社会

自己破産は債務者の権利

投稿日:

PC!S
債務整理には4つの種類があります。
任意整理、特定調停、自己破産、個人(民事)再生です。
債務整理は、例えば数万円程度の借金があるだけでは使えません。ここで言う
借金とは、多数の金融機関から高額な借金をしていて、利子がどんどん
膨れ上がり、返すメドも立たないような借金の事です。

このような人を多重債務者と言いますが、債務整理を行う事で
大幅に減額され、返済の計画が立てれるようになります。
又状況にもよりますが、減額どころの話ではなく、借金が
ゼロになる事もあります。

いずれにしても、現状より格段に良くなる事は間違いありません。
特に自己破産においては、多重債務者にとって最もすばらしい制度と
いえます。ただし、借金がゼロになるだけあって、他の債務整理方法では
不可能、と裁判所が認めた場合だけに限ります。

勿論財産があればほとんど没収されますが、身の回りの生活必需品などは
残され、その後は財産も作れます。又、収入を得ても返済の義務がなく、
ゼロから新たにスタートできます。

デメリットとしては、数種類の職業的資格の制限や、会社の取締役や
監査役はできなくなります。しかしこれも手続き期間中のことだけであって、
永遠に資格が剥奪されるわけではありません。

基本的には、20万円以上の財産は全て手放さなければなりません。
しかし、解決までの期間が大変短く、借金がゼロになり、更に
返済義務がなくなるというのは最大のメリットなので、マイナスの
イメージだけで引き下がらずに、債務者の権利として、遠慮なく
債務整理を行うべきだと思います。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えていると いうことがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが 成り立っているというところもありますが、 だんだんと親も年をとり、年金生活に なると子どもにそ …

寝不足で生産性が低下するということ

寝不足によって生産性が低下し、 経済損失が起こる。 こんな今更当たり前の内容が 記事として出ていました。 1日の平均睡眠時間が6時間未満の 人の割合が20歳以上で39.5%もいるという ことです。 夜 …

3.9+5.1=9.0は減点対象 小数点0は消さないとダメなの?

  3.9+5.1=9.0が学校で減点となったと いうことで話題になっているそうです。 正しい回答が9であって9.0では ないということ。 先生のいうこともわからなくもないですが これでは融 …

no image

社会人になると勉強がしたくなるということ

10代は勉強したくないのが普通なのに30代に なると勉強したいとなるのは何故かという内容が まとめブログで語られているのを見ました。 10代は嫌いな教科も含めやらされている勉強をしていると いうのと、 …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

アーカイブ