社会

PPPという公害における責任費用について

投稿日:

shiryouS
PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、
企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う
「汚染者支払いの原則」をさします。

自動車の排出や原子力などの放射線などそれに当てはまる
企業は社会的被害を発生させている為、原則として補償と
いう形で被害額を支払う形になりますが、結局はその責任は
消費者が背負う事になるだろうという責任の帰着が
消費者になるだろうと銘打っている言葉でもあります。

通常、企業というのは公害等の計算を入れずに生産やコストを
決めるのが初めの段階だと思います。
しかし、法律や社会的批判により、補償金を支払い、
初めて公害補償をコストに入れて経営するようになります。

つまり、企業が補償金を支払うためには、結局のところ経営で
利益を稼ぐしかないという部分にたどり着きます。

故に突発的な法の改正や災害における事故によって対策を
練る事になれば、該当企業は自社製品の値を上げる方法しかない
形になり、増額分の支払いをする消費者が結局のところ、
被害の補償金を支払う代行人になる形になります。

もちろん値段の急激な変化に伴い、企業のある程度の負担を
負う事になります。この企業と消費者の負担の割合については、
その商品の価格弾力性、つまり商品の社会的評価に代わります。

電気のように社会的に必要なモノであれば、消費者は値を上げても
払わず得ないとなれば、価格弾力性が高い事になり、
そうでなれければ弾力性は低い事になります。

つまり、この責任の分担についてはその企業の扱う
商品の社会的評価によって決定されるのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

晩婚化と出会いの場

日本の晩婚化・非婚化が顕著になっており、結婚する平均年齢は 女性が27.4歳、男性が29.3歳となっています。 10年前に比べると、実に2歳以上も結婚する年齢が遅くなっています。 日本の晩婚化が進んで …

ファミレスの24時間営業廃止で不便になる?スマホの影響

ファミレスの24時間営業を廃止するという 話は少し前からニュースになっていましたが 今唯一24時間営業をしていたロイヤルホストが 1月末で終了するそうです。 ロイヤルホストだけではなく、ガストやジョナ …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

社長になりませんか?は怪しい

社長になりませんか?とうたっている 求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で 見たことはありませんか? 自分も社長になれる!ということで 興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか …

育児休暇で昇給が消えるのはどうなのか?

育休を取ったら昇給が消えたと いう話が裁判になっているということで 話題になっています。 大学教員の話になりますが 育児休暇を取得して、年をまたがったら 2年分の昇給が遅れることになったと いう話です …

アーカイブ