雑記

様変わりしている納骨堂

投稿日:

shoukaiS1
最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが
多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、
室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に
よって劣化することが無く、いつでもきれいな状態で管理されています。

従来、納骨堂はお墓を購入するまでの間、遺骨を預かってもらうための
場所という位置づけでもあったことから、『コインロッカーのようで嫌だ』と
いう意識を持たれていたのも事実です。

ただ近年は、少子化や核家族化が進行したことから、菩提寺のお墓を
守る後継者がいなくなり、折角建てられたお墓も解体され、
遺骨も無縁仏に移されることが少なくありません。
そのような実態から、お墓に対する観念も変化しており、
子孫に残すという意識が薄れてきています。

そこで、最近の納骨堂には「永代供養」を意図したものが非常に
増えてきており、従来の単なる遺骨の保管場所というイメージは
払拭されつつあります。また、長期間保管することを前提とした
納骨堂も建てられるようになっています。

納骨堂の種類も多くなり、昔からあった棚に並べて置いておくだけの
「棚型」や、箱型の収蔵庫に保管する「ロッカー型」から、最近では、
上段に位牌を安置し、下段に遺骨を納め、記念品や写真なども置ける
「仏壇型」や、お墓のような形をした「屋内墓所型」に変わってきています。
また、「永代供養墓」といって、屋外に建物を設け、個別の納骨スペースを
設けた共同墓地も増えています。

どの納骨堂でも、定期的な供養が行われているのが特徴です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリックしたくなる広告

広告といっても、その効果はさまざま。 ここではインターネット広告の話になりますが、 クリックしたくなる広告とそうではない広告と いうのがあると思います。 そうではない広告というのは、それは内容が下手と …

no image

結婚式での余興のやり方

結婚式は友人や先輩後輩のもの、いずれに招かれてもなんだか 気恥ずかしい思いもありながら心から祝ってあげたい イベントだと思います。 何度か結婚式に参加している中では仲の良い友人やお世話になった 先輩の …

no image

クリスマスケーキは冬至の風習

クリスマスの時に クリスマスケーキをは食べますが これは何の言われから来ているのだろうかと 考えた事はありますか。 クリスマスとケーキはいつもセットだったから 考えた事もないというのが、大半の方の意見 …

no image

蜂蜜はなぜ甘いのか

蜂蜜が甘いことは誰でも知っています。 しかし、なぜ蜂蜜が甘いのかを知っている人はそれほどいません。 蜂蜜は御存じの通り、ミツバチが集めた花の蜜で出来ています。 そのため、多くの人が花の蜜が甘いと勘違い …

no image

料理に影響する硬水と軟水の違い

最近は、ミネラルウォーターをバッグに入れて、持ち歩いている人が 多くなりました。ミネラルウォーターはその名の通り、カルシウムや マグネシウムなどのミネラル分(無機塩類)が含まれている水のことです。 こ …

アーカイブ