社会

コンビナートの老朽化における問題と対策

投稿日:

komattaS1
高度経済成長期に作られた建物は現在、老朽化の問題に直面しています。
その建物の一つに石油などを扱うコンビナートも含まれています。

コンビナートは危険物を扱うため、安全管理が徹底している対象ではありますが、
老朽化においては現在想定外の問題に直面し、相次ぐ事故が行っています。
この事故を未然に防げない要因は大きく分けて2つあります。

1つは修理の費用が高く、実際に行えない事、2つ目は技術者の
数が減っていることです。

現在の法律ではコンビナートの点検においては厳しく
管理するよう、企業側に責任を持たせていますが、
点検方法において曲がり角や重圧の部分など事故が
起こりやすい部分しか点検せず、その他の部分においては
企業側の自主点検で任される形になっています。

近年起きているコンビナートでの事故は、その点検されていない
部分が原因と報告されています。

故に点検、並びに老朽化した個所における修繕が必要ですが、
修理費用を考えると、予算が足りない形になり、更に個所を
絞れないかと、事前準備に時間がかかる形になってしまっています。

2つ目の問題については、日本の科学者の待遇が低い為、
多くの技術者が去り、高度な技術が伝授されないまま、次の技術者へ
移る形になっています。

故にこの2つの対策として、更新設備を行う企業には税を半分にする、
また技術者を集め、どこが老朽化しやすいか改めて建物の構造を基に
点検する作業を行っています。

更に技術者不足の面においては、その専門性をデータ化し、80万通りもの
事故想定において、コンピューターが判断サポートする形にしています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

ミニマリストって今でもいるの?一時的ブームの気がします。

ミニマリストを実践した人が 陥っている落とし穴なんて記事が 上がっていました。 質にこだわりすぎて高額なものを 買いすぎて、日常の消耗品まで 高くなり節約になっていない。 下着やバスタオルも少ないため …

no image

裁判員裁判制度の検証はどうなっているのか

時折、ふと思うこと、裁判員裁判制度に関する事件の行方は、 たまに報道されるのですが、裁判員制度自体に対する検証は、 どこへ行っているのでしょう。 かなり昔、メンタルケアは、やはり欠かせない、というよう …

no image

マスコミの小沢叩きは実に醜い

大手マスコミの小沢一郎議員叩きは酷すぎます。 おそらく、日本の実質的支配層が指示しているんでしょうが、 よくもまあこれだけ足並みそろえたものです。 最近も、日本未来の党が分裂したことについて、毎日新聞 …

no image

来年受験する人に向けて

今の中学生や高校生は受験に向けてラストスパートを かけていると思います。 そこで勉強しているうちに「もっと勉強しておけばよかった」と 思う人もいるはずです。 そこで来年受験をする中高生やそのお父さんお …

no image

雷における新製品と今後の対策

雷は通常寒い冬の時期に多発する気象です。 その為、12月から2月にかけては雷の発生率は夏と比べ倍以上となり、 停電や並びに飛行機の運航に影響を及ぼしていることから、 年間における被害総額は推定2000 …

アーカイブ