社会

高齢化社会における福祉の重要性

投稿日:

shoukaiS1
今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。
しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。

日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と
なっており、それなりの関心を集めてはいます。

しかし、関心が高い割には根本的な解決案が見いだせない
状態が続いていて、それがこの問題の根深さを感じさせています。

高齢化社会には当然、手厚い老人福祉が必要となります。
福祉とはもともと弱者のためのものであり、それを必要とする
弱者が何らかの恩恵や助けを受けるべきものです。
老人こそは正に、そうした弱者の典型的な存在と言えます。

しかしここで問題となるのは、このまま益々高齢化が進んでゆけば、
老人福祉にも限界が訪れるのではないか、という点です。
弱者である老人のための福祉にも、やはり限界はあるに違いありません。
なぜなら、老人たちを支え、それを助ける若年層の負担にも、
当然のことながら限界があるからです。

そもそも高齢化社会は少子化社会とセットになっているような問題です。
ですから老人福祉の必要性は高まってゆくのに、それを担う若年層が
逆に減少していくなら、それは遠からず破綻してしまうことは
明らかではないでしょうか。
ゆえに、この問題は考えれば考えるほど、非常に根が深いと言わざるを得ないのです。

政府も知恵を絞って解決に向けて取り組んでくれてはいますが、
残念ながら、今のところ妙案はありません。
しかも福祉を必要とするのは老人だけと限ったことではありませんので、
老人以外の弱者のことを考えると、ますます頭が痛くなるばかりです。

最近、日本で発足した新政権は経済の再生を最優先課題と
しておりますが、それは福祉という観点から考えても、
確かに理に適っていることです。

とにかく弱者を助けるにはお金が必要ですから、まずは日本経済が
もっともっと元気になるよう、皆で頑張ろうではありませんか。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

学生時代のアルバイト経験は大切

私は51歳になりますが、今から30年以上前に いろいろな職業のアルバイトをしていました。 貧乏学生だったので生活費をアルバイトでまかなっていました。 当時は世の中の仕組みも全く分からない学生でしたが、 …

no image

65歳雇用の是非

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで 働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を 2013年度に導入するというものがありました。 結果的には、40~50代でもらえる賃金が 減るということに …

恵方巻はいつ始まったのか?商業ベースで仕込まれた話?

節分のときには恵方巻を食べましたか? 私は今年はきちんと食べました。 といっても無言でずっとということは やりませんでしたが。 下手すると喉につまりそう・・と 思って安全第一でゆっくりと食べました。 …

no image

添い寝専門店が流行る

添い寝専門店が流行っていて、既に秋葉原にオープンして 今度は新宿にオープンしたという話がありました。 価格を見ると 20分 3000円 40分 5000円 60分 6000円 120分 11000円 …

no image

女子アナの年収が減少

女子アナといえば、おそらく高い年収を 貰っているんだろうな・・と思いがちですが 昨今ではそうでもなく、副業に精を出す動きに なっているみたいです。 参考) 副業に精出す女性アナのギャラ 安くて10万円 …

アーカイブ