健康

深い眠りにつく方法

投稿日:

009640
睡眠には浅い眠りと深い眠りの2種類がり、
浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠と
いいます。

レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ交互に繰り返し
1セット90分となっています。
この90分の周期が朝まで繰り返されていきます。

ですが、頭がさえた状態で眠るとレム睡眠が多くなって
しまい、脳が休まりません。夢を見ているときや
ひどいいびきをかいているときはレム睡眠状態といえます。

レム睡眠が長くなってしまったり、睡眠不足が長く
続くと、自律神経の働きが崩れてしまい、血圧が上昇します。
それがひどくなると高血圧症や心臓疾患を招く恐れも
あるのです。

深い眠りを誘うために

ノンレム睡眠の状態は脳が休眠することができ、
脈拍や血圧も安定します。このときは夢も見ません。
ホルモンが正常に分泌され、からだのめんえきりょくを
高めるということも確認されています。

リラックスするためには、ノンレム睡眠の時間を増やすように
していく必要があります。
ノンレム睡眠を増やすために以下のような
ポイントがあります。

・室温、湿度を快適な状態にする

・できるだけ決まった時間に終身、起床する

・できるだけ暗い状態で、明かりはわずかなものにする

・自然の音や好きな音楽をわずかな音量でかける

・まくらは低めで、適度な堅さのものを選ぶ

・覚醒作用があるのでお酒の飲みすぎには注意する

このようなことを行いリラックス効果を高めて
いきましょう。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

副作用も引き起こす薬との向き合い方

病気になった時や体調がすぐれない時に行く所と言えば病院です。 病院では医師の診察を受けた上で薬を処方されるわけですが、この薬の 種類や量が適正でないと思わぬ副作用に苦しむことになります。 もちろん、一 …

no image

自分の肥満度を測るには

自分が肥満であるかどうかを測る方法として、CTスキャンや 超音波検査といったようなものがあります。ただし、いずれも 病院での検査となるため、手間がかかってしまうものになります。 そこで、簡易的なものと …

no image

足の疲れをとるマッサージ

日本人が一日で歩く平均の歩数を統計した調査によると男性では7千歩近く、 女性では6千歩近く歩いていることがわかっています。 毎日の生活で知らず知らずに酷使している足ですが、 疲れがたまってきてこったり …

no image

夜寝る前の部屋と体(喉)の乾燥対策

部屋の乾燥対策は、エコを考えると 暖房にエアコンを使ったり 加湿器を使うことは、あまり考えたくないのです。 布団をまず、布団乾燥機で温めておきます。 ない人は、掛け布団をめくっておくことが大切です。 …

no image

顔の乾燥原因

冬場に限らず、夏場も顔が乾燥して悩んでいる方は 結構多いと思いますが、そもそも顔が乾燥する原因は何なのでしょうか。 乾燥の原因としてよく取り上げられるのが間違ったスキンケアです。 肌に合わない洗顔フォ …

アーカイブ