社会

自己破産は債務者の権利

投稿日:

PC!S
債務整理には4つの種類があります。
任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。
債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う
借金とは、多数の金融機関から高額な借金をしていて、利子がどんどん
膨れ上がり、返すメドも立たないような借金の事です。

このような人を多重債務者と言いますが、債務整理を行う事で
大幅に減額され、返済の計画が立てれるようになります。
又状況にもよりますが、減額どころの話ではなく、借金が
ゼロになる事もあります。

いずれにしても、現状より格段に良くなる事は間違いありません。
特に自己破産においては、多重債務者にとって最もすばらしい制度と
いえます。ただし、借金がゼロになるだけあって、他の債務整理方法では
不可能、と裁判所が認めた場合だけに限ります。

勿論財産があればほとんど没収されますが、身の回りの生活必需品などは
残され、その後は財産も作れます。又、収入を得ても返済の義務がなく、
ゼロから新たにスタートできます。

デメリットとしては、数種類の職業的資格の制限や、会社の取締役や
監査役はできなくなります。しかしこれも手続き期間中のことだけであって、
永遠に資格が剥奪されるわけではありません。

基本的には、20万円以上の財産は全て手放さなければなりません。
しかし、解決までの期間が大変短く、借金がゼロになり、更に
返済義務がなくなるというのは最大のメリットなので、マイナスの
イメージだけで引き下がらずに、債務者の権利として、遠慮なく
債務整理を行うべきだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

握手権偽造で逮捕 犯罪の認識が薄れている?

SKEの握手権偽造・窃盗容疑ということで 高校3年生が逮捕されたということが報道されています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ SKE握手券を偽造・窃盗容疑=100枚カラーコピー―高3男子を逮捕 …

no image

生活保護法改正・現物給付案は適切か?

生活保護法を改正して金銭ではなくて 食糧や衣服を現物給付するという案が 出ているそうです。 この案は本当に正しいのでしょうか? 金銭が貰えるとなると不正受給をする人達が 出てくる、お金そのものがもらえ …

東京へ一極集中が続く理由。都心から離れていると不利!?

日本の人口の移転についてですが 相変わらず東京への一極集中が続いていると いうようなニュースが出ていました。 東京が20年連続の転入超過ということ。 転入-転出で7万人というような数字に なっているそ …

no image

内定辞退者に罵詈雑言

不況の影響で就活に苦しむ学生が多いといわれる昨今ですが、 内定がもらえたらもらえたで、もしその内定を辞退すると 採用担当者から罵詈雑言を浴びせられるケースがあるという記事を見ました。 この背景にあるの …

no image

定年の年齢を65歳まで引き上げる取り組みについて

現在の定年制限は60歳と法律で決められています。 しかし政府は今後の五年間、段階的に定年制限を上げていき、 65歳まで引き上げていくよう法律を改正しています。 医療技術の進歩により平均寿命があがり、6 …

アーカイブ