社会

自己破産は債務者の権利

投稿日:

PC!S
債務整理には4つの種類があります。
任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。
債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う
借金とは、多数の金融機関から高額な借金をしていて、利子がどんどん
膨れ上がり、返すメドも立たないような借金の事です。

このような人を多重債務者と言いますが、債務整理を行う事で
大幅に減額され、返済の計画が立てれるようになります。
又状況にもよりますが、減額どころの話ではなく、借金が
ゼロになる事もあります。

いずれにしても、現状より格段に良くなる事は間違いありません。
特に自己破産においては、多重債務者にとって最もすばらしい制度と
いえます。ただし、借金がゼロになるだけあって、他の債務整理方法では
不可能、と裁判所が認めた場合だけに限ります。

勿論財産があればほとんど没収されますが、身の回りの生活必需品などは
残され、その後は財産も作れます。又、収入を得ても返済の義務がなく、
ゼロから新たにスタートできます。

デメリットとしては、数種類の職業的資格の制限や、会社の取締役や
監査役はできなくなります。しかしこれも手続き期間中のことだけであって、
永遠に資格が剥奪されるわけではありません。

基本的には、20万円以上の財産は全て手放さなければなりません。
しかし、解決までの期間が大変短く、借金がゼロになり、更に
返済義務がなくなるというのは最大のメリットなので、マイナスの
イメージだけで引き下がらずに、債務者の権利として、遠慮なく
債務整理を行うべきだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

マスコミの小沢叩きは実に醜い

大手マスコミの小沢一郎議員叩きは酷すぎます。 おそらく、日本の実質的支配層が指示しているんでしょうが、 よくもまあこれだけ足並みそろえたものです。 最近も、日本未来の党が分裂したことについて、毎日新聞 …

no image

為替介入の仕組み

為替介入は日銀が行なうもので、自分の国の通貨を 守るためのものですが、仕組みがどうなっているか 知っているでしょうか。 日本では外国為替平衡操作とも言われることのある 為替介入ですが、これは為替レート …

接客

「おもてなし」を中国は真似できるのか?日本のマニュアルが流出

日本のおもてなしの接客マニュアルが流出して中国で見られているという話が出ています。 読売新聞の記事で出ていました。 流出というと何か大変なことのようにも思えてしまいますが、これは企業秘密というよりは、 …

no image

裁判員制度の裁判員の仕事

テレビや新聞でも時々「裁判員裁判」のことがニュースに 出るようになったこともあり、裁判員制度は国民の間に 定着してきています。 しかし、「何をするのか」、「何をしてはいけないのか」など、 具体的なこと …

アーカイブ