社会

「夢をあきらめた」時期は平均で24歳 早すぎる夢の終わり

投稿日:

shiryouS
夢をあきらめた時期は平均で24歳という記事が
出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<参照>
「夢をあきらめた」時期は平均で24歳、約半数が才能の限界を感じたから
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130112-00000306-dime-bus_all

■夢を諦めるのは平均24歳から、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数。

夢を持っていたことはあるが、現在は夢が無いと答えた人の約78%は、夢が叶ったからではなく、諦めたからと回答。さらに夢を諦めた時期は平均24歳で、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数、「金銭的問題を感じたから」が約2割といった結果に。その他の回答では、家族を説得出来なかったなどの、環境的に諦めざるをえなかったという回答があった。夢を持って社会人になり、社会の荒波にもまれることで夢を諦めてしまう人が多いのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢といってもいろいろあるので、スポーツ選手なるとか、
歌手になるとか、そういった夢であれば確かにこれくらい(もっと前?)には
限界を感じるということがあるかもしれません。

ただ、夢といってもさまざまな夢があって、24歳以降で
あってもかなえられるような夢はたくさんあるはず。

何かこの数字だけを見てしまうと大人になること=夢を諦めることと
いうように見えてしまい悲しくなってしまいます。

日本はあまりあとになってから夢を追いかけることが
できるような環境にはなっていないというのもあるかも
しれません。

大半が普通の会社員になって仕事に追われて終わってしまったり、
会社員にすら慣れない人達が生活に苦労し、とても夢どころでは
無くなってしまうような・・。

本来の自分の夢は何歳になっても実現できなければと思いますし
夢が破れてしまってもまた新たな夢を見ることができるはず。

いつでも夢をもった生活を送っていきたいと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

敷金は返還してもらうべきです

多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを 引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。 畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、 大家さんから張り …

ADはゴキブリ以下というテレビ業界 法的問題はないの?

ADはゴキブリ以下とテレビ業界では 言われているという内容がニュースで 出ていました。 残業が月170時間で まともに休憩時間も取れないということ。 内容を見ると相変わらずのパワハラに ひどい女性差別 …

no image

老齢厚生年金の保険料

老齢厚生年金の保険料はいくらくらいの支払いになるのでしょうか。 老齢厚生年金の保険料は、毎月の自分の給与と賞与それぞれに、 定められた共通の保険料率をかけて算出するものになります。 毎月の給与は、一定 …

no image

カリスマラーメン店でも潰れる

とんこつブーム立役者としてあった「なんでんかんでん」の 本店が閉店ということがニュースになっていました。 結構ラーメン屋が閉店する時代になってきましたね。 他にもおおいしいと思っていて、人も並ぶまでは …

no image

ネットショッピングでのクレジットカード決済増加

ネットショッピングの増加に伴い、クレジットカードでの決済も増加し、 それまでのネットショッピングにおけるクレジットカードでの決済に対する 抵抗感が少しずつ薄れてきている、という記事がありました。 ある …

アーカイブ