雑記

様変わりしている納骨堂

投稿日:

shoukaiS1
最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが
多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、
室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に
よって劣化することが無く、いつでもきれいな状態で管理されています。

従来、納骨堂はお墓を購入するまでの間、遺骨を預かってもらうための
場所という位置づけでもあったことから、『コインロッカーのようで嫌だ』と
いう意識を持たれていたのも事実です。

ただ近年は、少子化や核家族化が進行したことから、菩提寺のお墓を
守る後継者がいなくなり、折角建てられたお墓も解体され、
遺骨も無縁仏に移されることが少なくありません。
そのような実態から、お墓に対する観念も変化しており、
子孫に残すという意識が薄れてきています。

そこで、最近の納骨堂には「永代供養」を意図したものが非常に
増えてきており、従来の単なる遺骨の保管場所というイメージは
払拭されつつあります。また、長期間保管することを前提とした
納骨堂も建てられるようになっています。

納骨堂の種類も多くなり、昔からあった棚に並べて置いておくだけの
「棚型」や、箱型の収蔵庫に保管する「ロッカー型」から、最近では、
上段に位牌を安置し、下段に遺骨を納め、記念品や写真なども置ける
「仏壇型」や、お墓のような形をした「屋内墓所型」に変わってきています。
また、「永代供養墓」といって、屋外に建物を設け、個別の納骨スペースを
設けた共同墓地も増えています。

どの納骨堂でも、定期的な供養が行われているのが特徴です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

マンション管理組合の主な業務

分譲マンションに居住していると、必ず1度は管理組合の理事に なることになります。分譲マンションには区分所有者を構成員とする 管理組合が設けられており、組合員を代表するものとして理事会があります。 理事 …

no image

図書館利用のすすめ

最近、本を読んでいますか? 日常的に見る活字は雑誌と新聞ぐらい・・・、という方多いのではないでしょうか。 活字離れが取りざたされるようになり久しいですが、 今や大学生でさえ図書館の利用方法がわからない …

no image

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 感想

今更の時期になるかもしれませんが、 パイレーツ・オブ・カリビアンの4作目、「生命の泉」を 借りてみてみました。 他のところを見ると良い評価も多いみたいですが、 個人的にはう~ん・・・という感じがありま …

no image

2013年 梅雨入りの時期について

梅雨入りということが先日東京でも 5月29日ごろに発表されて平均より 10日も早いということで発表されていました。 梅雨になるとじめじめしてイヤだなあと 思ったり、今は自転車を使っているので 自転車を …

no image

熱帯魚を飼育し始めた初心者向けの電気代節約術

近年、大規模なホームセンター等で、ペットショップが 併設されている様です。 犬や猫、ハムスターや鳥などのペットの販売に加え、グッピーや コリドラス、ネオンテトラから始まり、金魚まで、様々な熱帯魚が販売 …

アーカイブ