社会

親から住宅資金を借りる場合

投稿日:

011733
住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を
受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、
住宅の購入資金以上のお金が必要になります。

もし、ちゃんと返すつもりでいるのなら、無駄な税金を払わなくても
済むように、借金であることを証明する「借用書」を作成すべきです。

借用書には、必ず「借入日付・借入金額・利息・返済方法・返済期限」を
記載しなければなりません。
あるとき払いの催促なしでは、実質的な贈与とみなされます。

利息は、個人同士の金銭貸借における民法上の法定利息(5%)が
基準になりますが、現在は超低金利時代でもあるので、基準を
下回っても差し支えありません。
ただし、あまりに低い利息の場合は、法定利息との差額を贈与とみなされます。

返済に関しては、毎月一定の日に、一定の金額を返済しているという証拠が
必要です。
銀行振込みの場合は、ATMから出る振込書(ご利用明細)や相手側の通帳で
確認することができますが、手渡しで返済する場合には、
その都度領収書を書いてもらうことが必要です。

返済金額は、住宅ローンと合計しても、返済可能と思われる金額に
しなければなりません。
一般的な返済可能比率は年収の40%までとされており、あまりにも
返済金額が多い場合には、返済の意思がないものとみなされます。

返済期限については、借金を完済する時の親の年齢が80歳までに
終えるように設定します。
住宅ローンの借入期間が30年だからといって、親が65歳なのに30年間も
借り入れるなどということは認められません。

いずれにしても、借金である以上、住宅ローンと同じ意識でいることが肝心です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

使えない東大卒が急増しているという話は本当か?

東大卒で使えない人材が急増しているということが ニュースになっていました。 (参照) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130226-0000000 …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

no image

夫婦円満の秘訣

夫婦の仲を円満に保つためには、「ありがとう」をマメに 言うことがおすすめです。 夫婦になるとどうしても「あたりまえ」の感覚がでてきてしまい、 家事の分担も、子育てもお互い黙々とこなすようになり、 感謝 …

no image

高齢化社会における福祉の重要性

今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。 しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。 日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と なっており、それな …

no image

出会い系サイトも返金する事例が発生

騙された方が悪いと泣き寝入りすることが 定番の出会い系サイトもついて会社側が返金すると いう事例が発生したようです。 ・・・・・・・・・・・・・・・ 出会い系サイト会社が返金の意向 http://ww …

アーカイブ