健康

帽子と紫外線の間違った知識を正す

投稿日:

memoS1
肌の手入れをする際に、最も気をつけなければいけないのは
紫外線の存在です。

紫外線は長時間身体に浴びせてしまいますと肌に本当に
良くありませんし、なにより癌を発症させる可能性も若干ながら
上昇してしまいます。

そう言った紫外線対策のために、UVカットの商品で身体をケアしたり、
または日傘で日光を遮断してしまうという対策が考えられています。
しかし、その中でも一つ誤解を受けている対策があるのです。
それが、帽子の存在です。

帽子を被ると頭が蒸れて逆に頭皮に良くない、
このような噂を聞いたことはないでしょうか。
この噂は、全くの嘘だと言っても過言ではありません。

そもそも、紫外線の本当の恐ろしさとは一体何でしょうか。
紫外線に関する間違った知識として、紫外線は細胞を傷つける、
というものがあります。
しかし、これは完全な間違いなのです。
紫外線は細胞を傷つけているのではなく、細胞を破壊しているのです。

細胞は傷つけられるとその修復作業に力を使うことになりますが、
紫外線による細胞破壊は、その細胞分裂となる基盤そのものを
破壊するために黒いシミとなって残ってしまうのです。

帽子を被りますと、確かに頭は蒸れます。
しかし、これは細胞を傷つけているわけではなく単純に
汗をかいたことにより肌が汚れている状態になっているに過ぎません。
ですので、洗えばすぐに元の状態に戻ります。

ところが、帽子を被らずに紫外線を長時間頭に浴びますと、
細胞自体が破壊されて修復そのものが出来なくなってきてしまうのです。
もちろん、こうなりますと当然薄毛や健康的な害の影響も出てきます。

帽子というのは、自分の身を守るための立派な道具です。
帽子を被ることで出てくるデメリットはないに等しいですので、
健康や肌を害したくないと考えている方は、積極的に着用することをおすすめします。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

清涼飲料水が脳梗塞の危険を増す

コーラやジュースなどの清涼飲料水をほぼ毎日飲む女性は、 ほとんど飲まない女性と比べて脳梗塞になる危険性が1.8倍 高いとの研究結果が発表された、という記事がありました。 清涼飲料水に多く含まれる糖分の …

no image

必見! あの「タニタ食堂」に定食キット2種類が登場

低カロリーで、栄養バランスに優れ、 しかも美味しく満腹になれる。 一大ブームになった「タニタ」の社員食堂メニューといえば、 ダイエットに関心のある人なら、もう知らない人はいないでしょう。 今年は、タニ …

no image

熱中症予防のため、厚生労働省は国民に注意喚起を行なっています

今年もまた、例年より早く真夏日や猛暑日が日本中で記録し、 熱中症予防対策の必要性が叫ばれています。 厚生労働省では、5月28日に国民への熱中症予防への理解と 対策を進めるため、注意喚起パンフレットを作 …

no image

プチ断食とは?

プチ断食・・・完全な断食というわけではなく、 1日のうち1食もしくは2食を抜いたり、 ヨーグルトやジュース等で食事を代用するという ダイエットになります。 ダイエット方法は本当にいろいろな呼び方があり …

no image

新生児の皮膚・乾燥対策

赤ちゃん肌って言われるとうれしいものですが、 それは赤ちゃんの肌はすべすべしてきめの細かく整った肌を しているからです。 しかし、赤ちゃんの肌は一見整ってきれいに見えますが、 大人の皮膚の半分くらいし …

アーカイブ