社会

延命治療を拒否するためには

投稿日:

komatta_shainS
先日、欧州の某国での安楽死のニュースがありました。

安楽死や尊厳死。
言葉では区別がされるのか医学ではどうなのか
素人ではよくわからない事柄で、
出来る限り「たのしく暮らしたい」「ラクに死にたい」
というのは人間の常なのでしょう。
個人的には無理な延命治療は避けたい、といったところです。
そもそも延命治療とは?と語句を調べてみると

「一般に、回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の
患者への生命維持のための医療行為をいう。
人工呼吸器の装着、心臓マッサージや昇圧剤投与による
心肺機能の維持、水分や栄養の点滴などがある。
ただ、「終末期」の明確な定義はなく
「いつまでが救命で、いつからが延命か」という線引きは難しい。」
(2006-04-22 朝日新聞より)

心臓マッサージやAEDを使うというのは
実は結構普通のことであるような気がします。
栄養がとれない患者に対して水分や栄養の点滴をすること。
それも、入院患者さんを病院で診ればとても自然なことに見えます。

もしかしたら、生命を維持できる
まだ生きられる、脳死のこともそうですが。
そもそも「命」は大事に使うとどこまでも持ちそうです。
これから高度医療を選択することで、どこまでも治療が続く
苦悩が続く、ということをじっと自分で考えてみると
できれば、長患いはしたくない、そう思うわけで。

救急で運ばれたとき、本人が救急車を呼んだときには
治療の意思が本人にある、ということになるので。
治療は開始されるでしょう、治療が開始されたということは
そこから「治療をとめる」ということは実際、医療側には
無理なことになるはずです。

ここの線引きがさきほどの「いつまでが救命でいつから延命」に
なるのでしょうが、あまりにもあいまいです。

ただ、本人に明確な「延命治療の拒否」の意思があり
それを文書で提示することができれば、延命治療を拒否することが
可能となります。

その場合は法的に決まった書式があるわけではないので
公正証書として作成するか、もしくは、ネットで検索すると
文例がでてくるものをプリントアウト、記名押印して
免許証や身分証明書とともに肌身離さず?持参していることが
必要となります。

臓器の提供する・しない、とともに
免許証にも尊厳死や延命治療の是非を記入できる
欄ができるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

コンビナートの老朽化における問題と対策

高度経済成長期に作られた建物は現在、老朽化の問題に直面しています。 その建物の一つに石油などを扱うコンビナートも含まれています。 コンビナートは危険物を扱うため、安全管理が徹底している対象ではあります …

no image

GPSを利用しているカーナビ

最近の刑事ドラマは、GPSを使って犯人の逃走経路を追跡したり、 人質の居場所を探しあてたりというシーンがよく出てきます。 GPSとは、グローバル・ポジショニング・システム(全地球測位システム)のことで …

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

no image

学生時代のアルバイト経験は大切

私は51歳になりますが、今から30年以上前に いろいろな職業のアルバイトをしていました。 貧乏学生だったので生活費をアルバイトでまかなっていました。 当時は世の中の仕組みも全く分からない学生でしたが、 …

no image

高学歴ワーキングプア問題 もっと就職を考慮するべきでは?

高学歴ワーキングプア問題は昔からありましたが 最近その状況がさらに加速しているようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高学歴プア 東大院卒就職率56%、京大院卒はゴミ収集バイト …

アーカイブ