雑記

一人暮らしの彼に「カビ」の怖さを知らせる方法

投稿日:

kmatta2S
彼のワンルームマンションを訪れた時、「うっ、カビ臭い」と思わず
おののいてしまった経験はありませんか?

マンションの低層階に住んでいたり、ベランダから玄関へ風が
通り抜けない間取りだったりする場合、カビの発生率は非常に高くなります。

専業主婦で一日中家にいる人でも「カビを生やしてしまった・・・」という経験はあるのに、
一日中家を空け、寝るためにだけ帰宅するような生活を送る彼であったら、
言うまでもありませんね。

カビを防ぐには、まず彼に「カビは怖い」と認識させる必要があります。
カビは健康を害します。吸い込むことでアレルギー性の鼻炎や喘息の原因に
なるだけでなく、肺炎を起こす可能性もあるといいます。水虫の原因にもなります。

もちろん大事な衣服をダメにしたり、臭いを発生させたりと、いろいろな
方法で私たちをいじめてきます。
ではどうしたら、カビを防ぐことができるでしょう。

第一に「換気」です。換気しようという気持ちがあっても、間違った方法を
とっている人がいます。例えば、彼は風呂あがり、ドアを開けたまま
風呂場の換気扇を回していませんか?
換気扇は密閉空間でこそ働くのだと教えてあげましょう。

また電気代を気にするのはいいことですが、特に梅雨時期は
一日中家を空ける人は除湿機やエアコンを利用したり、
台所や風呂場の換気扇を回したままにすることを促しましょう。

そして、できるだけ布団を干す、ベッドの下や収納スペースに
新聞紙を敷くなどの「昔ながらの知恵」も伝授しましょう。

とにかく彼女として警告を続けていくことが、
彼がカビと同居しないための方法です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

家は持ち家がいいのか賃貸がいいのか

家は持ち家がいいのか賃貸がいいのか、悩む問題だと 思います。 家族がいて、子供もいて、ということであれば比較的 持ち家で地域社会に根ざしていくメリットはあるように 思います。 ただ、独身であったり、子 …

no image

猫と一緒に暮らすのに最低限おぼえておくこと。

気まぐれで自由に動き回る猫達と快適に一緒に暮らすには、 どういったことに心掛ければよいでしょう。 可愛い愛猫との上手な暮らし方をお教えします。 猫たちは飼い主の事を格上の存在だとは思っていません。 大 …

no image

動物・生物好きの人に贈る一口情報

鉄道に嵌まった女子を「鉄子」と言うなら、動物行動に嵌まった女子を 「動子」さんかな。彼女に贈るミニ情報です。 地上の生物の種類は命名されている物で100万種以上と言われているので、 その生態の特徴と行 …

no image

法律から見た小銭の使い方

最近、スーパーマーケット等のレジで「小銭は20枚までの使用をお願いします」 といったメッセージを見かけることが多くなりました。 確かに、混雑時に何十枚も小銭を出して会計するのは、お店にはもちろん、 後 …

no image

A-BOUTの漫画の感想

週間少年マガジン連載中の A-BOUT(アバウト)ですが、 いよいよ大詰めを迎えているんでしょうか? 3年生を含めた光嶺高校の中での頂上決戦を 争っていくという激盛り上がりのシーンというところです。 …

アーカイブ