社会

親から住宅資金を借りる場合

投稿日:

011733
住宅を購入する時に、住宅ローンの他に、親から資金援助を
受ける人がいます。当然、親から贈与を受ければ贈与税が掛かるので、
住宅の購入資金以上のお金が必要になります。

もし、ちゃんと返すつもりでいるのなら、無駄な税金を払わなくても
済むように、借金であることを証明する「借用書」を作成すべきです。

借用書には、必ず「借入日付・借入金額・利息・返済方法・返済期限」を
記載しなければなりません。
あるとき払いの催促なしでは、実質的な贈与とみなされます。

利息は、個人同士の金銭貸借における民法上の法定利息(5%)が
基準になりますが、現在は超低金利時代でもあるので、基準を
下回っても差し支えありません。
ただし、あまりに低い利息の場合は、法定利息との差額を贈与とみなされます。

返済に関しては、毎月一定の日に、一定の金額を返済しているという証拠が
必要です。
銀行振込みの場合は、ATMから出る振込書(ご利用明細)や相手側の通帳で
確認することができますが、手渡しで返済する場合には、
その都度領収書を書いてもらうことが必要です。

返済金額は、住宅ローンと合計しても、返済可能と思われる金額に
しなければなりません。
一般的な返済可能比率は年収の40%までとされており、あまりにも
返済金額が多い場合には、返済の意思がないものとみなされます。

返済期限については、借金を完済する時の親の年齢が80歳までに
終えるように設定します。
住宅ローンの借入期間が30年だからといって、親が65歳なのに30年間も
借り入れるなどということは認められません。

いずれにしても、借金である以上、住宅ローンと同じ意識でいることが肝心です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

最低賃金は良いのか悪いのか

最低賃金を無くすという話を橋本さんが 提案していて、今話題になっています。 これはいいのか、悪いのかということ、 凄く難しい問題です。 もちろん最低賃金が無くなると単純に 給料は下がるに決まっています …

no image

ホテリングルールから見る環境技術が生かされる方法

枯渇資源の利用方法についてある問題を抱えています。 それはどのように資源を有効活用すればいいのかという問題です。 石油や木のような資源活用を考える場合、一気に使えば資源が枯渇する 問題が起き、逆に全く …

成人式で未だに暴れる茨城県

茨城県つくば市で開かれた成人式に ついてニュース記事として出てきていますね。 式典が一時中断するような状態の 暴れた状態になったということ。 成人式では毎年こういった 若者の非常識な行動が出てきますが …

no image

盲導犬の育成と理解

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。 ・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと  いうお店がある ・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない ・訓練を受けて盲導犬にな …

no image

高学歴の人は冒険しない

組織に高学歴が多くなるとダメになっていくと いうようなことが語られています。 だんだんと企業が成長していくと社員に 高学歴の人が増えてきます。 そうすると本来は優秀な人達ばかりが 集まっていくのでより …

アーカイブ