社会

コンビナートの老朽化における問題と対策

投稿日:

komattaS1
高度経済成長期に作られた建物は現在、老朽化の問題に直面しています。
その建物の一つに石油などを扱うコンビナートも含まれています。

コンビナートは危険物を扱うため、安全管理が徹底している対象ではありますが、
老朽化においては現在想定外の問題に直面し、相次ぐ事故が行っています。
この事故を未然に防げない要因は大きく分けて2つあります。

1つは修理の費用が高く、実際に行えない事、2つ目は技術者の
数が減っていることです。

現在の法律ではコンビナートの点検においては厳しく
管理するよう、企業側に責任を持たせていますが、
点検方法において曲がり角や重圧の部分など事故が
起こりやすい部分しか点検せず、その他の部分においては
企業側の自主点検で任される形になっています。

近年起きているコンビナートでの事故は、その点検されていない
部分が原因と報告されています。

故に点検、並びに老朽化した個所における修繕が必要ですが、
修理費用を考えると、予算が足りない形になり、更に個所を
絞れないかと、事前準備に時間がかかる形になってしまっています。

2つ目の問題については、日本の科学者の待遇が低い為、
多くの技術者が去り、高度な技術が伝授されないまま、次の技術者へ
移る形になっています。

故にこの2つの対策として、更新設備を行う企業には税を半分にする、
また技術者を集め、どこが老朽化しやすいか改めて建物の構造を基に
点検する作業を行っています。

更に技術者不足の面においては、その専門性をデータ化し、80万通りもの
事故想定において、コンピューターが判断サポートする形にしています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

PPPという公害における責任費用について

PPPとはPolluter Pays Principleの頭文字からとった略語であり、 企業がもし公害的なものを排出しているのであれば、それを費用で責任を負う 「汚染者支払いの原則」をさします。 自動 …

no image

首都高などの修繕で1兆円

首都高速道路会社が首都高の大規模更新や修繕を行った場合の 費用を見積もったところ、約1兆2300億円にものぼるという試算が出されました。 首都高は以前から老朽化が指摘されており、大規模な改修が必要な …

有休をとる理由を聞いてはいけない マイナビ記事も削除に

有給休暇を取る理由を聞いてはいけない、 というのが法律で決まっている話は 常識にも関わらず守れていない企業が 多いものになっています。 理由の提示の強制はできず 労働者の権利としてとることが できるも …

給食を残す問題  4割の児童が残すということ。

給食を今の児童は食べないということで ニュースとして挙がっていました。 4割が残すとかちょっと異常な 数値になっているように思えます。 これは好き嫌いの問題というか、 残さないで食べるというような 教 …

no image

ガソリンスタンド廃業でガソリン難民増加

全国のガソリンスタンドで、2013年の2月にかけて 廃業するところが一気に増加するのでは、という記事がありました。 全国的にマイカーの需要低迷によるガソリンの需要低下のため、 廃業するガソリンスタンド …

アーカイブ