社会

2013年 生命保険の保険料の値上げ

投稿日:

memoS1
2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる
可能性が高まっています。その原因となるのが、
金融庁による「標準利率の引き下げ」です。

生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を見込んで、
保険料を割り引いています。この割引率を「予定利率」といいます。
当然、予定利率を高く設定するほど保険料が安くなります

また、生命保険会社は、将来的に保険金や年金などを
支払うことになるため、それに備えて保険料や保険料を
運用して得た収益などを積み立てておかなければなりません。

その積み立てられた準備金のことを「責任準備金」といい、
責任準備金の積み立ては、保険業法によって義務付けられています。
なお、責任準備金の算出には標準利率(予定利率)が使用されており、
標準利率を高く設定するほど責任準備金は少なくなります。

今回、標準利率が引き下げられることになりましたが、
標準利率はあくまでも標準責任準備金の予定利率であり、
保険料算出の予定利率には直結しません。

しかし、責任準備金の予定利率が保険料算出の予定利率より低いと、
保険料に比べてより多くの割合の責任準備金を用意することになり、
その差額を保険会社が負担しなければならなくなります。

そのため、保険会社では保険料算出の予定利率を標準利率に
合わせるのが一般的となっています。

従って、標準利率が下がることは予定利率が下がることであり、
それに連れて保険料の割引が少なくなることから、
保険料が値上がるという結論が導かれます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

自動ブレーキ義務化を検討。決定が遅すぎです。一刻も早く。

高齢者運転の事故対策、 アクセルとブレーキを踏み間違えるような 事故が多発していますが、その対策として 自動ブレーキを義務化するということを 検討しているそうです。 本当にこれは遅すぎるくらいの話です …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

no image

インターネット浸けだとスキルが身につかない? Google世代の創造性とスキル

英国の発明家ベイリストリバーの発言で、インターネット浸けに なってしまうと創造性とスキルが育たなくなってしまうという ものが出ています。 自らの手で何かをすることができなくなってしまうと いう話です。 …

no image

スポーツの指導方法について

最近は学校での部活動における体罰が非常にピックアップされる 出来事が多くなっています。 わたしも中学、高校、大学とずっと 体育会系の部活動に所属してそこで青春を謳歌してきたものと して個人的な意見があ …

no image

ソニーでもリストラ実施

各電機業界がリストラを実施していて ひどい状況というのはよく話題になっていましたが ソニーに関してもそれは例外ではないようです。 ソニー「中高年リストラ」の現場 http://newsbiz.yaho …

アーカイブ