健康

育毛剤が効かない原因と改善方法

投稿日:

komattaS1
実際に育毛剤を利用している人のうち
どれくらいの人がきちんと髪が増えているのでしょうか。

育毛剤が効かないと感じている人は多いと思いますので、
今回は育毛剤の効かない原因を考えてみましょう。

まずは、髪が抜けていく原因を考えてみると、
ひと昔前までは、
「遺伝によるもの」
という声が多かったと思います。

最近の研究によると、
遺伝よりも、生活習慣や、ストレス、喫煙、
髪の洗い方等が悪い等の原因が多いと言われています。

男性ホルモンが多いことを原因とする男性型脱毛症と
いう病気もありますが、実際は生活習慣にて薄毛になることも多いそうです。

男性ホルモンの過多による薄毛については、
予防も難しいとは思いますが、
もともとの薄毛の原因が生活習慣などにある場合は、
育毛剤を使うのと並行してもともとの原因を改善する必要があると思います。

育毛剤に頼りきりで健康管理が不足していると、
頭皮や髪にはいい影響を与えません。
あくまで育毛剤というのは発毛などのお手伝いをするもので、
睡眠不足や栄養不足など、体の状態が健康でない場合はいくら
育毛剤を使っても効果がでないのは仕方のないことだと思います。

毛髪は夜寝ているときが一番成長しますので、
たくさんの睡眠がいいことはもちろんですが、
食生活を改善することが難しい方は、
サプリメント等で栄養のバランスを調節することも大切だと思います。

その他の育毛剤が効かない原因としては、
短期間でやめてしまうことも大きな原因だと言われています。

最近は即効性の育毛剤というものもありますが、
そういった速効性のものでも、
実際は継続して使うことで効果が表れてくるものが多いのが現状です。
自分の症状や頭皮の状態と合っていない場合もありますが、
大まかな症状が合っている場合は、
即効性の場合も数か月ほど使ってみて、
長期的な効果を確かめてみることも大切だと思います。

育毛剤が効かないと感じている人は、
まずは栄養状態や睡眠に気をつけ、
継続的に育毛剤を使っていくことから始めてみてはいかがでしょうか。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

口内炎の種類について

口内炎とは頬の内側や歯茎などの口の中や、 その周辺の粘膜にに出来る炎症のことをいいます。 口内炎には様々な種類がありますが、もっとも出来やすいのが アフタ性口内炎と言って、疲労や免疫力の低下、ストレス …

no image

家でもできる運動を

30代になって、太りやすくなったと実感しています。 同じように食べていても、以前よりお肉がついてしまいます。 スイーツやお菓子を、あまり食べないので、これはけっこう ショックでした。でも、そこで何もし …

no image

風邪を引いてしまった時にすること

風邪の菌は鉄分が大好きです。 ですのでチョコレートなどの鉄分の多い物は控えましょう。 発熱初めの寒気のある時は厚着をして体を暖めるのが良いですが、 熱が上がって熱い時には無理に布団にくるまって暖まる必 …

no image

暖房で乾燥する理由と対策

今年の冬は、例年よりも部屋の加湿に気を使っています。 というのも、冬になって早々、風邪を引いてしまったためです。 原因は、部屋が乾燥しすぎてしまったことにあるようです。 起きた時に、「喉が痛いなぁ」く …

no image

冬の顔の乾燥

冬は手・足先だけでなく、ずっと露出している顔も乾燥の標的になります。 夏はそんなに乾燥で悩むことの無い人も、冬の風の冷たさや お湯にさらすことで、顔の表面が弱くなり乾燥しやすくなります。 私ももちろん …

アーカイブ