社会

科学者を一番働かせるには

投稿日:

memoS1
科学者をどのように働かせれば一番効率が良いのかという議論は、
実は20世紀の前半に既に大体の結論が出ています。

それは「放っておくこと」です。ノーベル物理学賞を受賞した
朝永振一郎の戦前の理化学研究所の雰囲気が、その著書
「科学者の自由な楽園」の中で触れられています。

後進の育成以外に必要な業務は少なく、他分野の人間との交流も盛んで、
実験を使用と思ったらすぐに始められることが多い。

このような例があげられています。実は同じ時期に西洋でも似た様な
ことがありました。
それはフォン・ブラウンらがナチスドイツ時代に作ったV2ロケットです。
軍の主導で作られたV1、V3計画に対して、科学者が自由な裁量を
与えられて作ったV2は軍事的に注目を浴び、現代にも生きている
ロケットの基礎となりました。

フォン・ブラウンは後に米国に渡り、そこでサターンVロケットを
作り人類を月に送り込むことになります。このロケット学とも言うべき
基礎が作られた場所は、実はドイツのある田舎町でした。
研究に集中できるようにとそこに送り込まれた研究チームは、
釣りや山登りをしながら自分の分野以外の人達と交流を深め、
人材を集め、ロケットの基礎を作り出したのです。

一方米国では原爆開発が進んでいましたが、そこでは軟禁に近い状態で
研究が進められていました。ところがこれでは息が詰まってしまうとした
科学者達は組合を作り、新聞を発行してムードをやわらげ、
後には米国政府から自由な外出や交流が認められるようになりました。

これを引き継いで現代のCERNやその他の一流の科学者が集まる場所では、
月に一度はパーティーが開かれ、他分野との交流を奨励し、
ジョークに溢れた明るい自由な雰囲気を作り出しているのです。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

青林堂 中村さんへのパワハラ ニュース23での衝撃

本日2017/2/7のニュース23の番組で 青林堂でのパワハラになって 鬱状態に追い込まれた中村さんの 状態が特集されていました。 今後のためということで社内で録音された 音声もありましたが、もはやま …

no image

ゆとり世代 円周率は3ではない?

ゆとり世代の代表的な話といえば 円周率が3.14ではなくおよそ3になってしまうと いう話でした。 こんな適当な計算方法にしてしまって 本当にいいのか? ある意味嘘を教えることになってしまうのに 本当に …

クリぼっちでもいい?でも誰かといた方がいいですよね。

若い男性のうち3割がクリぼっちだと いうこと。 仕事やバイトもいつも通りに 行っているそうです。 別に絶対に誰かと一緒にいなければ いけないなんてルールは 全くありませんけど、これはこれで なんだか寂 …

no image

おなじみ単身引越し、家族引越しサービス、といえば

ヤマトホームコンビニエンス株式会社とはどんな企業でしょう。 ヤマトホールディングス株式会社が100%出資している企業で、 引越しや宅配便では知名度が高く、数多く利用されています。 1985年ヤマトホー …

アーカイブ