健康

自閉症とアスペルガー症候群について

投稿日:

009640
今回は発達障害の一つ、自閉症とアスペルガー症候群についてお話ししたいと思います。

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラムの中の一群と
して位置づけられています。自閉症について簡単にお話ししますと、
脳の先天的な機能障害で、社会性の障害・コミュニケーション障害・
イマジネーション障害の三つの特徴を併せ持っています。

社会のルールについて理解できなかったり、独特の考えを持つ、
人とのコミュニケーションの仕方が独特、言語に遅れが出たり、
他人の模倣や言語以外の表情などから意図を読み取ることが苦手だったり、
先のことや段取りを予測するのが苦手なので、規則的なことにこだわりを持ったり
、見通しが立たないことには耐えられなくなったりということが、主な特徴です。

健常者と自閉症の間に明確な境はなく、人それぞれ度合いに強い弱いがあり、
これが自閉症スペクトラムという考え方です。

さて、アスペルガー症候群ですが、この中で言語発達に遅れがないものと
されています。ですから、会話が全くできないということはありません。
言語が操れるので、知能もある程度高いと言えます。
ですが、社会性の障害やイマジネーション障害はあるので、会話の意図を
汲み取れずに勘違いをしたり、受け答えが機械的だったり、自分の興味の
あることを一方的にしゃべったりということもあります。

身近な方に、そう感じる方がいらっしゃいませんか。「変わり者」と
思われているかもしれませんね。
でも、100〜200人に1人くらいはいるのでは言われています。
5万人収容の野球場だと、1000人くらいいる計算です。

軽度発達障害まで含むと、6.3%の割合と言われています。
スティーブン・スピルバーグなど、アスペルガーであることを公表している
有名人もいます。
障害と言うより、少数派の文化を持った人達と言われることもあります。
彼らに分かりやすく、穏やかに根気強く接するのが支援のコツです。
少数派の文化を生かし、多種多様な考え方が社会に根付くといいですね。

adsense

adsense

-健康

執筆者:

関連記事

no image

生活習慣病予防に有効なトレーニングは何か

適度な運動をすることが慢性的な生活習慣病に有効なことは 異論のないところだと思いますが、では筋トレなどの瞬発的な 運動とランニングなどの有酸素運動とではどちらの運動の方が 生活習慣病予防の観点では有効 …

no image

脂肪の体への取りこまれ方

血液を試験管のなかんい入れておくと、 やがて上下2つの層に分かれます。 上の層が血清、下の層が血球です。 血清の中に含まれているのは主に水分で そのほかにもたんぱく質や糖質、脂質等が 混ざっています。 …

no image

ウォーターサーバー利用の際に気になる項目

便利さからウォーターサーバーを利用する方が増えています。 女性であれば重い水を運ばなくて済むというのは特に魅力的ですよね。 その一方でコストや、居住スペースなどを考えて利用するかどうか 考えている方も …

no image

糖尿病の予防に大切なこと

食生活の欧米化が進む現代の日本社会では男女を問わず 生活習慣病にかかる人が増えており、中でも糖尿病と 診断された人、または糖尿病の予備軍とされる人の数は飛躍的に増えています。 糖尿病には大きく2種類あ …

no image

エアコン暖房と乾燥

今年の冬は寒さが厳しいらしく、朝からエアコンの暖房を入れて 過ごす日が多くなってきます。 私はエアコンの暖房はあまり好きではないのです。 なぜかと言いますと、空気が乾燥して、肌が乾燥するからです。 部 …

アーカイブ