社会

M&Aと少子高齢化の関係

投稿日:

akushuS
経済用語のM&A。日本国内でも有名になってきています。
この言葉が一般的になったのは、2005年のライブドアによるフジテレビ
買収騒動前後かもしれませんが、それで若干悪い印象を持った人も
いるかもしれません。

しかし、一般的なニュース番組などでは取り上げられなくとも、
日本の経済界においてM&Aは一般化しています。
その理由のひとつが、少子高齢化による人口の減少であります。

2005年の国土交通省による見込みでは、2050年には日本の人口は
一億人を斬るとの予測がされています。

さらに経済に深刻な影響を与えると見込まれているのは、
生産年齢人口が現在の3分の1近く減少してしまうと予想されているからです。

こうしたマーケット規模の縮小により、大企業は集約化及びアジアへの
進出を進めてきました。
この集約化の上で、M&Aが進展しているのです。
小売で言えば、スーパーはイオングループやセブン&アイ・ホールディングスへの
統合が進み、コンビニエンスストアはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートや
サークルKなどに集約されています。

自動車産業もトヨタとホンダ以外のメーカーはトヨタとの関係強化に
動いているところが多くなっています。

食品メーカーでは、サントリーがフランスの食品メーカー・オランジーナを
M&Aによって傘下に入れました。

また、中小企業においてもM&Aを積極的に進めるところが多くなってきています。
それは先にあげた少子化によるマーケット縮小などが大きいところです。

日本社会の変容とM&Aの進展は大きくかかわっているのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

原発は本当に廃止すべきなのか

次の衆議院選挙の一つの争点として 各党が原発の推進/廃止をあげています。 各党の主張が多岐に渡りすぎているのと、 実際の各区画を見ると、必ずしも全政党が出馬している わけではなくもうどこがどんな公約を …

no image

アジアの中の日本

最近日本周辺では中国と尖閣諸島、韓国と竹島の領土問題が 大きく取り上げられています。民主党政権の両国に対する 対応が弱腰であるとの主張をくりかえしてきた自民党安倍総裁が首相になり、 今後の動向が注目さ …

no image

100円ショップで買って失敗したもの

100円ショップは今や流行っているという時期を 通り越して完全普及、成熟期に入ったといえると 思います。 消費者も最初は100円で買うことができるという 新鮮さでなんでも飛びついていましたが、最近は …

no image

子供が生まれた後のそれぞれのストレス発散

子供が生まれると途端に生活が一変します。 今まで自分ペースもしくはご主人と二人のペースであったものが、 すべて生まれたばかりの子供のペースになります。 赤ちゃんは言葉を話すことができないから仕方のない …

残業が強制的に月80時間までになる?政府調整。

政府調整として長時間労働対策として 月80時間までの上限規制をするということを 始めるようです。 今も残業は原則禁止ですが、36協定で 時間制限を外すことができるように なっていたということ。 この8 …

アーカイブ