社会

科学者を一番働かせるには

投稿日:

memoS1
科学者をどのように働かせれば一番効率が良いのかという議論は、
実は20世紀の前半に既に大体の結論が出ています。

それは「放っておくこと」です。ノーベル物理学賞を受賞した
朝永振一郎の戦前の理化学研究所の雰囲気が、その著書
「科学者の自由な楽園」の中で触れられています。

後進の育成以外に必要な業務は少なく、他分野の人間との交流も盛んで、
実験を使用と思ったらすぐに始められることが多い。

このような例があげられています。実は同じ時期に西洋でも似た様な
ことがありました。
それはフォン・ブラウンらがナチスドイツ時代に作ったV2ロケットです。
軍の主導で作られたV1、V3計画に対して、科学者が自由な裁量を
与えられて作ったV2は軍事的に注目を浴び、現代にも生きている
ロケットの基礎となりました。

フォン・ブラウンは後に米国に渡り、そこでサターンVロケットを
作り人類を月に送り込むことになります。このロケット学とも言うべき
基礎が作られた場所は、実はドイツのある田舎町でした。
研究に集中できるようにとそこに送り込まれた研究チームは、
釣りや山登りをしながら自分の分野以外の人達と交流を深め、
人材を集め、ロケットの基礎を作り出したのです。

一方米国では原爆開発が進んでいましたが、そこでは軟禁に近い状態で
研究が進められていました。ところがこれでは息が詰まってしまうとした
科学者達は組合を作り、新聞を発行してムードをやわらげ、
後には米国政府から自由な外出や交流が認められるようになりました。

これを引き継いで現代のCERNやその他の一流の科学者が集まる場所では、
月に一度はパーティーが開かれ、他分野との交流を奨励し、
ジョークに溢れた明るい自由な雰囲気を作り出しているのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

no image

イスラム教徒の観光客について

震災における風評被害が収束化し、今多くの海外観光客が日本に 戻ってきています。その中において、昨年日中関係の悪化に伴い、 中国人観光客が減っていく問題を日本の観光関連企業が抱えています。 この問題を解 …

no image

エンジョイライフのために、、、紙おむつのススメ

紙おむつの需要は、今や乳幼児より成人に多くあるようで、 今年は大人用の紙おむつが子供用の生産を上回る勢いなのだそうです。 少子高齢化がますます深刻化するのに伴い、大人用紙おむつは ドラッグストア等の棚 …

no image

日銀の独立性

最近、自民党政権になってから、「日本銀行の独立性」が よくニュースの話題にのぼるようになりました。 日本銀行は「日銀」と略されていますが、1882年に設立された 日本で唯一の中央銀行であり、銀行券を発 …

no image

ワーキングプアと生活保護

ワーキングプアという言葉もよく知られるようになったと思います。 いくら働いても生活保護以下の生活しかできないような 人々のことを言います。実際に最低賃金法で決められている 最低賃金で週五日、8時間働い …

アーカイブ