社会

科学者を一番働かせるには

投稿日:

memoS1
科学者をどのように働かせれば一番効率が良いのかという議論は、
実は20世紀の前半に既に大体の結論が出ています。

それは「放っておくこと」です。ノーベル物理学賞を受賞した
朝永振一郎の戦前の理化学研究所の雰囲気が、その著書
「科学者の自由な楽園」の中で触れられています。

後進の育成以外に必要な業務は少なく、他分野の人間との交流も盛んで、
実験を使用と思ったらすぐに始められることが多い。

このような例があげられています。実は同じ時期に西洋でも似た様な
ことがありました。
それはフォン・ブラウンらがナチスドイツ時代に作ったV2ロケットです。
軍の主導で作られたV1、V3計画に対して、科学者が自由な裁量を
与えられて作ったV2は軍事的に注目を浴び、現代にも生きている
ロケットの基礎となりました。

フォン・ブラウンは後に米国に渡り、そこでサターンVロケットを
作り人類を月に送り込むことになります。このロケット学とも言うべき
基礎が作られた場所は、実はドイツのある田舎町でした。
研究に集中できるようにとそこに送り込まれた研究チームは、
釣りや山登りをしながら自分の分野以外の人達と交流を深め、
人材を集め、ロケットの基礎を作り出したのです。

一方米国では原爆開発が進んでいましたが、そこでは軟禁に近い状態で
研究が進められていました。ところがこれでは息が詰まってしまうとした
科学者達は組合を作り、新聞を発行してムードをやわらげ、
後には米国政府から自由な外出や交流が認められるようになりました。

これを引き継いで現代のCERNやその他の一流の科学者が集まる場所では、
月に一度はパーティーが開かれ、他分野との交流を奨励し、
ジョークに溢れた明るい自由な雰囲気を作り出しているのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

高齢化社会から見る生活用品サービスの新たな姿勢

生活用品を扱う経営と言えば、印象的なのは生活雑貨を 扱うホームセンターとコンビニの2種類だと思います。 ホームセンターではより多くのお客様のニーズに応える為に、 自社開発をめざし、実際に作った試作品を …

声かけ事案の内容は本当は違う?

警察から配信されている声かけ事案と いうのが最近話題になっています。 公園で遊んでいる女児2人組に対し、 男性が「お年玉」と言って100円ずつ 渡したという話が事案として出ていたことが ありました。 …

「なめんなジャンパー」生活保護受給者の実態は?報道は正しいのか?

「なめんなジャンパー」を着たくもなるような 現場があるということでニュース記事が 上がっていました。 実際の受給者のところに行くと 元暴力団員が麻雀をしていたりするような 現場があるということです。 …

no image

2013年 生命保険の保険料の値上げ

2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる 可能性が高まっています。その原因となるのが、 金融庁による「標準利率の引き下げ」です。 生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を …

no image

夫婦円満の秘訣

夫婦の仲を円満に保つためには、「ありがとう」をマメに 言うことがおすすめです。 夫婦になるとどうしても「あたりまえ」の感覚がでてきてしまい、 家事の分担も、子育てもお互い黙々とこなすようになり、 感謝 …

アーカイブ