雑記

算数の疑問「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」

投稿日:

fd879d06
子供が学校で習ったことがわからなくて先生に聞いても
よく分からず親の自分に聞いてきた、そんなときにビシッと
答えられたら親の株は急上昇です。

そこで、よくある算数の疑問をうまく説明する方法をご紹介します。
今回の疑問の内容は、「+の数が=をまたぐと-の数になるのはどうして?」というものです。

例として、「10+5=15」という式を考えてみます。
左辺の5を右辺に移項すると式は「10=15ー5」となります。
さて、+5がー5になりました。これはなぜでしょう。

「そういうルールだから覚えるんだよ」との回答ではいけません。
それでは子供は意味も分からず飲み込むだけになってしまいます。

これをうまく説明するポイントは二つあります。
ひとつは、=の意味についてです。=は左辺と右辺が同じであることを意味しています。
もうひとつは、同じものから同じものを引いてもやはり同じものになるということです。

実は、この二点の理解があればこの疑問はすぐに氷解します。
すなわち、「10+5=15」は「10+5-5=15-5」と変形され、
左辺のみ整理して「10=15ー5」となるのです。

結局はこの中間の作業が省略されているだけで、やっていることといえば
両辺から5を引いたにすぎないのです。

「+の数が=をまたぐと-の数になる」というルールありきなのではなくて、
そうなるように式を変形したというのが正しい理解です。

同様に考えていけば逆に「ーの数が=をまたぐと+の数になる」ことも説明できます。
しっかり理屈を踏まえることで記憶の精度は格段に良くなりますし、
ルールをただルールとして飲み込むより、なぜそうなるのかを考えて
ルールと向き合う方が勉強が楽しくなるのではないでしょうか。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

赤本の買取をするにはどこを利用するのがいい?

受験も無事終わったし、 赤本や参考書、問題集を処分したい!と 考えている方、ただ捨てるだけだと 実はもったいないことになるんです。 その赤本、参考書、問題集は売ることが できるんです。 漫画や専門書等 …

no image

ネイルは化粧と同じくらい大切なこと

ニューヨークの町には、ネイルサロンがあちこちにあります。 そして、値段も、10ドル前後というリーズナブルな値段で、 通いやすい値段設定ですので、ニューヨークの女性はよくネイルに行きます。 アメリカでは …

no image

いつの間にかMARCHではなくMARCHINGが使われている!?実態は変わらず

大学受験の難易度グループの定番といえば MARCHという言い方がありましたが、 今MARCHINGという使われ方もされているようです。 駿台がその言い方をしているのでちょっと驚きです。 では、これらの …

no image

スーツ選びの豆知識

スーツを選ぶとき、何を基準に選びますか?形でしょうか? 色でしょうか? ”スーツ”といってもたくさんの種類のものがあります。 どのようなものがあるのか簡単に説明したいと思います。 大まかに分けてるとシ …

オイシックスの献立キットが気になります

今話題になっているオイシックス。 主菜・副菜がたったの20分で完成するという 献立キットが発売しているのを見つけました。 食品の宅配、食材の宅配というのは よくあるところではありますが、 野菜やお肉も …

アーカイブ