社会

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

投稿日:

shiryouS
企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、
ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。

この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を
背負う事が結果として効果的な方法になると考えられています。

家電リサイクル法の発足時、多くの家電メーカーはゴミに対する
問題を解決する為、公害が発生しない製品開発の費用や人員を割り当てました。

自動車リサイクル法が設立された際は、多くの自動車メーカーは解体業者、
素材メーカー、中古車販売店、ディーラーなど川上から川下までの
ネットワークの再構築を行いました。

つまり環境問題に対応するためには、仕組みを変える必要があり、
人員や研究費などのコストがかかる問題が起こるのです。

またこのゴミ問題は世界的な取り組みであるにもかかわらず、排出への改善が専門的、
企業内で行われていることから、責任や義務感が市民に感じない問題もあります。

故に企業内だけの取り組みのみでは、ゴミの排出について止める事は出来ても、
効率性を追及姿勢にはならず、効率性を上げる為には、消費者の協力、
つまり企業への評価がより重要になってきます。

日本の法律においては、産業廃棄物は企業のみの責任となっていますが、
排出されるゴミは利用者である我々の行動によって大きく変化する為、
消費者も協力する必要性があります。

故にこのような実情から、ガレキの受け入れを拒否する、ゴミに対する
責任への追及を優先するよりも、良い仕組みづくりを行うために
消費者は見守る、もしくは促進させる姿勢を取るべきでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ゴミの最終処分場に関する問題

近年おけるゴミ問題には、ゴミ費用の増大、削減しにくい現状、 そして不法投棄などがあり、ゴミの処分において深刻な問題を抱えています。 この為、ゴミの処分に対し必要とされるのがゴミの最終処分所だと思います …

no image

老齢厚生年金保険料の具体的計算

老齢厚生年金の保険料は、標準報酬月額×保険料で算出されますが、 実際どれくらいの保険料になるのでしょうか。 計算方法を説明します。 厚生年金保険の保険料率は、平成23年9月分から、 0.354%に引き …

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

学歴も格差社会となってきている 子どものためには大卒!?

学歴で分断される日本のリアルと いうような記事が出絵いました。 学歴の格差があるという話ですが 以前から●●大の出身かどうかで 就職や出世に響くというような話は ごく当たり前に起こっていますが、 実態 …

no image

小学生はうなぎが嫌い

小学生の嫌いな料理ランキングが 1位 レバー料理 2位 うなぎ 3位 サラダ 4位 つけもの 5位 焼き魚 となっているとの発表がありました。 かなり意外な感じがしないでしょうか? レバーは好き嫌いが …

アーカイブ