雑記

どんな逆境にも負けない心の姿勢

投稿日:

isogeS
毎日いろいろな人と関わり合いながら生きていたら、
人生いろいろな壁にぶつかる事があるかと思います。

おそらく誰でも、「どうして自分だけがこんなひどい目に
合わないといけないのか」とか、「自分ではこんな大きな問題を
どうする事もできない」と嘆かれてしまうのではないかと思います。

そんな時に、「この難問を、いかに上手く知恵を駆使しながら
解く事ができたら、自分の問題解決能力を高められるチャンスとなる」とか、
「こんな大きな問題でも、それは自分を大きく成長させてくれる人生の
課題だから、しっかりと前向きに取り組んでいけば、きっと自分は
飛躍的に成長できるはず」という視点で考えると、どんな逆境でも
乗り越えていくエネルギーが湧いてくるかと思います。

ここで大切なのは、そう思った時に、ただ漠然と向き合うだけでは
ダメなのです。

今までの自分の殻を脱皮して、大きく飛躍していかないとその難問も
突破する事はできないので、何か新しく自分の能力開発を進めていく事が
大事なのです。

現代ではありとあらゆる自己開発の本や、心理学、資格取得のための
参考書、運命学の本等、学ぼうと思えばいくらでも学べる時代です。

大切なのは、プラスでもマイナスでもその要因の全てから
学んでいこうと思う姿勢なのです。

自分にプラスになる事だけを選んで、マイナスの事を避けるような
食わず嫌いでは何も成長できません。

実はマイナスの要因の中にこそ、何か大切な真実が
隠されている場合が多いからです。

いつ何が起きても、「面白い、やってみようじゃないか」といった
姿勢を常に忘れないで下さい。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

大相撲の「引き分け」は日本の精神文化

現在ではちょっと考えられませんが、昔は大相撲に「引き分け」がありました。 大相撲の歴史は古く、遠くさかのぼれば「日本書紀」の野見宿祢と 当麻蹴速の力比べにまで行き着きますが、これは伝説。 職業相撲は江 …

no image

歌舞伎花形役者「三之助」評

歌舞伎花形役者を将来の展望を含めながら見ていきます。 「花形」は若手の人気役者を表した言葉ですが、 ここではかつて「三之助」と呼ばれた三人に限って、取り上げたいと思います。 市川海老蔵。稀有なスケール …

no image

授業中などの眠気を覚ます方法

学生ならば授業中、社会人ならば退屈で長い会議の時間帯は どうしても眠くなるものです。 集中したいのにどうしてもふらふらっと来てしまう、 例えきっちり前の晩早く寝ていてもその症状はどうしても 現れてしま …

no image

ネオヒルズ族は一体何を売っているのだろう?

ネオヒルズ族といわれるような人々、 彼ら・彼女らは一体何を売っているのか? このまとめを見てそんなことをふと思ってしまいました。 参照 【ネオヒルズ族】与沢翼の『ネット有名人完全プロデュースパッケージ …

no image

LCCはいろんな不便があるが安い

先日始めて格安航空会社「LCC」を利用しました。 搭乗したのは関西空港ー新千歳空港です。一度もLCCに乗ったことがなくとても 興味があったので、出張の際に利用してみました。 事前に予約しておいて運賃は …

アーカイブ