社会

延命治療を拒否するためには

投稿日:

komatta_shainS
先日、欧州の某国での安楽死のニュースがありました。

安楽死や尊厳死。
言葉では区別がされるのか医学ではどうなのか
素人ではよくわからない事柄で、
出来る限り「たのしく暮らしたい」「ラクに死にたい」
というのは人間の常なのでしょう。
個人的には無理な延命治療は避けたい、といったところです。
そもそも延命治療とは?と語句を調べてみると

「一般に、回復の見込みがなく、死期が迫っている終末期の
患者への生命維持のための医療行為をいう。
人工呼吸器の装着、心臓マッサージや昇圧剤投与による
心肺機能の維持、水分や栄養の点滴などがある。
ただ、「終末期」の明確な定義はなく
「いつまでが救命で、いつからが延命か」という線引きは難しい。」
(2006-04-22 朝日新聞より)

心臓マッサージやAEDを使うというのは
実は結構普通のことであるような気がします。
栄養がとれない患者に対して水分や栄養の点滴をすること。
それも、入院患者さんを病院で診ればとても自然なことに見えます。

もしかしたら、生命を維持できる
まだ生きられる、脳死のこともそうですが。
そもそも「命」は大事に使うとどこまでも持ちそうです。
これから高度医療を選択することで、どこまでも治療が続く
苦悩が続く、ということをじっと自分で考えてみると
できれば、長患いはしたくない、そう思うわけで。

救急で運ばれたとき、本人が救急車を呼んだときには
治療の意思が本人にある、ということになるので。
治療は開始されるでしょう、治療が開始されたということは
そこから「治療をとめる」ということは実際、医療側には
無理なことになるはずです。

ここの線引きがさきほどの「いつまでが救命でいつから延命」に
なるのでしょうが、あまりにもあいまいです。

ただ、本人に明確な「延命治療の拒否」の意思があり
それを文書で提示することができれば、延命治療を拒否することが
可能となります。

その場合は法的に決まった書式があるわけではないので
公正証書として作成するか、もしくは、ネットで検索すると
文例がでてくるものをプリントアウト、記名押印して
免許証や身分証明書とともに肌身離さず?持参していることが
必要となります。

臓器の提供する・しない、とともに
免許証にも尊厳死や延命治療の是非を記入できる
欄ができるといいですね。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

マスコミの小沢叩きは実に醜い

大手マスコミの小沢一郎議員叩きは酷すぎます。 おそらく、日本の実質的支配層が指示しているんでしょうが、 よくもまあこれだけ足並みそろえたものです。 最近も、日本未来の党が分裂したことについて、毎日新聞 …

no image

今年の貯蓄

今年の貯蓄は何をされましたか? 毎年夏と冬と貯蓄をしようと思っていますが、今年は定期貯金の金利が低すぎて、 定期貯金以外の商品を考えることにしました。 定期貯金は郵便局の定額貯金も含めて安全性が高く、 …

no image

再チャレンジができる世の中に

橋下徹・日本維新の会代表代行の演説で以下のような ものがあったとされています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 公共工事を増やしたところで日本の製品、商品は売れない。不景気 …

no image

2013年 生命保険の保険料の値上げ

2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる 可能性が高まっています。その原因となるのが、 金融庁による「標準利率の引き下げ」です。 生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を …

配達は不在のとき玄関の外に置きっぱなしでもいいと思いませんか?

ヤマト運輸が荷受けを抑制するという 検討をしているそうです。 確かに現時点ですでにキャパオーバー 状態にありますからね。 人手不足で業界が大変という話は 何度も聴くようになっています。 そこまで安く受 …

アーカイブ