社会

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

投稿日:

fd879d06
最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。
取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも
子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。

しかし、限りなく減らすことは可能です。
虐待がニュースになるほど増加してきた背景には、間違いなく現代社会の
抱える副作用「核家族化」に大きな原因があるように思います。

1世帯だけで暮らす家庭が多く母親とその子供との結束は
強くなるでしょうが、周りに人が少ない分、反対に束縛も強くなります。

子育てをするには、強い忍耐力と大きなストレスが付きまといます。
どんなに可愛い我が子でもやはり疲れる時は来ますし、
悩みや拘束感が全くない人はいません。

そんな環境にずっと身を置いていると、育児に溜まったストレスを
子供に向けることがあります。
それが虐待となるのです。

それを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。
先程も述べたように、核家族化が進む一方で高齢化社会も
叫ばれているこの国は、至る所に高齢者がいます。
もし、実家が遠かったり頼れる親族が周囲にいない場合、
子育てのプロである高齢者と接してみてください。
高齢者は理由もなく、他人である我が子を無心に愛でて
褒めてくれる最高の相手です。

地域の施設や商店街などで声をかけられ、子供のことを褒めてもらえたり
アドバイスをもらったりすれば、育児を頑張っていることを
認めてもらったように感じ、解放感とともに子供をもっと好きになれるでしょう。

確かに親としての責任感は重要です。しかし、親だけでは子供は育ちません。
独りで無理しながら育児をすると、子供にも迷惑です。

あまり悩まず、一歩外へ出てみましょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

ゆとり世代 円周率は3ではない?

ゆとり世代の代表的な話といえば 円周率が3.14ではなくおよそ3になってしまうと いう話でした。 こんな適当な計算方法にしてしまって 本当にいいのか? ある意味嘘を教えることになってしまうのに 本当に …

no image

高学歴の人は冒険しない

組織に高学歴が多くなるとダメになっていくと いうようなことが語られています。 だんだんと企業が成長していくと社員に 高学歴の人が増えてきます。 そうすると本来は優秀な人達ばかりが 集まっていくのでより …

no image

色覚異常の割合と見え方についての考察

ふとブログ等を呼んでいて、色覚異常について 語ったものがあったので真剣に読んでみました。 そしてわかった事実として男性の5%(20人に1人)が 色覚異常を持っているということです。 女性は遺伝的になる …

no image

わずかな得票で一国を牛耳るうまい商売

誰がこんなうまいシステムを考え出したのでしょう。 今の総選挙のシステムは有権者が投票に参加しなくても、 その時のナンバ-ワン政党が候補者を一網打尽に かっさらえられるように作られています。 このシステ …

みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいいという世の中はよくない

社会学者の上野千鶴子氏が中日新聞の インタビューで 「みんな平等に緩やかに貧しくなっていけばいい」 ということを言ったことが話題になって いるようです。 GDP維持、増加をしていくことをあきらめて み …

アーカイブ