IT

情報の漏えいを防止するSSL

投稿日:

PCS
最近は物を買ったり、サービスの登録をしたりする時に、
インターネットを利用することが日常的に行われています。

そこでは、名前や住所、電話番号、口座番号などの個人情報が
入力されることになるため、絶対に情報が漏れたり、盗まれたり
することがあってはなりません。
そこで、情報が盗聴されないための防止策として
とられているのが「SSL」です。

SSLとはSecureSocketLayer(セキュア・ソケット・レイヤー)の略で,
データを暗号化してやり取りする手順のプロトコルのことです。

このプロトコルはセキュリティ機能付きのHTTPプロトコルで、
個人情報などの機密性の高い情報をサーバとクライアントの
パソコン間で安全にやり取りできるようにするためのものであり、
アメリカのネットスケープ社が開発しました。

伝える内容自体を暗号化(SSL)することで、データの盗聴や
改ざんが防止します。

SSLを利用したウェブページかどうかを見分けるのは簡単です。
ページのアドレスが「http://」ではなく、「https://」になっており、
「p」の右横に「s」が付いていれば、SSLが利用されています。
また、アドレスバーの横に、「鍵」のマークがついています。

この鍵のマークをクリックすると、SSLサーバ証明書が入っています。
SSLサーバ証明書というのは、サイバートラスト社に代表される認証局が
発行している電子証明書です。

情報通信先サーバのサイト運営企業が実在していることを証明し、
WebブラウザとWebサーバ間(又はサーバ同士)でSSL暗号化通信を
実施していることを示しています。

adsense

adsense

-IT

執筆者:

関連記事

中国のネットユーザー数が7億人を超える 今後はどうなるの?

中国のネットユーザー数が7億人を超えたと いうような話が出ています。 パソコンの普及というよりは スマホの普及でそれで利用している人が 多いようですね。 ネットユーザーの95.1%がスマホ利用と いう …

no image

facebookのいいね!スパムまで流行りだす

facebookのいいね!の大量プッシュを組織的に 行うヤミ工場なんてものが出てきているようですね。 参考 Facebookの「いいね!」大量生産するダッカのクリック工場 http://bylines …

Yahoo!ブログが削除されました

新しくヤフーブログを開設していたのですが 突然削除されてしまいました。 まだ3記事しか書いていなかったのが 救いなのかもしれませんが、これはあまりにも びっくり・・・。 内容は極めて無難な内容で普通の …

no image

facebook離れも進んでいく

facebookについても離れていく傾向が 出ているようです。 アメリカでは6割がfacebookを休んだとか。 米国人に広がるフェイスブック疲れ 6割が数週間の「休暇」 http://headlin …

no image

ソーシャルデトックスが流行る?SNS疲れが加速

SNS疲れという内容については このブログでも過去何度か書いたと思いますが ソーシャルデトックスというような言葉が 出始めています。 <参照> “疲れ”を隠せないSNS ユーザーの実態 — …

アーカイブ