社会

イギリスの高校教育について

投稿日:

shiryouS
イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、
自己管理にゆだねられた教育といえます。

通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、
そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になっています。

しかし、イギリスの教育では出席や授業内でのレポートなどの
課題はなく、すべて年に2回行われる定期試験で卒業資格や
受験資格を得られるのです。

日本の高校生が大抵目指すのは卒業資格だと思いますが、
イギリスでは高校に入って1年目で多くの学生が卒業資格を
得る形になっています。

これは、イギリスの学生の最終目標が卒業資格ではなく、
その後実際に卒業するまでの2,3年の間で様々な科目を受験し、
良い成績を収め、偏差値の高い大学に入ることを目指す形に
なっているからです。

日本では卒業資格を取れば、あとは大学の入学試験を受けて
合格すれば大学に入ることが出来ます。

しかし、イギリスの大学では高校での成績の高さによって
受験資格をえる形になっているのです。

このことから、イギリスの高校では生徒がより良い大学に
行ってもらうために、試験の内容を中心とした授業内容になっており、
出席やレポートなどの課題が存在しない形になっています。

故に学生自身がどの大学に行きたいのか、本人のやる気に
よって大きく変わる教師制度である為、イギリスの教育に
おいては卒業2年前になると授業にすら出席するか
どうか生徒の意志で選択することが出来ます。

故に完全に生徒のやる気に依存する形になる為、日本のように
成績が悪い生徒に対し、補習や追試などの特別措置がなく、
逆に成績が悪ければ退学勧告される形となり、生徒への責任が
強いシステムになっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

サラリーマンのお昼代が400円!?

久米宏がやっていた実は日本人はデフレが 大好きという番組。 サラリーマンのお昼の特集がされていて、 500円の弁当では高いということで必死に探し回って 400円で良いお弁当を見つけているシーンが写りま …

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

no image

65歳の定年制と40歳の定年制はどちらが良いのか?

先ほどワールドビジネスサテライトで 65歳の定年制と40歳の定年制は どちらが良いのか?なんて質問が出ていました。 実に良い質問だと思います。 65歳定年制、もっと働ける世の中を、という動きに 疑問を …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

no image

パート主婦もスマホ使いが当たり前の時代

消費税増税が近づく中、少しでも働いて家計を助けたいというのが 主婦の方の本音ではと思いますが、不景気な昨今なかなか条件の いい仕事など中々ありつくことはできません。 そんな中、主婦の仕事の面接で「スマ …

アーカイブ