社会

首都高などの修繕で1兆円

投稿日:

news05
首都高速道路会社が首都高の大規模更新や修繕を行った場合の
費用を見積もったところ、約1兆2300億円にものぼるという試算が出されました。

首都高は以前から老朽化が指摘されており、大規模な改修が必要な
ことはわかってはいましたが財源の問題もありのびのびとなっていましたが、
先日の中央道のトンネル事故の影響もあり、また自民党の公共事業増強政策の
影響もあってか、ここにきて本格的に改修を行う方向で調査を始めたようです。

試算によると、都心環状線など首都高速の総延長(約301キロ)のうち、
15%にあたる約47キロで、緊急性を要するものも含め建て替えや
修繕などに最大で9100億円かかるとしています。

また、10年後には高速湾岸線など計110キロを大規模修繕するのに、
さらに約3200億円必要と指摘しました。

同社の社長は、「国や都と協議してできるだけ早く工事を開始したい」と
述べているそうですが、具体的な開始時期は未定のようです。
当然財源のメドがたたない限り工事が開始されることはないのでしょうが。

料金収入だけでまかなうには無理があり、2050年の高速無料化にも影響が
出るのではということですが、それ以前にどう考えても税金を
投じるしかないのではという気がします。

またそんな財源は国にも無いので結局は借金でまかなうということになると思います。
首都高は総延長の半分が開通から30年以上経過しているほか、50年を
過ぎた区間もあり劣化が進んでいるため、遅かれ早かれ改修が必要なことは間違いありません。

最終的には将来世代への付け回しと言われても、やらざるをえないことになりそうです。
やはりこれらの高速道路やトンネル・橋などの補修を行うと、結局は百兆円単位の
お金が必要になるのは致し方ないのでしょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

中国の経済制裁から見る正しい生き方とは

中国が主張する領海区域は日本だけでなくフィリピンも含まれています。 中国は2010年9月、尖閣諸島沖合で中国の漁船が日本の巡廻船に衝突し、 船長を逮捕した時、対日のレアアースの輸出を禁止する事を行いま …

no image

パート主婦もスマホ使いが当たり前の時代

消費税増税が近づく中、少しでも働いて家計を助けたいというのが 主婦の方の本音ではと思いますが、不景気な昨今なかなか条件の いい仕事など中々ありつくことはできません。 そんな中、主婦の仕事の面接で「スマ …

no image

家電リサイクル法の成り立ちとシステム

家電リサイクル法は市民に定着しましたが、 いまだに家電製品の不法投棄が行われています。 過去、家庭から廃棄された家電製品は破砕処理後、鉄などの 一部の金属は回収しますが、残骸のほとんどはそのまま埋め立 …

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えているということがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが成り立っているというところもありますが、だんだんと親も年をとり、年金生活になると子どもにそこまでの …

no image

家事の能率

専業主婦の時間は毎日たっぷりあります。 時間の上手な使い方によって効率よく家事をこなすことが できた場合はとても満足感を得られます。 少しでも家事の能率が落ち、家事の作業が後手後手に なってしまった日 …

アーカイブ