の行動を控えたり、気を張ったり遣ったりと、
メンタル的にもかなり落ち込み、日常・社会生活に大きく影響がでるようになります。

「おむつの着用」というと、いまだ抵抗感とマイナスのイメージが
ありますが、この「選り取りみどりのおむつ達」を愛用しながら、
元気にアクティブに、これからの長いシニアライフを楽しんで頂きたいと思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

残業上限が月100時間って今までと何が違うの?

残業の上限が月100時間で罰則付きに なるということで合意ができそうな流れに なっているようですね。 この残業上限100時間ってどうなのでしょうか? 今までと一体何が変わるのでしょうか? そもそも過労 …

no image

日本のインターネットは最下層にまで普及している!?

ニコニコ動画を運営しているドワンゴの会長の 発言として以下のものがあったそうです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「日本では最下層の人間が全部ネットにぶら下がってる。 これが日 …

no image

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。 取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも 子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。 しかし、限りな …

no image

タブレットを教育に使用

本日のワールドビジネスサテライトでは タブレットを使った教育を使うという内容の特集が されていました。 情報系の学校の場合、1人1題iPad購入が義務付けられて いるところもあるとか。 これは凄く効果 …

no image

2050年の未来予測

先ほど本屋に行きましたら 2050年の世界、なんて本が平積みで思いっきり 宣伝されていました。 英エコノミストの予測ということで 非常に気になるところです。 2013年をいよいよ迎えるというときに 2 …

アーカイブ