健康

日常に支障あり。月経前症候群をご存知ですか?

投稿日:

009640
女性の皆さん、
毎日快適に過ごせていますでしょうか?
時にはコンディションの悪い日もあるでしょう。
でも、大抵の場合、少しの気分転換や休養で
普段の自分に戻れるものです。

しかし、何をしてもどうにもならない不調。
それが3日〜二週間続くととても辛いですよね。
辛い時期、よく考えてみたら、
排卵期〜月経と重なってはいませんか?
毎月繰り返してはいませんか?

排卵期〜月経と重なり、
毎月繰り返している場合、
月経前症候群(PMS)と呼ばれる
婦人病である可能性があります。

PMSは以前よりもよく耳にするようになり
認知度も高まってきました。
思い当たって婦人科で治療を始めた方も
増えてきているようです。

症状は、個人によって様々であり、
毎回違うことも特徴となっています。
精神的症状も肉体的症状もどちらも見られます。
年中苦しむわけではなく、
一定の期間でサッと引いてしまうので
市販薬でその場を乗りきっている女性も
少なくありません。

中でもよく耳にする症状は
イライラ、落ち込み、悲壮感、衝動的な怒り、
頭痛、便秘、下痢、腹痛、めまい、のぼせ等、
急を要するものはないものの、
日常生活を送るにはとても辛いものです。

中には、精神的症状がとても重く、
衝動的に自殺未遂をしてしまう
といったケースもあるそうです。

症状はこのようにとても辛いものなのですが
月経開始と共にウソのように症状が消えてしまう
少し困った婦人病でもあります。

ほんの数日であっても症状が毎月あるのは
とても辛いもの。
そして周囲の人に理解してもらえないという
辛さもあります。

婦人科では、低容量ピルでのホルモン療法、
症状に対する薬物による対症療法、など
個人に合った治療法を探してくれますので
一人で悩んだり我慢したりせずに
一度、相談してみることをオススメします。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

風邪を引いてしまった時にすること

風邪の菌は鉄分が大好きです。 ですのでチョコレートなどの鉄分の多い物は控えましょう。 発熱初めの寒気のある時は厚着をして体を暖めるのが良いですが、 熱が上がって熱い時には無理に布団にくるまって暖まる必 …

no image

不妊症に悩んでいる人へ

東洋医学関連の仕事をしています。 昨今、不妊症でお悩みの方が多いようですが、 少しでも妊娠への近道になればと思うことについて書きます。 不妊の原因は色々あり、年齢的なものは抗えないところがあります。 …

no image

DHCの青汁

化粧品で有名な「DHC」も青汁を販売しています。 「ケール青汁+食物繊維」は、セロリ7本分の食物繊維を含んだ一品で、 食物繊維の難消化性デキストリンがお腹の調子を整えてくれるのです。 この青汁は、1日 …

no image

乾燥肌対策 化粧水

お肌の乾燥対策と言えば保湿です。特に冬になると お肌がカピカピになってしまい、本当に困ってしまいます。 そんな時の私の対策方法は、化粧水でのたっぷり保湿です。 当たり前の事なんですが、たっぷりとしっか …

no image

中性脂肪値を下げるための食事

私たちは普段無意識のうちに好きなものばかり 食べていることが多く、食べる量もその時の お腹のすき具合によって多くなったりもしがちです。 ですがこのような食生活を続けてしまっていると どんどん栄養バラン …

アーカイブ