社会

延命治療を拒否するためには

投稿日:

komatta_shainS
先日、欧州の某国での安楽死のニュースがありました。

安楽死や尊厳死。
言葉では区別がされるのか医学ではどうなのか
素人ではよくわからない事柄で、
出来る限り「たのしく暮らしたい」「ラクに死にたい」
というのは人間の常なのでしょう。
個人的には無理な延命治療は避けたい、といったところです。
そもそも延命治療とは?と語句を調べてみると

「一般に、回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の
患者への生命維持のための医療行為をいう。
人工呼吸器の装着、心臓マッサージや昇圧剤投与による
心肺機能の維持、水分や栄養の点滴などがある。
ただ、「終末期」の明確な定義はなく
「いつまでが救命で、いつからが延命か」という線引きは難しい。」
(2006-04-22 朝日新聞より)

心臓マッサージやAEDを使うというのは
実は結構普通のことであるような気がします。
栄養がとれない患者に対して水分や栄養の点滴をすること。
それも、入院患者さんを病院で診ればとても自然なことに見えます。

もしかしたら、生命を維持できる
まだ生きられる、脳死のこともそうですが。
そもそも「命」は大事に使うとどこまでも持ちそうです。
これから高度医療を選択することで、どこまでも治療が続く
苦悩が続く、ということをじっと自分で考えてみると
できれば、長患いはしたくない、そう思うわけで。

救急で運ばれたとき、本人が救急車を呼んだときには
治療の意思が本人にある、ということになるので。
治療は開始されるでしょう、治療が開始されたということは
そこから「治療をとめる」ということは実際、医療側には
無理なことになるはずです。

ここの線引きがさきほどの「いつまでが救命でいつから延命」に
なるのでしょうが、あまりにもあいまいです。

ただ、本人に明確な「延命治療の拒否」の意思があり
それを文書で提示することができれば、延命治療を拒否することが
可能となります。

その場合は法的に決まった書式があるわけではないので
公正証書として作成するか、もしくは、ネットで検索すると
文例がでてくるものをプリントアウト、記名押印して
免許証や身分証明書とともに肌身離さず?持参していることが
必要となります。

臓器の提供する・しない、とともに
免許証にも尊厳死や延命治療の是非を記入できる
欄ができるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

no image

facebookには食べ物を載せてはいけない

facebookの食べ物問題で炎上した話が あります。 あちこちで騒がれていたのが目につきました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 突然ですが、なにも考えずにFacebookで食べ物の投 …

no image

将来の介護はロボットにお任せ

有料老人ホームを運営する会社の調査で、40代以上の男女に 調査したところ8割の人が自分の介護をロボットにやってもらうことに 抵抗がないという回答をしたそうです。 調査結果の中にはロボットによる介護を肯 …

no image

イギリスの高校教育について

イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、 自己管理にゆだねられた教育といえます。 通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、 そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になってい …

no image

公共事業で経済は潤うのか

衆院選が近く、各政党がさまざまな経済政策を披露していますが、 「国土強靱化計画」を標榜して公共事業に力を入れる政党もあります。 震災復興のための堤防整備や先日のトンネル崩落事故もあり、災害対策の 意味 …

アーカイブ