健康

日常に支障あり。月経前症候群をご存知ですか?

投稿日:

009640
女性の皆さん、
毎日快適に過ごせていますでしょうか?
時にはコンディションの悪い日もあるでしょう。
でも、大抵の場合、少しの気分転換や休養で
普段の自分に戻れるものです。

しかし、何をしてもどうにもならない不調。
それが3日〜二週間続くととても辛いですよね。
辛い時期、よく考えてみたら、
排卵期〜月経と重なってはいませんか?
毎月繰り返してはいませんか?

排卵期〜月経と重なり、
毎月繰り返している場合、
月経前症候群(PMS)と呼ばれる
婦人病である可能性があります。

PMSは以前よりもよく耳にするようになり
認知度も高まってきました。
思い当たって婦人科で治療を始めた方も
増えてきているようです。

症状は、個人によって様々であり、
毎回違うことも特徴となっています。
精神的症状も肉体的症状もどちらも見られます。
年中苦しむわけではなく、
一定の期間でサッと引いてしまうので
市販薬でその場を乗りきっている女性も
少なくありません。

中でもよく耳にする症状は
イライラ、落ち込み、悲壮感、衝動的な怒り、
頭痛、便秘、下痢、腹痛、めまい、のぼせ等、
急を要するものはないものの、
日常生活を送るにはとても辛いものです。

中には、精神的症状がとても重く、
衝動的に自殺未遂をしてしまう
といったケースもあるそうです。

症状はこのようにとても辛いものなのですが
月経開始と共にウソのように症状が消えてしまう
少し困った婦人病でもあります。

ほんの数日であっても症状が毎月あるのは
とても辛いもの。
そして周囲の人に理解してもらえないという
辛さもあります。

婦人科では、低容量ピルでのホルモン療法、
症状に対する薬物による対症療法、など
個人に合った治療法を探してくれますので
一人で悩んだり我慢したりせずに
一度、相談してみることをオススメします。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

マグボトルでおかゆを作って、ダイエットに挑戦

女性なら興味を持つ人も多いダイエット。 でも、リバウンドをしてしまわないか、体調を崩して しまうのではないかという心配もあるのは事実です。 無理な食事制限は、かえってストレスになることもしばしばですよ …

no image

余分なエネルギーが中性脂肪になる

肥満のもととなる中性脂肪が増えるのは、糖質や脂質の 過剰摂取と、エネルギー消費量が、食事から取った エネルギー量より少ないことが原因です。 食べ過ぎと運動不足、単純ですがこれこそが 肥満の原因なのです …

no image

ダイエット商品の口コミと効果を調べる

手軽に誰でもダイエット商品は通販などを利用することで、 買うことができますが、利用を実際にす場合に参考に したほうが良いのがネットだどの口コミです。 なるべく商品情報を収集してからの方がおすすめなのは …

no image

ニュージーランドのプロポリス

ここ6-7年つづけて飲用しているサプリメントがニュージーランドのプロポリスです。 プロポリスはミツバチが自分の分泌液と樹液を合成させた物質を抽出した もので、人工的につくることができません。 また自然 …

no image

外反母趾を予防する靴とは

外反母趾で悩んでいる女性の方は多いと思います。 外反母趾とは、具体的には足の親指が小指の方に曲がっている状態のことをいいます。 長くこの状態が続くことにより、痛みが強くなります。 そのため、足をかばう …

アーカイブ