社会

IPS細胞を想像した教授の言う今後の日本の姿勢

投稿日:

shiryouS
昨年、IPS細胞においてノーベル賞を受賞した山中教授は
今後IPS細胞の実用化に向け力を入れていくことを表明しています。

しかし、IPS細胞を実用化する上で今、日本の科学者に対する
姿勢の問題が浮き彫りになりました。

通常、日本は島国である為、資源による量ではなく、質によって
勝負しなければならない立場になっています。
その為にも技術的な開発をより一層力を入れていくべきなのですが、
日本に現在敷かれている科学者への優遇はあまり良くなり形になっています。

山中教授によれば、実際にはIPS細胞の論文は書きたくなかったと
言っています。理由は論文を書かば、世界各国にその良さを
伝える事となり、ライバルが増え、自分の成果にならない可能性が
出てくるからです。

しかし、日本では論文の内容によって研究予算が決まる為、
良い研究結果を出す為にも世の中に伝える姿勢を出さなければ
ならない形になっています。
故に良いモノを作れば作るほど、ライバルが力を入れ、
結果自分の成果へとつながらない可能性が高くなる悪循環を
日本は抱えているのです。

山中教授はこの良い論文を発表し、事業としての成果を海外企業に
取られない為にも良い技術を実用化までに持っていき、
規制当局と早期から交渉することが出来る知財の専門家を
大学が抱えられるようにするべきだと言っています。

これを実現するためにも、日本の大学にプロのサポートスタッフを
雇用する枠組みを作り、企業の待遇と対抗する事が出来る待遇を
作る事を目指していくべきだと指摘しています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

子供の防犯サービスについて

東急沿線のみでの展開になるかもしれませんが、東急セキュリティとPASMOが 提携して、子供が東急線の改札口を通った時に、自動的に通ったことを 知らせるメールが保護者に届くサービスがあります。 子供が何 …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

仕事に学歴は関係ないという林修氏の発言は本当?

林修の仕事原論 [ 林修 ] 人気講師、タレントの林修氏が 仕事に学歴は関係ないと発言したことが 話題となっていますね。 学歴の高い低いに関係なく仕事が 出来る人はいますし、できない人はできないと い …

no image

老齢年金の基礎年金の免除

老齢厚生年金の被保険者の資格については ・適用事業所である民間企業の一般社員、それ相応の勤務をしている人 ・25年間保険料を支払っている人になるということ この2点になります。 日本の公的年金では、2 …

no image

山間部での除雪方法

私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。 県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の 雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。 「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪 …

アーカイブ