社会

新聞は軽減税率の対象となるか

投稿日:

PCS
消費税増税が現実味を帯びる中、日本新聞協会が新聞・書籍・雑誌には
軽減税率を適用すべきとの声明を発表した、という記事がありました。

軽減税率を適用すべきとの根拠として、知識への課税強化は国の力を
衰退させる恐れがあること、欧州などでは一般に活字媒体には
課税しないという共通認識があること、などを挙げているようです。

欧州について述べていましたが、付加価値税(消費税にあたる)の
標準税率が2桁を超える欧州では、新聞に対する税率は
英国、ベルギー、デンマーク、ノルウェーは税率ゼロであり、
フランス2.1%、スペイン・イタリア4%、ドイツ7%など、
主要国では1桁に抑えられているといいます。

また新聞協会が2012年11月に実施した調査でも、8割を超える
国民が軽減税率の導入を求めており、そのうち4分の3が新聞や
書籍にも軽減税率を適用するよう望んでいるということでした。

新聞と書籍とひとくくりにしていますが、どうも書籍や雑誌が
メインの対象のような気がしないでもないですが。

今後は新聞だけでなく様々な業界が軽減税率の適用を求めて
陳情合戦を行うであろうことが容易に想像されます。

新聞に関しては、消費税増税法案の是非が論議になっていた際に、
新聞各紙はほとんどが社説で消費税増税推進論を展開しており、
一部には新聞は軽減税率の対象となることが確定的なため、
新聞は消費税増税に面と向かって異を唱えることはしないのだ、
というような説も見受けました。

事の真偽は不明ですが、軽減税率が様々な利害関係を
はらむものであることだけは間違いないようです。

一方で自動車や住宅については減税を行うような話もあり、
どんどん消費税の取り分が減少しているようで気になります。

adsense

adsense

-社会

執筆者:

関連記事

no image

LCCの利用は余裕を持って

ここ最近格安航空会社(LCC)が登場してきました。 LCCの運賃は既存のJALやANAに比べると安いんですが、 利用する際にはそれなりの注意が必要です。 テレビなどの報道で座席がとても狭いことや、機内 …

no image

日本「民主主義」の本当の姿がわかったここ数年

2009年の民主党による政権交代は、始めて55年体制を国民の投票に よって打ち破ったという点で、新しいエポックをつくる出来事でした。 ところが意外にも、これが日本「民主主義」の本当の姿を ここまでみせ …

中高年のひきこもり、高齢化に関する反応は?行政としてできることは?

中高年のひきこもりが増えているということがニュースとして出ていました。 親が支えているから引きこもりが成り立っているというところもありますが、だんだんと親も年をとり、年金生活になると子どもにそこまでの …

no image

老齢厚生年金の受給について

将来、本当に老齢年金をもらえるのかという不安がある年金ですが、 私達は一体いつからもらえるのでしょうか。 老齢厚生年金は、厚生年金の被保険者期間が1ヶ月以上あり、老齢基礎年金を 受給できる資格期間を満 …

no image

イギリスと日本との違いから見る洋上発電に求められること

現在の電力事情に伴い、再生可能エネルギーのニーズが高まっています。 その中において、海上に風力発電を作るプロジェクトが進められているのですが、 日本はイギリスと比べ、プロジェクトが進んでいない事になっ …

アーカイブ