社会

PPPという公害における責任費用について

投稿日:

shiryouS
PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、
企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う
「汚染者支払いの原則」をさします。

自動車の排出や原子力などの放射線などそれに当てはまる
企業は社会的被害を発生させている為、原則として補償と
いう形で被害額を支払う形になりますが、結局はその責任は
消費者が背負う事になるだろうという責任の帰着が
消費者になるだろうと銘打っている言葉でもあります。

通常、企業というのは公害等の計算を入れずに生産やコストを
決めるのが初めの段階だと思います。
しかし、法律や社会的批判により、補償金を支払い、
初めて公害補償をコストに入れて経営するようになります。

つまり、企業が補償金を支払うためには、結局のところ経営で
利益を稼ぐしかないという部分にたどり着きます。

故に突発的な法の改正や災害における事故によって対策を
練る事になれば、該当企業は自社製品の値を上げる方法しかない
形になり、増額分の支払いをする消費者が結局のところ、
被害の補償金を支払う代行人になる形になります。

もちろん値段の急激な変化に伴い、企業のある程度の負担を
負う事になります。この企業と消費者の負担の割合については、
その商品の価格弾力性、つまり商品の社会的評価に代わります。

電気のように社会的に必要なモノであれば、消費者は値を上げても
払わず得ないとなれば、価格弾力性が高い事になり、
そうでなれければ弾力性は低い事になります。

つまり、この責任の分担についてはその企業の扱う
商品の社会的評価によって決定されるのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

依存心を克服する方法

日本人って何かを習得しようとする際に、すぐに習い事やスクールに通ったり、 高額な通信教育セットの購入をしたりと、何にでも依存心が強い方が多いですよね。 例えば子供の成績を上げるためには、塾に通うか家庭 …

no image

東日本大震災。被災地の現実。

2013年になれば、東日本大震災から2年の月日が流れた事になります。 被災者のための復興財源が、震災被害とは全く関係ないところで 何億円も利用されていたり、被災者ではない人たちが平気な顔で 復興財源か …

no image

通信販売はクーリングオフができません

クーリングオフ制度があることは周知されていますが、その内容を 熟知している人はそれほど多くはありません。 クーリングオフというのは、いったん購入や契約をした後でも、 一定の条件を満たせば、消費者から一 …

no image

トラブルと戦うなら愛のある内に記録を残そう

「愛している人を疑ったりできない。」 確かに人間とはそのようにできている生き物です。 だから恋人や夫、妻に愛情がある時には、相手を信じ切って、 なにか気になることがあっても、そんな時もあると 何もせず …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

アーカイブ