社会

トラブルと戦うなら愛のある内に記録を残そう

投稿日:

kmatta2SnayamiS1
「愛している人を疑ったりできない。」

確かに人間とはそのようにできている生き物です。
だから恋人や夫、妻に愛情がある時には、相手を信じ切って、
なにか気になることがあっても、そんな時もあると
何もせずに流してしまいがちです。
それでずっと仲良くやっていけるのならば、それに越したことはありません。

でも、トラブルとはある日突然、嵐のようにやってくるものです。

恋人にいずれ結婚しようと言われて、何年も待っていたのに、
本当は結婚できないと言われたり、別の誰かと結婚したいと言われる。

結婚するものと思っていた恋人との間に子供ができたら、
結婚はできないから堕してほしいと言われる。

恋人にお金を貸したら返してもらえない。

やさしい人と思って結婚したら、夫(または妻)が
暴力を振るうようになった。

恋人や夫(または妻)が自分の行動を監視しようとするようになった。

夫(または妻)が浮気した。

などなど、自分には関係ないと思っていたトラブルは
どこからともなくやってくるのです。

初めから、何かあったら泣き寝入りする気でいるなら、
特に何もする必要はありません。
でも、何かあったら法律に守ってもらいたいと
思っているなら話は別です。

普段からコツコツと記録を残す必要があります。
なぜなら法律は往々にして、正義のある方ではなく、
証拠のある方を守るからです。
そもそもどちらに正義があるかの判断は難しく、
裁判になれば、どちらも自分にこそ正義があると
主張するに決まっています。

ですから、普段から気になること、いつもと違うことは
記録を残しておくのがベターです。

方法としては、下記のような手法が考えられます。

①恋人からの重要な内容のメールは消えないように保護して保存しておく。
②お金を貸すときは軽い感じを装って、きっちり借用書にサインをもらう。
③暴力を振るわれたり、ひどい言葉を投げつけられた時は、
 日記や手帳に、いつ、どのような状況でそれがあったかを書き残す。
④暴力が日常的になっている場合は、
 ボイスレコーダーや小型カメラなどで、客観的な証拠を残す。
⑤浮気が疑われる時は、毎日、何時に出かけて何時に帰ってきた、
 どこそこへの出張と言って出掛けたなどの記録を残す。

記憶は数日前の食事メニューも思い出せないほど曖昧なもの。
平和な時は、そこまでしなくてもと思いがちですが、
いざトラブルと戦う時には、記憶より記録が確実です。

愛のある内に記録を残しましょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

国を亡ぼすのはマスコミである

本当にこの国の大手マスコミは自分中心で欲深、付和雷同、 強きを助け弱きをくじく、最低最悪な存在です。 昨年の消費増税法を通すまで、大手新聞・テレビを中心とする マスコミ連合はどんな主張をしていたのでし …

no image

学生時代のアルバイト経験は大切

私は51歳になりますが、今から30年以上前に いろいろな職業のアルバイトをしていました。 貧乏学生だったので生活費をアルバイトでまかなっていました。 当時は世の中の仕組みも全く分からない学生でしたが、 …

no image

橋本市長は正しい 桜宮高の実態

橋本市長の桜宮高校の体罰問題で 体育科の入試を中止することにより さまざまな波乱を生んでいます。 橋下市長が小倉キャスター名指しで批判 「桜宮高の実態知らずに主張している」 http://headli …

no image

子供の絵画コンクール出品の勧め

子供をお絵描き教室に通わせようかと迷っているママたち、多いと思います。 お絵描き教室も良いと思いますが、私は、家でコンクールの絵を 描かせて出品していく事ををお勧めします。 特に、幼稚園児、低学年のお …

no image

延命治療を拒否するためには

先日、欧州の某国での安楽死のニュースがありました。 安楽死や尊厳死。 言葉では区別がされるのか医学ではどうなのか 素人ではよくわからない事柄で、 出来る限り「たのしく暮らしたい」「ラクに死にたい」 と …

アーカイブ