社会

イギリスの高校教育について

投稿日:

shiryouS
イギリスの高校では日本教育とは違い、実力主義に基づく、
自己管理にゆだねられた教育といえます。

通常の日本では特定の科目に対する出席率やレポート、
そしてテスト結果によって、卒業資格を得る形になっています。

しかし、イギリスの教育では出席や授業内でのレポートなどの
課題はなく、すべて年に2回行われる定期試験で卒業資格や
受験資格を得られるのです。

日本の高校生が大抵目指すのは卒業資格だと思いますが、
イギリスでは高校に入って1年目で多くの学生が卒業資格を
得る形になっています。

これは、イギリスの学生の最終目標が卒業資格ではなく、
その後実際に卒業するまでの2,3年の間で様々な科目を受験し、
良い成績を収め、偏差値の高い大学に入ることを目指す形に
なっているからです。

日本では卒業資格を取れば、あとは大学の入学試験を受けて
合格すれば大学に入ることが出来ます。

しかし、イギリスの大学では高校での成績の高さによって
受験資格をえる形になっているのです。

このことから、イギリスの高校では生徒がより良い大学に
行ってもらうために、試験の内容を中心とした授業内容になっており、
出席やレポートなどの課題が存在しない形になっています。

故に学生自身がどの大学に行きたいのか、本人のやる気に
よって大きく変わる教師制度である為、イギリスの教育に
おいては卒業2年前になると授業にすら出席するか
どうか生徒の意志で選択することが出来ます。

故に完全に生徒のやる気に依存する形になる為、日本のように
成績が悪い生徒に対し、補習や追試などの特別措置がなく、
逆に成績が悪ければ退学勧告される形となり、生徒への責任が
強いシステムになっています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

超小型車の普及

本日のワールドビジネスサテライトで 小型車の特集をやっていました。 まず横浜で実験を行うらしいですが、 1人乗りの本当に小さい車でした。 他にも超小型車のコムスも既に普及が 始まっているみたいですね。 …

no image

仕事なく今日も一日「追い出し部屋」

「追い出し部屋」が話題となり、厚労省なども実態の調査に 乗り出しているようで、ツィッターなどでも熱い議論となっているようです。 元は朝日新聞がパナソニックの「事業・人材強化センター」という部署が、 そ …

no image

ソーシャルメディアハラスメント(ソーハラ)の実態

ソーシャルメディアハラスメント、ソーハラと 呼ばれる新たな職場トラブルが起こっているようです。 フェイスブック等で上司から友達申請をされたり、 コメントへの反応を迫られたり、いいね!を強制されたりとか …

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

アーカイブ