雑記

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

投稿日:

fd879d06
子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても
よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと
答えられたら親の株は急上昇です。

そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介します。
今回の疑問の内容は、「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」というものです。

例として、「10+5=15」という式を考えてみます。
左辺の5を右辺に移項すると式は「10=15ー5」となります。
さて、+5がー5になりました。これはなぜでしょう。

「そういうルールだから覚えるんだよ」との回答ではいけません。
それでは子供は意味も分からず飲み込むだけになってしまいます。

これをうまく説明するポイントは二つあります。
ひとつは、=の意味についてです。=は左辺と右辺が同じであることを意味しています。
もうひとつは、同じものから同じものを引いてもやはり同じものになるということです。

実は、この二点の理解があればこの疑問はすぐに氷解します。
すなわち、「10+5=15」は「10+5-5=15-5」と変形され、
左辺のみ整理して「10=15ー5」となるのです。

結局はこの中間の作業が省略されているだけで、やっていることといえば
両辺から5を引いたにすぎないのです。

「+の数が=をまたぐと-の数になる」というルールありきなのではなくて、
そうなるように式を変形したというのが正しい理解です。

同様に考えていけば逆に「ーの数が=をまたぐと+の数になる」ことも説明できます。
しっかり理屈を踏まえることで記憶の精度は格段に良くなりますし、
ルールをただルールとして飲み込むより、なぜそうなるのかを考えて
ルールと向き合う方が勉強が楽しくなるのではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

タブレットPCを購入する意味

2012年に話題沸騰となったタブレットPCは、 2013年も引き続きその人気を維持しそうです。 そこで、これからタブレットPCを購入しようと 考えている人にすこしのアドバイスです。 それは、タブレット …

no image

バッグに使用される帆布

バッグと言えば、革製のものか、ナイロン製のものが多くなっていますが、 最近は、帆布で作られたバッグを持っている若い女性をよく見かけます。 帆布は明治の頃にはすでに使われており、丈夫さを生かして人力車の …

no image

エレクトーンの移り変わり

世の中にはさまざまな楽器が存在します。 幼稚園の頃、誰もが一度は鳴らした事のある「カスタネット」や 「トライアングル」、そして「タンバリン」というのもありましたね。 先生が弾く「オルガン」もあり、最初 …

no image

レッドブルの効果は本当!?

レッドブルって実際に効果あるの? なんて掲示板で会話がなされているのを見ました。 私もレッドブルは何度か飲んだことがあります。 一時期は都心でプロモーションとして無料で配っていた 時期もありましたね。 …

no image

THE MANZAIの復活を望む

お笑いが好きで、昔からお笑い番組を楽しみにしていました。 最近、少し残念に思うのが、お笑いでデビューした人達が、 有名になってくるとお笑いの仕事をしなくなって、司会やMCになってしまうことです。 それ …

アーカイブ