社会

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

投稿日:

shiryouS
誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。

今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、
その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に
かっさらえられるように作られています。

このシステムは代議員数の削減と並行して改められるべき事です。
国民の公平性の面から至急に改められるべきです。
昨年12月にあった総選挙の数字を見て意見を述べます。  

投票率が59.2%と低かった。1億385万人の有権者がいて、
投票に行ったのは6148万人でした。

残りの約4000万人は何も意思表示をしませんでした。
投票に行かなかった国民も悪いが、総選挙を政策を争う場として
盛り上げることができなかった政党、代議士等はもっと悪いと思います。

ぬるま湯につかっている日本国民でも、政治家にしっかり
働いてもらって改善してほしいことは山のようにあります。
これらの意見を汲み上げようとする姿勢が弱かったから、
国民は投票に行かなかったのだろうと思います。
投票率はあと10%高く、70%まで行ってほしかった。   

自民党の小選挙区の得票は2564万票、このうち協力している
公明党から620万票貰っています。
実際の実力は比例区1662万票と大差ない1900万票程度である。
この二つの数字の平均を取ると1781万票となり、得票率では
30%程度です。全有権者の17%強にしかすぎません。  

わずか1.7割の国民が投票した政党が、これからの日本を
リ-ドしてゆくのです。

やはりこの選挙制度はおかしいなとつくづく感じます。
少なくとも国民の4割程度が支持した政党が国を
采配してほしいものです。

低い得票率は、国政の執行能力も低いということです。
日本の政治の危機と言うより、日本国の存在の危機です。
新しい投票制度が必要です。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えているということがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが成り立っているというところもありますが、だんだんと親も年をとり、年金生活になると子どもにそこまでの …

no image

遺言書の相続における有効性

被相続人が亡くなって相続を開始する場合は、まず遺言書の 有無の確認から始めます。 遺言は、人の生前の意思を死後に実現させるための 手段として制度化されたものです。 民法は、自分の財産を遺言によって自由 …

同級生に150万円をおごらせてもいじめにならない

横浜市が「同級生に150万円をおごらせても いじめにならない」という方針をとっていると いうことで、いじめ問題が再び話題に なっています。 原発事故で避難してきた子どもが いじめられていたという問題。 …

no image

改正高年齢者雇用安定法はワークシェアリング?

改正高年齢者雇用安定法が施行されるということで NTTグループで、65歳までの雇用継続のため、40~50代の 人件費上昇を抑え、60~65歳の再雇用者の年収を 現行の200万円台から300万~400万 …

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

アーカイブ