雑記

様変わりしている納骨堂

投稿日:

shoukaiS1
最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが
多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、
室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に
よって劣化することが無く、いつでもきれいな状態で管理されています。

従来、納骨堂はお墓を購入するまでの間、遺骨を預かってもらうための
場所という位置づけでもあったことから、『コインロッカーのようで嫌だ』と
いう意識を持たれていたのも事実です。

ただ近年は、少子化や核家族化が進行したことから、菩提寺のお墓を
守る後継者がいなくなり、折角建てられたお墓も解体され、
遺骨も無縁仏に移されることが少なくありません。
そのような実態から、お墓に対する観念も変化しており、
子孫に残すという意識が薄れてきています。

そこで、最近の納骨堂には「永代供養」を意図したものが非常に
増えてきており、従来の単なる遺骨の保管場所というイメージは
払拭されつつあります。また、長期間保管することを前提とした
納骨堂も建てられるようになっています。

納骨堂の種類も多くなり、昔からあった棚に並べて置いておくだけの
「棚型」や、箱型の収蔵庫に保管する「ロッカー型」から、最近では、
上段に位牌を安置し、下段に遺骨を納め、記念品や写真なども置ける
「仏壇型」や、お墓のような形をした「屋内墓所型」に変わってきています。
また、「永代供養墓」といって、屋外に建物を設け、個別の納骨スペースを
設けた共同墓地も増えています。

どの納骨堂でも、定期的な供養が行われているのが特徴です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

制服は必要か否か

アメリカでも制服が導入される学校が 増えているということで、学校の制服が そもそも必要なのかどうか?という点で議論したところ、 賛成50%、反対50%と賛否両論になっているそうです。 参考 アメリカ人 …

no image

お家でアクアリウム

ペットを飼いたいけれど、住んでいるマンションの事情や 一人暮らしで出張もある方、イヌやネコを飼いたいけれど 家族にアレルギーがいる・・・などの方にオススメのなのが、 お家でアクアリウムです。 水族館が …

no image

ミニシアターのおすすめ

近年、映像技術は進歩し あっと驚くような映像が、しかも3Dで見れるものも増えてきました。 予算と技術をつぎ込んで作られ あらゆるメディアを媒体とし、大体的に宣伝され、大型シネコンで上映される 数々の大 …

no image

部屋さがしで見えてくるもの

ただいま引っ越しシーズンですね。 テレビを見てもネットサーフィンをしていても、不動産会社や引越し業者の バナーが乱立しています。 引っ越しシーズン真っ盛りの今、住みたいと思う物件があっても 見学後に冷 …

no image

グーグルストリートビューが海に潜る

グーグルのストリートビュー(地図を実際の写真で 自分の立ち位置から見えるようなサービス)ですが、 今までは道路だけだったのが、建物の中等も見れる場所が 増え、ついに海にまで潜ることになりました。 海も …

アーカイブ