社会

保障と補償と保証

投稿日:

021935
生命保険や自動車保険の説明文の中に出てくる言葉で、紛らわしいものに、
「保障」と「補償」と「保証」があります。

例えば、「保障期間」、「補償期間」、「保証期間」と書かれていた場合、
何を「ホショウ」する期間なのか、明確な違いを指摘できる人はそんなに多くはいません。

保険用語としての使われ方を見てみると、一般的に、損害保険は「補償」、
生命保険は「保障」を多く使用しています。そして、「保証」は主に年金保険などに出てきます。

保険業法で言うところの、「一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補する」のが
損害保険です。
てん補というのは、被った損害を補うという意味があり、「補い償う」ということから、
「補償」の字を充てます。
「補償」を使う保険では、自動車の車両保険のケースのように、
原則的に「被った損害額」以上の保険金を支払うことはありません。

一方、生命保険の「保障」は、「死亡や入院に対し、一定額の保険金を支払う」場合に
使われます。一家の大黒柱が死亡したり、入院したりして、生活していく上で
「差し障りとなることから保る(まもる)」ためのものなので、「保障」が使用されています。

また、「保証」が使われるのは、主に年金保険の「保証期間付終身年金」や
「保証期間付有期年金」などの時です。「保証」は「大丈夫だという証(あかし)を保たせる」と
いう意味になります。保証期間中に被保険者が生きていても亡くなっても、
その期間中の年金は必ず支払う、というように用いられています。

なお、この使い方は保険だけではなく、例えば国の制度においても、
「社会保障」だとか、「災害補償」のように使われています。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

盲導犬の育成と理解

今報道ステーションで盲導犬についての特集を見ています。 ・法律で決められているにも関わらず盲導犬を拒んでしまうと  いうお店がある ・盲導犬は全国で1000頭あまりしかいない ・訓練を受けて盲導犬にな …

no image

ノンアルコール飲料の急増と社会

ノンアルコール飲料ですが、その勢力は ますます大きくなってきているように 思います。 ノンアルコール飲み会なんてものも 現在は開かれているとニュースでも出ています。 出費が抑えられますしよいとの話が出 …

自動ブレーキ義務化を検討。決定が遅すぎです。一刻も早く。

高齢者運転の事故対策、 アクセルとブレーキを踏み間違えるような 事故が多発していますが、その対策として 自動ブレーキを義務化するということを 検討しているそうです。 本当にこれは遅すぎるくらいの話です …

no image

円安は日本を救うのか

自民党が優位ということが世論調査などで 明らかになってくるに従って円安が進んできています。 自民党の総裁などは否定していますが、やはりどう考えてみても 自民党の総裁の発言が今の円安を誘導しているとしか …

no image

予防医療による医療費削減で国を元気に

昨今、我が国の医療費は少子高齢化によって膨れ上がる一途を辿っており、 公的機関でも社会福祉制作の在り方について連日議論される、 大きな問題のひとつとなっています。 ご存じ日本の長寿率は先進国のトップク …

アーカイブ