雑記

最近のディーゼル車はすごい

投稿日:

026118
最近販売されているディーゼル車の実力には目を見張るものがあります。
今までのディーゼル車といえば、排気ガスが臭い、加速が遅い、
ガラガラうるさいといったイメージでバスやトラックなどの
商用車以外ではあまりなじみがありませんでした。

そんなディーゼル車も数年前からメルセデスベンツなど輸入車を中心に
販売され始めました。
日本車もやっと輸入車に対抗できるディーゼル車が登場してきました。

そんな中去年登場したマツダの「cx-5」はカーオブザイヤーを
受賞しました。私もとても気になるので試乗しましたがディーゼル車と
いわれなければ全く気づきません。

車外では少しディーゼル独特のガラガラ音がしますが、車内では
全く聞こえません。車が動き始めてアクセルを踏んでいっても、
加速が遅いということは全くなくガソリン車と何ら変わりありません。

ディーゼルエンジンは低回転でトルクが出るのでガソリンエンジンのよ
うに回転を上げなくても加速できるところが魅力です。

軽油はガソリンに比べて値段が安い上、ディーゼル車はガソリン車に
比べて燃費が良く経済的なため、ヨーロッパでは一般的です。

特にコンパクトカーは半分以上がディーゼルなんです。
日本は排ガス規制が厳しいため、ガソリン車やハイブリッド車が主流ですが、
「cx-5」のようなクリーンでガソリンエンジンのようにパワーのある
ディーゼルが販売されれば、どんどん増えてくると思います。
実際に「cx-5」の8割がディーゼルだそうです。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

長時間フライトで子供を退屈させない方法

海外旅行に子供と一緒で最も気がかりなのは、長時間静かに座っていなければならない 飛行機の中ではないでしょうか。 全く知らないうえに旅の目的の違う人たちとあの狭い空間を共有して 平和に過ごさなければなり …

no image

オスプレイは驚異的な機能を持った輸送機

先日沖縄の米軍基地に配備された「オスプレイ」に対し、 今でも安全問題に不安があるということで反対運動が起きています。 オスプレイとは、垂直離着陸輸送機「V-22」の愛称であり、 1989年に初飛行され …

no image

芥川賞直木賞と本屋大賞

出版関係の賞というのはいろんなものがあります。 特に有名なのは芥川賞と直木賞だと思います。 芥川賞は、「蜘蛛の糸」「藪の中」などで有名な芥川龍之介の 名前を冠して菊池寛が創設した文学賞で、純文学作品を …

no image

東京圏にまだ新駅ができる!?

JR東日本は30日、2020年までの 経営構想を発表ということで在来線で新たな需要が 開拓できる場所に新駅が設置するという話が出たそうです。 既にもう場所もなければこれ以上変わらないと思っている 東京 …

no image

マリリン・モンローの魅力

アンディ・ウォーホルのイラストで有名な女優さんです。 ハリウッド歴史の中のスターですが 彼女の映画は、この頃では再放送もされません。 1950年代のトップスターであり、いわゆるSEXシンボル的女性でし …

アーカイブ