社会

山間部での除雪方法

投稿日:

komatta_shainS
私は豪雪地帯である新潟県の山間部に住んでいます。

県外の方と話す機会によく話題に登るのが、豪雪地帯の
雪の話ですが、よく相手からこう言われることがあります。

「雪のあまり降らない地域に住んでいると、雪の降る地域の
除雪はもうちょっとどうにかならないのか?と思う。」

おそらく、雪の降らない地域の方で同じように感じる方は多いと思います。
しかし、豪雪地帯に住んでいる人間として言わせて頂きます。
どうにもなりません。

私が思うに、あまり雪との接点がない人たちには除雪の大変さと
いうのはなかなか伝わらないのではないのかと思います。

そこで、今回は山間部での除雪方法について、簡単にお伝えしようと思います。
まず、雪についてです。

関東圏に住んでおられるような方には、雪とはふわふわと
降ってくるものだと思われるかもしれませんが、豪雪地帯では
降ってくる雪の結晶の塊の大きさが違います。
そしてなにより量が違います。

1日で50cm以上積もることも少なくありませんが、そんなに
積もった雪は重くて簡単に動かせるものではありません。

凍った水なのですから、同じ体積の水を持ち上げてみてください。
重さがイメージできるでしょう。
次に、温度の問題があります。

よく、「水をかけて除雪すればいいのではないか?」といわれることがあります。
実際、地下水で除雪を行なっているところもありますが、絶対的に量が足りません。

用水路や川の水はありますが、凍っていないだけで0度近い水ですから、
そんなものをかけても雪は溶けません。

つまり、今現在雪国の人たちがやっているように
「地道にスコップやダンプで脇にどけたり、積み重ねたりするしかない」と
いうことになります。
暖かい地域の方にはなかなか伝わらない除雪の苦労、
わかっていただけたでしょうか?

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

金融円滑化法の問題

4年前、リーマンショックが起き、多くの企業の経営が難しくなりました。 そこで政府は平成21年、金融円滑化法という金融機関に対し、借金返済の 猶予を作る法律を作りました。 借金返済の額を先延ばしにする代 …

no image

東日本大震災。被災地の現実。

2013年になれば、東日本大震災から2年の月日が流れた事になります。 被災者のための復興財源が、震災被害とは全く関係ないところで 何億円も利用されていたり、被災者ではない人たちが平気な顔で 復興財源か …

no image

社長になりませんか?は怪しい

社長になりませんか?とうたっている 求人募集広告や掲示板、SNS経由でのメッセージ等で 見たことはありませんか? 自分も社長になれる!ということで 興味津津という人も多かったりするのではないでしょうか …

no image

パート主婦もスマホ使いが当たり前の時代

消費税増税が近づく中、少しでも働いて家計を助けたいというのが 主婦の方の本音ではと思いますが、不景気な昨今なかなか条件の いい仕事など中々ありつくことはできません。 そんな中、主婦の仕事の面接で「スマ …

no image

ゴミの最終処分場に関する問題

近年おけるゴミ問題には、ゴミ費用の増大、削減しにくい現状、 そして不法投棄などがあり、ゴミの処分において深刻な問題を抱えています。 この為、ゴミの処分に対し必要とされるのがゴミの最終処分所だと思います …

アーカイブ