社会

「夢をあきらめた」時期は平均で24歳 早すぎる夢の終わり

投稿日:

shiryouS
夢をあきらめた時期は平均で24歳という記事が
出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<参照>
「夢をあきらめた」時期は平均で24歳、約半数が才能の限界を感じたから
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130112-00000306-dime-bus_all

■夢を諦めるのは平均24歳から、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数。

夢を持っていたことはあるが、現在は夢が無いと答えた人の約78%は、夢が叶ったからではなく、諦めたからと回答。さらに夢を諦めた時期は平均24歳で、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数、「金銭的問題を感じたから」が約2割といった結果に。その他の回答では、家族を説得出来なかったなどの、環境的に諦めざるをえなかったという回答があった。夢を持って社会人になり、社会の荒波にもまれることで夢を諦めてしまう人が多いのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢といってもいろいろあるので、スポーツ選手なるとか、
歌手になるとか、そういった夢であれば確かにこれくらい(もっと前?)には
限界を感じるということがあるかもしれません。

ただ、夢といってもさまざまな夢があって、24歳以降で
あってもかなえられるような夢はたくさんあるはず。

何かこの数字だけを見てしまうと大人になること=夢を諦めることと
いうように見えてしまい悲しくなってしまいます。

日本はあまりあとになってから夢を追いかけることが
できるような環境にはなっていないというのもあるかも
しれません。

大半が普通の会社員になって仕事に追われて終わってしまったり、
会社員にすら慣れない人達が生活に苦労し、とても夢どころでは
無くなってしまうような・・。

本来の自分の夢は何歳になっても実現できなければと思いますし
夢が破れてしまってもまた新たな夢を見ることができるはず。

いつでも夢をもった生活を送っていきたいと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

高学歴の人は冒険しない

組織に高学歴が多くなるとダメになっていくと いうようなことが語られています。 だんだんと企業が成長していくと社員に 高学歴の人が増えてきます。 そうすると本来は優秀な人達ばかりが 集まっていくのでより …

no image

来年受験する人に向けて

今の中学生や高校生は受験に向けてラストスパートを かけていると思います。 そこで勉強しているうちに「もっと勉強しておけばよかった」と 思う人もいるはずです。 そこで来年受験をする中高生やそのお父さんお …

no image

保障と補償と保証

生命保険や自動車保険の説明文の中に出てくる言葉で、紛らわしいものに、 「保障」と「補償」と「保証」があります。 例えば、「保障期間」、「補償期間」、「保証期間」と書かれていた場合、 何を「ホショウ」す …

no image

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、 ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。 この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を 背負う事が結 …

アーカイブ