雑記

生姜の効果と調理方法

投稿日:

fd879d06
生姜の効果についてですが、
まずよく知られている、体を温める効果は『ショウガオール』いう
辛み成分の効果です。
食べたときに体の中がぽっと温かくなり、その熱は食後3時間ほど
続きます。特に冷え症や低体温の解消に効果があります。

『ジンゲロール』の成分も共に辛み成分がありますが、
加えて強い殺菌成分を持ち合わせています。

この効果があるため、お寿司にはガリがついており、魚の生臭さや
食中毒の予防にもなっているのです。

『ジンゲロール』は生の生姜に含まれており加熱すると
その効果は減ってしまいます。
また加熱すると『ショウガオール』の成分に変わるので、
調理方法によってはより体を温める効果が増えます。

また『ジンゲロン』という成分には辛み成分はなく、生姜独特の
香りの成分です。主に食用品の香料の原料に含まれており、
生の生姜には含まれていません。

生の生姜の効果を求める場合の生姜の調理方法にはサラダの辛み成分として
使うことが出来ます。
生姜を皮付きのままよく洗って、すりおろしたものや絞り汁を
ドレッシングに混ぜたり、千切りにしたものをミョウガやセロリなど
香りの強いものと共に味のアクセントにしたりして使います。

皮の近くがいちばん生姜の成分が詰まっており、皮を剥いてしまうのは
もったいないです。保存するときは冷蔵庫に入れずに常温保存します。
新聞紙やクッキングペーパーなどを水で濡らして生姜を包み、
密封袋の中に入れておきます。元は高知や熊本など温かい地域のものなので、
冷蔵庫など急激に冷えた場所に置いておくと、
カビが生えやすくなってしまいます。

次に温かい料理に生姜を使いたいときもおろしたものを
使うか切って使います。生姜は熱を加えると少し辛みが抜け、
食べやすくなります。すりおろしたものは豚肉の生姜焼き以外には
生姜ご飯や、スープ、リゾットやお粥、シチューやカレー、卵焼きなど
何にでも入れられます。千切りや薄切りにしたものは肉や魚介類、
野菜と一緒に炒めて使うと美味しく頂けます。

生姜は調理方法でいろいろな料理に使えますので、毎日摂っても
体には良いことだらけの食材です。

生姜パワーで健康な体作りをしましょう。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に 植物栽培を楽しんでみませんか。 季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、 命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。 小学校の低学 …

no image

有田焼の万華鏡の挑戦

有田焼は日本を代表とする焼き物ですが、平成2年のピーク時と比べ、 現在はその時の7分の1まで売り上げが減っています。 このことから有田焼や化粧品などの高級品を梱包する業者に携わっている人が、 有田焼の …

no image

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 感想

今更の時期になるかもしれませんが、 パイレーツ・オブ・カリビアンの4作目、「生命の泉」を 借りてみてみました。 他のところを見ると良い評価も多いみたいですが、 個人的にはう~ん・・・という感じがありま …

no image

IQが高いのか低いのか

IQという言葉。何かこの言葉を聞くのは 久しぶりな気がしないでもないですが、 IQが高い人リストが発表されたということで 議論が起こっていたようです。 「IQが高い人リスト」発表 スティーヴン・ホーキ …

アーカイブ