社会

延命治療を拒否するためには

投稿日:

komatta_shainS
先日、欧州の某国での安楽死のニュースがありました。

安楽死や尊厳死。
言葉では区別がされるのか医学ではどうなのか
素人ではよくわからない事柄で、
出来る限り「たのしく暮らしたい」「ラクに死にたい」
というのは人間の常なのでしょう。
個人的には無理な延命治療は避けたい、といったところです。
そもそも延命治療とは?と語句を調べてみると

「一般に、回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の
患者への生命維持のための医療行為をいう。
人工呼吸器の装着、心臓マッサージや昇圧剤投与による
心肺機能の維持、水分や栄養の点滴などがある。
ただ、「終末期」の明確な定義はなく
「いつまでが救命で、いつからが延命か」という線引きは難しい。」
(2006-04-22 朝日新聞より)

心臓マッサージやAEDを使うというのは
実は結構普通のことであるような気がします。
栄養がとれない患者に対して水分や栄養の点滴をすること。
それも、入院患者さんを病院で診ればとても自然なことに見えます。

もしかしたら、生命を維持できる
まだ生きられる、脳死のこともそうですが。
そもそも「命」は大事に使うとどこまでも持ちそうです。
これから高度医療を選択することで、どこまでも治療が続く
苦悩が続く、ということをじっと自分で考えてみると
できれば、長患いはしたくない、そう思うわけで。

救急で運ばれたとき、本人が救急車を呼んだときには
治療の意思が本人にある、ということになるので。
治療は開始されるでしょう、治療が開始されたということは
そこから「治療をとめる」ということは実際、医療側には
無理なことになるはずです。

ここの線引きがさきほどの「いつまでが救命でいつから延命」に
なるのでしょうが、あまりにもあいまいです。

ただ、本人に明確な「延命治療の拒否」の意思があり
それを文書で提示することができれば、延命治療を拒否することが
可能となります。

その場合は法的に決まった書式があるわけではないので
公正証書として作成するか、もしくは、ネットで検索すると
文例がでてくるものをプリントアウト、記名押印して
免許証や身分証明書とともに肌身離さず?持参していることが
必要となります。

臓器の提供する・しない、とともに
免許証にも尊厳死や延命治療の是非を記入できる
欄ができるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ノンアルコール飲料の急増と社会

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は ますます大きくなってきているように 思います。 ノンアルコール飲み会なんてものも 現在は開かれているとニュースでも出ています。 出費が抑えられますしよいとの話が出 …

no image

体験者の声も疑いを持つこと

最近、動画セミナーを見る機会が増えてきました。 以前はインターネット上で成立する商売の場合、縦長の ランディングページ、キラーページと呼ばれるような サイトで表現して完了というパターンの売り込みが 多 …

no image

ショートメールを使わなくなった日本人

中国からするとショートメールを使わない日本人の 携帯は不便ではないか?というような声が出ているそうです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【中国BBS】日本人は携帯電話のショートメール使わないの? …

no image

身元保証人の責任範囲

「借金の連帯保証人には絶対になるな」という言葉がすでに 常識となっているため、連帯保証人をお願いする人も受ける人も ほとんどいなくなっています。 ただ、身元保証人になる人はまだいるようです。 身元保証 …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

アーカイブ