社会

消費税と所得税について

投稿日:

memoS1
野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、
安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。

ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、
消費税は「間接税」になります。

「直接税」とは、税金を負担する人が納税者になる税金のことです。
例えば、各個人の所得にかかる所得税や、各企業の利益にかかる法人税は、
税金を負担する人が納税しています。
一方、消費税や酒税、たばこ税、ガソリン税などは、税金を負担するのは
利用者ですが、税金を納めるのは販売や製造をしている事業者と
分かれていることから「間接税」と呼ばれています。

直接税の特徴は、所得が高い人ほどより多くの税金を負担する、
「応能者負担」の観点に立っていることです。
従って、税率は累進課税になっています。なお、累進課税のことを
勘違いしている人が非常に多くいますが、累進課税というのは、
定められた段階の金額に対する課税です。

例えば、所得税の税率は所得が
195万円以下は5%、
195万円を超えて330万円以下は10%になっています。
仮に、所得が250万円だった場合は、
250万円の10%で250,000円を納税するのではありません。
195万円の5%と、(250万円-195万円)の10%を足した152,500円が税額となります。

間接税の特徴は、商品やサービスを享受した人が公平に負担する、
「受益者負担」になっていることです。

ところで、税収全体に占める直接税と間接税の比率を直間比率と
言いますが、平成元年の時点では、直接税の占める割合は、
79.6%と極めて高くなっていました。

それが、消費税の引き上げや、所得税・法人税の減税、さらに、
景気の低迷等による所得の減少から、直接税の比率が年々低下していき、
現在では68.8%と10%以上も下がっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

衆院選を前に改めて選挙制度を考察する

いよいよ衆議院議員選挙が近いですが、日本は二大政党に向いているのか 否かというのが一つのテーマとなっています。 ただ、現与党は失策続きで低空飛行が続き、その対抗勢力たる最大野党も 結局先祖帰りするだけ …

no image

就職面接の基本マナー

面接にはマナーがあります。マナーを意識して面接を受けることで、 就職活動がうまくいくようになります。 面接に行く時には、何はさておきマナーが重要です。 発言がすばらしいものであっても、学業が優秀だった …

no image

原発は本当に廃止すべきなのか

次の衆議院選挙の一つの争点として 各党が原発の推進/廃止をあげています。 各党の主張が多岐に渡りすぎているのと、 実際の各区画を見ると、必ずしも全政党が出馬している わけではなくもうどこがどんな公約を …

no image

横浜市の待機児童ゼロについて

今朝のニュースで横浜市の待機児童がゼロになる 見通しについて報道されているのを見た。 かつては待機児童数日本一という不名誉な称号を掲げた 横浜市であるが、3年前今の女性市長に変わってから 大きくその問 …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

アーカイブ