健康

帽子と紫外線の間違った知識を正す

投稿日:

memoS1
肌の手入れをする際に、最も気をつけなければいけないのは
紫外線の存在です。

紫外線は長時間身体に浴びせてしまいますと肌に本当に
良くありませんし、なにより癌を発症させる可能性も若干ながら
上昇してしまいます。

そう言った紫外線対策のために、UVカットの商品で身体をケアしたり、
または日傘で日光を遮断してしまうという対策が考えられています。
しかし、その中でも一つ誤解を受けている対策があるのです。
それが、帽子の存在です。

帽子を被ると頭が蒸れて逆に頭皮に良くない、
このような噂を聞いたことはないでしょうか。
この噂は、全くの嘘だと言っても過言ではありません。

そもそも、紫外線の本当の恐ろしさとは一体何でしょうか。
紫外線に関する間違った知識として、紫外線は細胞を傷つける、
というものがあります。
しかし、これは完全な間違いなのです。
紫外線は細胞を傷つけているのではなく、細胞を破壊しているのです。

細胞は傷つけられるとその修復作業に力を使うことになりますが、
紫外線による細胞破壊は、その細胞分裂となる基盤そのものを
破壊するために黒いシミとなって残ってしまうのです。

帽子を被りますと、確かに頭は蒸れます。
しかし、これは細胞を傷つけているわけではなく単純に
汗をかいたことにより肌が汚れている状態になっているに過ぎません。
ですので、洗えばすぐに元の状態に戻ります。

ところが、帽子を被らずに紫外線を長時間頭に浴びますと、
細胞自体が破壊されて修復そのものが出来なくなってきてしまうのです。
もちろん、こうなりますと当然薄毛や健康的な害の影響も出てきます。

帽子というのは、自分の身を守るための立派な道具です。
帽子を被ることで出てくるデメリットはないに等しいですので、
健康や肌を害したくないと考えている方は、積極的に着用することをおすすめします。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

更年期を乗り切るには

女性は人生の中で何度かホルモンの大きな変革期を迎えます。 まず大きく変わるのは思春期。初潮を迎え、外観的にも精神面でも大きく変化します。 次に、妊娠と出産。妊娠は女性の身体にとって革命的とも言える変化 …

no image

仕事で疲れた時のストレス発散法

もう、50才が近づいてきた。毎年の健康診断では腹囲まで測られる。 いくら年配の看護師さんにだって気恥ずかしい。 ビール腹の完璧なメタボ腹をさらけ出すことの惨めさは、当人ではないと 分からないだろう。 …

no image

足の乾燥肌対策

若いころはこんなことはなかったのですが、50歳近くになると、 特に冬の乾燥肌に悩むようになりました。 特に症状がひどいのが足のひざからすねにかけてで、何も しないで放っておくと、皮膚が干からびてひび割 …

no image

イライラにカルシウムは効かない

よくイライラしていると、カルシウムが足りないんだから もっとカルシウムを取りなさい!とか 牛乳を飲みなさい!とか言われたこと、言ったことが ありませんか? このイライラとカルシウムの関係ですけど、 日 …

no image

新生児の皮膚・乾燥対策

赤ちゃん肌って言われるとうれしいものですが、 それは赤ちゃんの肌はすべすべしてきめの細かく整った肌を しているからです。 しかし、赤ちゃんの肌は一見整ってきれいに見えますが、 大人の皮膚の半分くらいし …

アーカイブ