雑記

神様の言うとおり弐が少年マガジンで始まりました。

投稿日:


神様の言うとおり弐が新連載として
少年マガジンで始まりました。

これはかなり期待です。
神様の言うとおりはもともと別冊少年マガジンで
連載されていて、それが週刊に移ってきたということです。
週刊連載から別冊の方に行くということはあっても
別冊から週刊に来るというのは珍しいことなのでは
ないでしょうか。
それだけ編集部側の期待感も大きい作品ということです。

この神様の言うとおり、実はきちんと見たことは
なかったのですが、うわさやちょっとした漫画の紹介等で
凄いということは聞いていました。

進撃の巨人も衝撃的なものがありましたが
こちらの作品も衝撃的かつ斬新であるとのこと。

「キミの常識をぶっ壊すカタストロフィ・サスペンス」
という売り文句でやってきました。
そういう表現になるのですね。

何か日常から多くかけ離れながらも完全なる
ファンタジーではなく、どことなく親近感を
感じされるストーリー。日常の中に起こった突然の
ホラー、非日常的な出来事という親近感と違和感が
ちょうどよく合わさったということで興味が
わきやすいのかもしれません。

これから毎週真剣に見ていきたいと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

様々な情報をフルに活用する方法

情報化社会と云われる現代で日々生活していると、TV,インターネット、 新聞、電車の吊り広告、ラジオ、雑誌と、こちらからあえて追いかけなくても、 あらゆるところから何かしらいろいろな情報が入ってくるかと …

no image

人の意見は聞くな

「人の意見は聞くな。」 こんな話について通常は社会的には賛同できないと 思いますが、この記事を読むと納得できるものがあります。 LifeClipさん http://lifeclip.org/diary …

no image

日常生活を充実させること

日常の生活がつまらない、毎日同じことの繰り返し。 これは誰でも考えることだと思います。学生だって毎日学校に 行って勉強して帰ってきて終わり。バイトをしている人だって 毎日バイトで帰ってきて終わり。 社 …

no image

山田五十鈴の「たぬき」。そのモデルの人生

昨年亡くなった名女優山田五十鈴。女優というより「最後の女役者」と 呼んだほうがしっくりきます。 本領はもともと映画ですが、後年舞台にシフトしていきました。 舞台の代表作は「たぬき」。山田五十鈴が演じる …

no image

福袋の醍醐味とは

福袋は買う人と買わない人に別れると思いますが、 私は試しに買ってみるほうです。 それが自分が好きなブランドの福袋でしたら、頑張って買ってしまいます。 福袋は毎年買っていますが、福袋の醍醐味とは何だろう …

アーカイブ