社会

子育ては独りでするものではなく地域ぐるみで

投稿日:

fd879d06
最近ニュースで頻繁に取り上げられている「乳幼児の虐待」。
取り上げられる度に一時的に話題にはなりますが、どの時世でも
子供への虐待は存在し、静かな子供の叫びは消えることがなさそうです。

しかし、限りなく減らすことは可能です。
虐待がニュースになるほど増加してきた背景には、間違いなく現代社会の
抱える副作用「核家族化」に大きな原因があるように思います。

1世帯だけで暮らす家庭が多く母親とその子供との結束は
強くなるでしょうが、周りに人が少ない分、反対に束縛も強くなります。

子育てをするには、強い忍耐力と大きなストレスが付きまといます。
どんなに可愛い我が子でもやはり疲れる時は来ますし、
悩みや拘束感が全くない人はいません。

そんな環境にずっと身を置いていると、育児に溜まったストレスを
子供に向けることがあります。
それが虐待となるのです。

それを防ぐにはどうしたら良いでしょうか。
先程も述べたように、核家族化が進む一方で高齢化社会も
叫ばれているこの国は、至る所に高齢者がいます。
もし、実家が遠かったり頼れる親族が周囲にいない場合、
子育てのプロである高齢者と接してみてください。
高齢者は理由もなく、他人である我が子を無心に愛でて
褒めてくれる最高の相手です。

地域の施設や商店街などで声をかけられ、子供のことを褒めてもらえたり
アドバイスをもらったりすれば、育児を頑張っていることを
認めてもらったように感じ、解放感とともに子供をもっと好きになれるでしょう。

確かに親としての責任感は重要です。しかし、親だけでは子供は育ちません。
独りで無理しながら育児をすると、子供にも迷惑です。

あまり悩まず、一歩外へ出てみましょう。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

夫婦円満の秘訣

夫婦の仲を円満に保つためには、「ありがとう」をマメに 言うことがおすすめです。 夫婦になるとどうしても「あたりまえ」の感覚がでてきてしまい、 家事の分担も、子育てもお互い黙々とこなすようになり、 感謝 …

no image

企業が排出するゴミ問題に対し、消費者が責任を負う理由

企業がゴミに対する社会的責任を果たすためにも、 ゴミ発生を抑制したり、適性に処理する事を効率的にしていかなければなりません。 この効率性を追求するためにも、消費者もそのゴミに対する負担を 背負う事が結 …

no image

将来の介護はロボットにお任せ

有料老人ホームを運営する会社の調査で、40代以上の男女に 調査したところ8割の人が自分の介護をロボットにやってもらうことに 抵抗がないという回答をしたそうです。 調査結果の中にはロボットによる介護を肯 …

no image

親子で楽しめる「ガンダムカフェ」

サブカルチャーの聖地・秋葉原には、メイド喫茶から フィギュアショップまで、もう何でもあるといっても過言ではありません。 店舗の移り変わりも早く、半年ぶりに行くと町の様子が 変わっていることに驚きます。 …

no image

小学校の入学準備事情

今年の春、小学校に入学する子供がいます。 ここ最近なんでしょうか?小学校や中学校の新入学事情は、 私が子供のころ(20~30年くらい)では、ずいぶん変わりました。 まずは、必需品のランドセルです。定番 …

アーカイブ