雑記

時代の変遷と悪の組織

投稿日:

memoS1
今年でシリーズ42周年を迎える、石ノ森章太郎氏の
原作による大人気テレビドラマシリーズ『仮面ライダー』シリーズ。

このシリーズに登場する、仮面ライダーの敵たちも時代によって
大きく変遷しました。そして、時代の大きな出来事に合わせて
敵役も変わっているのです。

一番有名なものといえば、謎の首領に率いられる改造人間の組織、
「ショッカー」です。「イーッ!!」の掛け声で現れるショッカー戦闘員たちは
今もCMなどで活躍しています。

ショッカーは、ナチスドイツの残党によって結成されたという
設定があります。
初代幹部ゾル大佐はアドルフ・ヒトラーの部下でした。
当時は戦後25年かつ岸首相の時代で、未だに戦争の影があったことが窺えます。

それから3年後の『仮面ライダーX』では、ショッカー首領の組織ではない
「GOD秘密機関」が現れます(後に首領がサポートしていたことが明らかになりますが)。

この組織は、冷戦下で対立している大国が秘密裏に結託し、日本を占領しようと
していた、という設定があります。
それがどれだけのリアリティを持っていたかはさておき、『X』は割とダークな
イメージが強い作品であるため、現実社会の出来事をもってきたのでしょう。

そして、『仮面ライダークウガ』以降の作品では『仮面ライダーディケイド』まで
悪の組織のような結社は影をひそめます。

『555』においてスマートブレインというのが出てくるのですが、これは
その世界全体を牛耳るほどの資金力を持つ営利企業です。
この作品は2003年~2004年です。このころから日本経済においてM&Aやベンチャー企業が
目立ってきます。そして2004年、堀江貴文がバッファローズ買収に手を挙げるのです。

こうした時代背景をもとに見る特撮解釈も面白いものです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカードでムリなくポイントを貯めるひと手間

クレジットカードの特典といえばなんといってもポイントですよね。 ポイントが貯まれば、そのポイントで欲しい商品や商品券に交換できるので ちょっとお得な気分になりますよね。 しかし、ポイントのためにショッ …

no image

シンメトリーを嫌う日本人

昨年末歌舞伎役者中村勘三郎が57歳の若さで亡くなりました。 ちょうど京都の南座では息子の中村勘九郎の襲名公演が開かれており、 あわせて話題にのぼりました。次男の七之助も襲名公演に出演していました。 こ …

no image

様々な情報をフルに活用する方法

情報化社会と云われる現代で日々生活していると、TV,インターネット、 新聞、電車の吊り広告、ラジオ、雑誌と、こちらからあえて追いかけなくても、 あらゆるところから何かしらいろいろな情報が入ってくるかと …

no image

コンビニ店員がツイッターで有名人のことをつぶやくのは問題なのか?

先日から話題になっていたサンクスの店員が AKBが彼氏と一緒に店に来たという内容をつぶやいた 件ですが、今度はつぶやいた店員側に矛先が向かってしまい、 店員はあっというまに特定、大学にも連絡がいき、 …

no image

スタディプラスで楽しく勉強を続ける

スタディプラスというサイトをご存知でしょうか。 会員数が3万人も突破した、SNSです。 そのコンセプトは、驚くことに「勉強」なんです。 受験生だけでなく、学生や社会人まで勉強に励む人は 多いのではない …

アーカイブ