社会

2013年 生命保険の保険料の値上げ

投稿日:

memoS1
2013年の新年度(4月)から生命保険の保険料が値上げされる
可能性が高まっています。その原因となるのが、
金融庁による「標準利率の引き下げ」です。

生命保険会社は、保険料の運用によって得られる収益を見込んで、
保険料を割り引いています。この割引率を「予定利率」といいます。
当然、予定利率を高く設定するほど保険料が安くなります

また、生命保険会社は、将来的に保険金や年金などを
支払うことになるため、それに備えて保険料や保険料を
運用して得た収益などを積み立てておかなければなりません。

その積み立てられた準備金のことを「責任準備金」といい、
責任準備金の積み立ては、保険業法によって義務付けられています。
なお、責任準備金の算出には標準利率(予定利率)が使用されており、
標準利率を高く設定するほど責任準備金は少なくなります。

今回、標準利率が引き下げられることになりましたが、
標準利率はあくまでも標準責任準備金の予定利率であり、
保険料算出の予定利率には直結しません。

しかし、責任準備金の予定利率が保険料算出の予定利率より低いと、
保険料に比べてより多くの割合の責任準備金を用意することになり、
その差額を保険会社が負担しなければならなくなります。

そのため、保険会社では保険料算出の予定利率を標準利率に
合わせるのが一般的となっています。

従って、標準利率が下がることは予定利率が下がることであり、
それに連れて保険料の割引が少なくなることから、
保険料が値上がるという結論が導かれます。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

衆院選を前に改めて選挙制度を考察する

いよいよ衆議院議員選挙が近いですが、日本は二大政党に向いているのか 否かというのが一つのテーマとなっています。 ただ、現与党は失策続きで低空飛行が続き、その対抗勢力たる最大野党も 結局先祖帰りするだけ …

no image

敷金は返還してもらうべきです

多くの人が経験していると思いますが、賃貸のアパートやマンションを 引っ越す時に悩みの種となるのが「敷金の返還」です。 畳やカーペット、壁などが薄汚れてきているため、敷金を放棄したり、 大家さんから張り …

no image

65歳雇用の是非

先ほど、報道でNTTグループが社員を65歳まで 働かせるために賃金の上昇を抑える新賃金制度を 2013年度に導入するというものがありました。 結果的には、40~50代でもらえる賃金が 減るということに …

no image

首相が頻繁に変わっていいのか?

衆議院が解散になって、再び総選挙が行われるということに なりました。 自民が良いのか、民主が良いのか、それとも第3党? とそれぞれの方がさまざまな想いを抱いていると思います。 でも、そもそもこんなに日 …

no image

依存心を克服する方法

日本人って何かを習得しようとする際に、すぐに習い事やスクールに通ったり、 高額な通信教育セットの購入をしたりと、何にでも依存心が強い方が多いですよね。 例えば子供の成績を上げるためには、塾に通うか家庭 …

アーカイブ