社会

イギリスの高校教育について

投稿日:

shiryouS
イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、
自己管理にゆだねられた教育といえます。

通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、
そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になっています。

しかし、イギリスの教育では出席や授業内でのレポートなどの
課題はなく、すべて年に2回行われる定期試験で卒業資格や
受験資格を得られるのです。

日本の高校生が大抵目指すのは卒業資格だと思いますが、
イギリスでは高校に入って1年目で多くの学生が卒業資格を
得る形になっています。

これは、イギリスの学生の最終目標が卒業資格ではなく、
その後実際に卒業するまでの2,3年の間で様々な科目を受験し、
良い成績を収め、偏差値の高い大学に入ることを目指す形に
なっているからです。

日本では卒業資格を取れば、あとは大学の入学試験を受けて
合格すれば大学に入ることが出来ます。

しかし、イギリスの大学では高校での成績の高さによって
受験資格をえる形になっているのです。

このことから、イギリスの高校では生徒がより良い大学に
行ってもらうために、試験の内容を中心とした授業内容になっており、
出席やレポートなどの課題が存在しない形になっています。

故に学生自身がどの大学に行きたいのか、本人のやる気に
よって大きく変わる教師制度である為、イギリスの教育に
おいては卒業2年前になると授業にすら出席するか
どうか生徒の意志で選択することが出来ます。

故に完全に生徒のやる気に依存する形になる為、日本のように
成績が悪い生徒に対し、補習や追試などの特別措置がなく、
逆に成績が悪ければ退学勧告される形となり、生徒への責任が
強いシステムになっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいいという世の中はよくない

社会学者の上野千鶴子氏が中日新聞の インタビューで 「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」 ということを言ったことが話題になって いるようです。 GDP維持、増加をしていくことをあきらめて み …

no image

利用が進まないプラチナバンド

最近CMなどでもしばしば耳にするようになったスマホなどの 周波数帯のプラチナバンドですが、割り当てられてもすぐには 利用できない理由があるそうです。 プラチナバンドというのは700~900メガヘルツの …

no image

小学生はうなぎが嫌い

小学生の嫌いな料理ランキングが 1位 レバー料理 2位 うなぎ 3位 サラダ 4位 つけもの 5位 焼き魚 となっているとの発表がありました。 かなり意外な感じがしないでしょうか? レバーは好き嫌いが …

配達は不在のとき玄関の外に置きっぱなしでもいいと思いませんか?

ヤマト運輸が荷受けを抑制するという 検討をしているそうです。 確かに現時点ですでにキャパオーバー 状態にありますからね。 人手不足で業界が大変という話は 何度も聴くようになっています。 そこまで安く受 …

no image

経済と環境の両立における課題

現在の廃棄物処理に対し、経済の取り組みを犠牲に環境を守る、 いわば経済と環境の両立が求められています。 ここの問題に対する課題は日本人の特性による間違った対処です。 日本人は主にメディアに取り上げられ …

アーカイブ