社会

消費税と所得税について

投稿日:

memoS1
野田内閣の時に消費税の税率アップが決まりましたが、
安倍内閣になったら、今度は震災復興を進めるためとして、所得税の税率アップが決まりました。

ちなみに、税金の分類からすると、所得税は「直接税」で、
消費税は「間接税」になります。

「直接税」とは、税金を負担する人が納税者になる税金のことです。
例えば、各個人の所得にかかる所得税や、各企業の利益にかかる法人税は、
税金を負担する人が納税しています。
一方、消費税や酒税、たばこ税、ガソリン税などは、税金を負担するのは
利用者ですが、税金を納めるのは販売や製造をしている事業者と
分かれていることから「間接税」と呼ばれています。

直接税の特徴は、所得が高い人ほどより多くの税金を負担する、
「応能者負担」の観点に立っていることです。
従って、税率は累進課税になっています。なお、累進課税のことを
勘違いしている人が非常に多くいますが、累進課税というのは、
定められた段階の金額に対する課税です。

例えば、所得税の税率は所得が
195万円以下は5%、
195万円を超えて330万円以下は10%になっています。
仮に、所得が250万円だった場合は、
250万円の10%で250,000円を納税するのではありません。
195万円の5%と、(250万円-195万円)の10%を足した152,500円が税額となります。

間接税の特徴は、商品やサービスを享受した人が公平に負担する、
「受益者負担」になっていることです。

ところで、税収全体に占める直接税と間接税の比率を直間比率と
言いますが、平成元年の時点では、直接税の占める割合は、
79.6%と極めて高くなっていました。

それが、消費税の引き上げや、所得税・法人税の減税、さらに、
景気の低迷等による所得の減少から、直接税の比率が年々低下していき、
現在では68.8%と10%以上も下がっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

盲導犬の育成と理解

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。 ・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと  いうお店がある ・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない ・訓練を受けて盲導犬にな …

no image

金融機関のクラウド利用

金融機関、つまり銀行や証券会社、保険会社は、膨大な量のデータを 扱っています。 これは顧客に関する情報もあれば、取引に関する情報、相場に 関する情報等、さまざまなものが含まれます。 そして、これらの情 …

東京へ一極集中が続く理由。都心から離れていると不利!?

日本の人口の移転についてですが 相変わらず東京への一極集中が続いていると いうようなニュースが出ていました。 東京が20年連続の転入超過ということ。 転入-転出で7万人というような数字に なっているそ …

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

no image

家事の能率

専業主婦の時間は毎日たっぷりあります。 時間の上手な使い方によって効率よく家事をこなすことが できた場合はとても満足感を得られます。 少しでも家事の能率が落ち、家事の作業が後手後手に なってしまった日 …

カテゴリ

アーカイブ