健康

ヨガで内面からの美しさを

投稿日:

yogaS
ここ数年流行っているヨガ。

一昔前までヨガといえば、「インドの変なポーズをとる物」「宗教団体の・・・」と
いうイメージがあったかもしれませんが今ではそんなマイナスなイメージは払拭され、
最近は若い女性の中にはダイエット目的だったり、はやりの健康ブームに乗って
やっている人も多いと思います。

やったことのない人にとってはヨガとは体を柔らかくして難しいポーズを取ったり、
やってみたいけど体が硬いから出来ない、という人も多いのでは?

本来のヨガとはポーズをとるだけとは違うのです。
ヨガの中には、確かに様々な難しいポーズを取ることもありますが、
ヨガとは生き方、つまりライフスタイルなんですね。

単に痩せたい、綺麗になりたい、それがきっかけでヨガの
世界に入るのはいいことだと思います。

そこから色々なポーズをやっていくに従って、体が柔らかくなるだけとは
違った事があります。
ポーズを取るにあたって大事なのが呼吸。
呼吸と動きのセットで始めてポーズの完成があるのです。
呼吸に意識するということが分かり始めると精神的にリラックスしたり、
落ち着いたり様々な効果が現れます。

ヨガをやっていると食事にも変化が訪れます。
ヨガの教えの中で不殺生があるので肉は食べなくなります。
好きなら食べても良いですが、何が本当に自分に必要なのか?
体が欲しがっている食べ物は何か?と考えが湧くようになってきます。

健康のために周りの人のアドバイスや勧めなどでマクロビオテックや
菜食主義に興味を持つ人も多いかもしれません。
玄米を主食にしてあとは野菜や味噌汁などの素食になれば素晴らしいですね。
「一日に玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ」・・・宮沢賢治の世界ですね。

玄米には食物繊維が豊富で整腸作用があるので体の中から綺麗になります。
今までの豪勢な食事では無く昔ながらのシンプルな食事で
満足できるようになることも「足るを知る」事、これもヨガの教えの一つです。

こうやって肉体的にも精神的にもいつもリラックスして身も心も
健康的になるのがヨガの最大の魅力です。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

深い眠りにつく方法

睡眠には浅い眠りと深い眠りの2種類がり、 浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠と いいます。 レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ交互に繰り返し 1セット90分となっています。 この90分の周期が朝 …

no image

肥満メカニズムではなく、太らないメカニズムを解明してほしい

肥満メカニズムを東北大が解明したということが ニュースとなっていました。 実際は凄い業績だと思いますが、単純に見れば、 飢餓に備えて栄養分を蓄えておく仕組みになっているのは 周知の事実だと思います。 …

no image

肥満にならないための対策

肥満にならないための対策としてはどのようなことが 考えられるのでしょうか。 以下のことを意識することによって肥満になることを 防ぐことができます。 1.1日3食食べること 1日2食にすると、その分のエ …

no image

乾燥肌対策とクリーム

毎年寒くなると恒例の悩みがやってきます。 乾燥肌です。 それこそ十代の頃はほとんど気にしていませんでしたが、 二十代になった今となってはクリームが味方のシーズンです。 手にはハンドクリーム。 体にはボ …

no image

昼食の時間を早めることで余分な体重が減る

ダイエットの研究で、昼食を早めに食べる人の方が 遅めに食べる人よりも体重が減りやすいということが 発表されています。 世界の雑記帳:ダイエットに新手法か、食事のタイミングが重要=研究 http://m …

アーカイブ