社会

高齢化社会における福祉の重要性

投稿日:

shoukaiS1
今や多くの先進国においては、高齢化社会が到来しております。
しかもそれは、今後もどんどん加速されてゆきそうです。

日本もまた例外ではありません。少子高齢化は以前から大きな社会問題と
なっており、それなりの関心を集めてはいます。

しかし、関心が高い割には根本的な解決案が見いだせない
状態が続いていて、それがこの問題の根深さを感じさせています。

高齢化社会には当然、手厚い老人福祉が必要となります。
福祉とはもともと弱者のためのものであり、それを必要とする
弱者が何らかの恩恵や助けを受けるべきものです。
老人こそは正に、そうした弱者の典型的な存在と言えます。

しかしここで問題となるのは、このまま益々高齢化が進んでゆけば、
老人福祉にも限界が訪れるのではないか、という点です。
弱者である老人のための福祉にも、やはり限界はあるに違いありません。
なぜなら、老人たちを支え、それを助ける若年層の負担にも、
当然のことながら限界があるからです。

そもそも高齢化社会は少子化社会とセットになっているような問題です。
ですから老人福祉の必要性は高まってゆくのに、それを担う若年層が
逆に減少していくなら、それは遠からず破綻してしまうことは
明らかではないでしょうか。
ゆえに、この問題は考えれば考えるほど、非常に根が深いと言わざるを得ないのです。

政府も知恵を絞って解決に向けて取り組んでくれてはいますが、
残念ながら、今のところ妙案はありません。
しかも福祉を必要とするのは老人だけと限ったことではありませんので、
老人以外の弱者のことを考えると、ますます頭が痛くなるばかりです。

最近、日本で発足した新政権は経済の再生を最優先課題と
しておりますが、それは福祉という観点から考えても、
確かに理に適っていることです。

とにかく弱者を助けるにはお金が必要ですから、まずは日本経済が
もっともっと元気になるよう、皆で頑張ろうではありませんか。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

no image

日本の地熱発電があまり広まっていない理由

日本の地熱発電系の技術は世界の地熱発電施設の7割が使用されています。 しかし、日本においては地熱発電の開発は世界に比べ、劣っています。 温泉大国であるアイスランドは地熱発電を用いて、経済を支えています …

脱ゆとりの自信 方向性はあっているのか?

ニュースを見ますと 「2015年の国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)で 小中学校の理数全てが過去最高点」と なったということで文科省が脱ゆとりに ついて自信を深めていると いうことです。 点数が …

コンビニ灰皿が消える 吸わない人には朗報です

コンビニ灰皿が撤去の動きにあるという ことがニュースになっていますね。 東京オリンピックを控えて 世界標準である禁煙に向けてということに なるのでしょうけど、吸わない人にとっては 本当に良い傾向になっ …

no image

ソニーでもリストラ実施

各電機業界がリストラを実施していて ひどい状況というのはよく話題になっていましたが ソニーに関してもそれは例外ではないようです。 ソニー「中高年リストラ」の現場 http://newsbiz.yaho …

アーカイブ