社会

自己破産は債務者の権利

投稿日:

PC!S
債務整理には4つの種類があります。
任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。
債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う
借金とは、多数の金融機関から高額な借金をしていて、利子がどんどん
膨れ上がり、返すメドも立たないような借金の事です。

このような人を多重債務者と言いますが、債務整理を行う事で
大幅に減額され、返済の計画が立てれるようになります。
又状況にもよりますが、減額どころの話ではなく、借金が
ゼロになる事もあります。

いずれにしても、現状より格段に良くなる事は間違いありません。
特に自己破産においては、多重債務者にとって最もすばらしい制度と
いえます。ただし、借金がゼロになるだけあって、他の債務整理方法では
不可能、と裁判所が認めた場合だけに限ります。

勿論財産があればほとんど没収されますが、身の回りの生活必需品などは
残され、その後は財産も作れます。又、収入を得ても返済の義務がなく、
ゼロから新たにスタートできます。

デメリットとしては、数種類の職業的資格の制限や、会社の取締役や
監査役はできなくなります。しかしこれも手続き期間中のことだけであって、
永遠に資格が剥奪されるわけではありません。

基本的には、20万円以上の財産は全て手放さなければなりません。
しかし、解決までの期間が大変短く、借金がゼロになり、更に
返済義務がなくなるというのは最大のメリットなので、マイナスの
イメージだけで引き下がらずに、債務者の権利として、遠慮なく
債務整理を行うべきだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

日本を褒め称えるサイトは本当なのか?

世界が絶賛する日本!みたいな 自国礼賛サイトはこうやって 作られていた!ということで kino toshiki氏が暴露記事を 出しているものを見ました。 ヨーロッパに住んでいて、 実際には日本の製品を …

no image

小学校の入学準備事情

今年の春、小学校に入学する子供がいます。 ここ最近なんでしょうか?小学校や中学校の新入学事情は、 私が子供のころ(20~30年くらい)では、ずいぶん変わりました。 まずは、必需品のランドセルです。定番 …

no image

医者になるまでにかかる学費の問題

私立医大の学費について議論している サイトを見て、考えました。 「私大医学部に行くにはお金がかかりすぎる」 という当たり前の話ではあるのですが、 不公平感がありませんか?という想いです。 医学部は6年 …

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

no image

利用が進まないプラチナバンド

最近CMなどでもしばしば耳にするようになったスマホなどの 周波数帯のプラチナバンドですが、割り当てられてもすぐには 利用できない理由があるそうです。 プラチナバンドというのは700~900メガヘルツの …

アーカイブ