雑記

オタク文化と宗教戦争

投稿日:

akushuS
最近、というかここ10年程で、だいぶアニメ、漫画、
コスプレなどの認知がひろまったように感じます。

よくいわれるのが「電車男」という映画,ドラマからだといわれています。
きっとあれがきっかけでオタクという人種がこういう人種なんだ、と認知されてから
世間の風当たりもやさしくなり、カミングアウトしやすい風潮になったり、また
ちょっとかわってる自分、そういう文化にも理解ある自分かっこいいと考え、アニメ好きをアピールする人種もいます。

この両人は派閥があって、お互いが「キモオタ」(きもちわるいオタク)
「ニワカ」(にわかの知識)などと呼び合い仲良くなることはまずありません。

この図式、なにかに似ていると思いませんか?

それは宗教戦争です。

世界の宗教の神様のほとんどは同一人物だと言われています。
また、おなじ宗教でも少し教えの解釈が違うだけでお互いに
殺し合いまでしてしまうのです。

オタク文化も、たとえば濃密な知識を持ってよしとする派は、
どれだけコアな知識をもってるか、どれだけ自分がそのキャラクターや
作品を愛しているかということに価値を見出すでしょう。
普段はふつうの生活をしているけれど、話題作り程度に漫画などを読む
派の人たちにとっては友達を作る手段や、宴会での隠し芸のひとつかもしれません。

だからそもそも愛の形が違うのであって、互いをおとしめるのは間違いなのです。
形は変われども同じ作品を「好き」という気持ちがある、ということはそれだけで嬉しい、
幸せなんだという気持ちになって欲しいものです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

住所の順番、日付の順番

欧米社会と日本社会は様々な点でちがいがあります。その中のひとつに 住所や日付の語順があります。例えば日本での住所表示は東京都港区赤坂3-1 という具合ですが、パリでは35avenue Montaign …

no image

スマートホンになって良かったこと、悪かったこと

携帯が従来のものからスマートホンになって良かったこと、 悪かったことがいろいろとあると思います。 私の場合、良かったことはインターネットに直接接続できるようになったと いうことです。従来の携帯電話から …

no image

「千両千両」、酒と詩に生きた奇人

幕末から明治にかけて生きた俳人、井上井月(せいげつ)。 あまり知られた名前ではありませんが、例えば、つげ義春の 『無能の人』の中に登場する放浪の俳人、といえば 漫画好きの人は「ああ、あの人か」と気づく …

no image

目標を100個立てること

私は毎年お正月になると目標を100個たてるようにしています。 始めたきっかけは本で読んで私もやってみようという気持ちに なったからです。 そして、新年の目標を立てるのに一番よいとされるお正月に毎年やっ …

no image

お金、物、時間の3つのエネルギーをバランス良く使いこなす事

いかにスムーズに人生を渡り歩いていかといった時に、 バランス感覚がとても重要になってきます。 それは、お金、物、時間の3つのエネルギーを操る力です。 そして、この3つのエネルギーを上手に操っていくため …

アーカイブ