社会

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

投稿日:

shoukaiS1
紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、
今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。

少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは
ドラッグストア等の棚を見ても、用途に応じて様々な形態のものが多くあります。

ベッドに寝たきりの方には、一般的にテープ式の紙おむつが使用されています。
少量の排泄物なら交換してもスムーズで経済的ということもあり、
医療・介護現場では、加えてコンパクトな尿パッドも重ねて使用しています。

自分でトイレに行ける方でも、外出先などで起こる(心配する)「尿もれ」対策には、
下着にあてて使用する尿パッドやパンツ型の着用タイプがよく利用されています。

女性だけに起こり、中高年の女性に多くみられるのは「腹圧性尿失禁」です。
尿道の短さや尿道括約筋の発達の弱さなど、男女の身体の構造の違いが
原因にありますが、尿道括約筋は出産や加齢でますますゆるみやすくなります。

字のごとく、「お腹に力が入ったとき」に尿もれがしてしまうので、
急な咳き込みやくしゃみ、大笑いをしたときなど、突発的な瞬間によく起こります。

重たいもの持ち上げたり、階段を踏み込んで昇降したときにも起こりますが、
毎日ではなく一過性のものであれば、さほど気にもならず、日常生活に支障はありません。

ですが、症状が悪化してくると、失禁回数や量も増え、反射的に起こるだけでなく
「歩いただけ」でも尿もれを引き起こしてくることもあります。

そうなると、普段の行動を控えたり、気を張ったり遣ったりと、
メンタル的にもかなり落ち込み、日常・社会生活に大きく影響がでるようになります。

「おむつの着用」というと、いまだ抵抗感とマイナスのイメージが
ありますが、この「選り取りみどりのおむつ達」を愛用しながら、
元気にアクティブに、これからの長いシニアライフを楽しんで頂きたいと思っています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

no image

通信販売はクーリングオフができません

クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を 熟知している人はそれほど多くはありません。 クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、 一定の条件を満たせば、消費者から一 …

no image

リサイクルする困難とリサイクル製品を販売する大変さ

通常リサイクルはゴミを増やさない目的として行われるため、 営利目的としては合わないビジネススタイルだと言えます。 紙を例に考えてみます。通常紙は新聞紙や古紙などを用いて、 全く新しい紙へと再資源化しま …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

no image

「夢をあきらめた」時期は平均で24歳 早すぎる夢の終わり

夢をあきらめた時期は平均で24歳という記事が 出ています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「夢をあきらめた」時期は平均で24歳、約半数が才能の限界を感じたから http://zasshi. …

アーカイブ