雑記

牡蠣の食べ放題

投稿日:

yorokobiS
最近牡蠣の特集が雑誌などでよく組まれています。

そんな私も牡蠣が好きです。
毎年、冬になると牡蠣を食べる機会が増えると思います。
しかし私は定食屋さんんなどではなく、オイスターバーや
牡蠣の産地で食べる牡蠣がすきです。

オイスターバーは都心に多く、仕事帰りなどに手軽に食べにいけるのが
魅力です。きれいな店内で落ち着いて食べることができ、よい雰囲気の中で
食べられることでしょう。

お酒などを飲みながら食べられたらいいですよね。
しかしながら、食べ放題となると結構な値段がしてしまいます。
牡蠣食べ放題にお酒飲み放題とくれば、結構かかりますよね。
しかし職場の近くとなれば、交通費はいりません。

一方、牡蠣の産地で食べられる牡蠣は都心では考えられないほど
安く食べることができます。
牡蠣の食べ放題に加えて、ご飯やみそ汁までもおかわり
できたりします。

海の見える自然の中で食べることができ、また取れ立てなので
新鮮なうちに食べることができるのでとてもおいしく頂けます。

またバーベキュー形式のところもあるので、わいわいしながら
食べれるかもしれません。

しかし、ほとんど外ですので、きれいな状態で食べれるわけでは
ないかもしれません。また遠方になってしまうケースもあり、
行くのが大変だったり、交通費がかかってしまうこともあると思います。

しかしながらどちらもメリットやデメリットがありますが、
それぞれの魅力があります。
どちらもとてもおいしいですし、楽しく頂けます。
この冬も存分に牡蠣を味わいたいと思っています。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリスマスケーキは冬至の風習

クリスマスの時に クリスマスケーキをは食べますが これは何の言われから来ているのだろうかと 考えた事はありますか。 クリスマスとケーキはいつもセットだったから 考えた事もないというのが、大半の方の意見 …

no image

いつからその科目を教えるべきなのか?

小学校の算数を6年生から教えると2年間で 6歳から始める8年分の算数の量を終わらせることが できる、という話のブログを見つけました。 http://readingmonkey.blog45.fc2.c …

no image

子規、漱石、百閒~小鳥好きな文豪たち

正岡子規と夏目漱石は学校の同窓で、同い年の親友。 内田百閒は漱石の弟子です。 ただし、子規は三十五歳で亡くなっており、漱石が「吾輩は猫である」で 作家デビューしたのはその三年後ですから、百閒と子規は一 …

no image

オール電化の代表「エコキュート」のメリット

原発事故以来、電力問題が大きな論争になっているため、オール電化住宅のCMが 流れなくなっています。ただ、安全性や省エネ性から言うと、 メリットが大きいことは事実です。 ちなみに、オール電化住宅の代表と …

no image

エレクトーンの移り変わり

世の中にはさまざまな楽器が存在します。 幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や 「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。 先生が弾く「オルガン」もあり、最初 …

アーカイブ