社会

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

投稿日:

shiryouS
企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、
ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。

この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を
背負う事が結果として効果的な方法になると考えられています。

家電リサイクル法の発足時、多くの家電メーカーはゴミに対する
問題を解決する為、公害が発生しない製品開発の費用や人員を割り当てました。

自動車リサイクル法が設立された際は、多くの自動車メーカーは解体業者、
素材メーカー、中古車販売店、ディーラーなど川上から川下までの
ネットワークの再構築を行いました。

つまり環境問題に対応するためには、仕組みを変える必要があり、
人員や研究費などのコストがかかる問題が起こるのです。

またこのゴミ問題は世界的な取り組みであるにもかかわらず、排出への改善が専門的、
企業内で行われていることから、責任や義務感が市民に感じない問題もあります。

故に企業内だけの取り組みのみでは、ゴミの排出について止める事は出来ても、
効率性を追及姿勢にはならず、効率性を上げる為には、消費者の協力、
つまり企業への評価がより重要になってきます。

日本の法律においては、産業廃棄物は企業のみの責任となっていますが、
排出されるゴミは利用者である我々の行動によって大きく変化する為、
消費者も協力する必要性があります。

故にこのような実情から、ガレキの受け入れを拒否する、ゴミに対する
責任への追及を優先するよりも、良い仕組みづくりを行うために
消費者は見守る、もしくは促進させる姿勢を取るべきでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

2013年の為替相場と株価について

2012年も残り僅かとなった頃、日本では自民党と公明党の 連立政権が誕生して、低迷する日本経済の立て直しを声高に 叫んでいます。 それは非常に頼もしく感じる一方で、 「所詮は掛け声だけに終わるのではな …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

40歳以上のひきこもりが増加している問題

ダイヤモンドの記事で 40歳以上のひきこもりが増加していて 親子共倒れの危機というような話が 出ていました。 岩手県の町で調査をしたというところで 実は働いていない40代の子供が 結構見つかったという …

no image

100円ショップで買って失敗したもの

100円ショップは今や流行っているという時期を 通り越して完全普及、成熟期に入ったといえると 思います。 消費者も最初は100円で買うことができるという 新鮮さでなんでも飛びついていましたが、最近は …

no image

SNSで気をつけるべき事を芸能人記事から学ぶ

芸能人がTwitterなどで同じ事をしても炎上する人としない人がいます。 炎上したドランクドラゴンの鈴木さんは顔のせいで炎上しましたなど、 冗談を言っていますが、どんな基準なのか考えてみました。 ドラ …

アーカイブ