雑記

様変わりしている納骨堂

投稿日:

shoukaiS1
最近は、亡くなった家族の遺骨をお墓ではなく、納骨堂に納められることが
多くなっています。納骨堂は別名、室内墓とも呼ばれているように、
室内に遺骨を置くところです。そのため、外にあるお墓と違って天候に
よって劣化することが無く、いつでもきれいな状態で管理されています。

従来、納骨堂はお墓を購入するまでの間、遺骨を預かってもらうための
場所という位置づけでもあったことから、『コインロッカーのようで嫌だ』と
いう意識を持たれていたのも事実です。

ただ近年は、少子化や核家族化が進行したことから、菩提寺のお墓を
守る後継者がいなくなり、折角建てられたお墓も解体され、
遺骨も無縁仏に移されることが少なくありません。
そのような実態から、お墓に対する観念も変化しており、
子孫に残すという意識が薄れてきています。

そこで、最近の納骨堂には「永代供養」を意図したものが非常に
増えてきており、従来の単なる遺骨の保管場所というイメージは
払拭されつつあります。また、長期間保管することを前提とした
納骨堂も建てられるようになっています。

納骨堂の種類も多くなり、昔からあった棚に並べて置いておくだけの
「棚型」や、箱型の収蔵庫に保管する「ロッカー型」から、最近では、
上段に位牌を安置し、下段に遺骨を納め、記念品や写真なども置ける
「仏壇型」や、お墓のような形をした「屋内墓所型」に変わってきています。
また、「永代供養墓」といって、屋外に建物を設け、個別の納骨スペースを
設けた共同墓地も増えています。

どの納骨堂でも、定期的な供養が行われているのが特徴です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

レトルト食品は常温で保存できます

最近はレトルト食品の種類が豊富になり、味も良くなっているので、 時間の取れない食事の時には非常に重宝します。 レトルト食品の「レトルト(retort)」とは、高圧加熱殺菌釜の ことを指しています。 調 …

no image

疲れている時に気をつけたい事

疲れている時というのは、一番人間関係のトラブルが起きやすい時だと思います。 イライラするのは自分に余裕がない時です。 そして相手にも余裕がなければ、雰囲気が悪くなるのは当然です。 職場や家庭等、特に同 …

no image

隠棲の俳人尾崎放哉、と山頭火

尾崎放哉は明治、大正期の自由律の俳人です。荻原井泉水門下で、 同門下には放浪の俳人として今も人気の高い種田山頭火がいます。 帝大を出て生命保険会社に就職、支店長まで行きましたが、 酒乱の傾向があり、辞 …

no image

インターネット上の文章のコピーには注意

よく外注の方を利用して記事を用意していたりするのですが、 一定の確率でどこかの文章をそのままコピーしてくるような 人に出会います。 ネット上の文章をコピーするということは 「引用」でない限り立派な著作 …

no image

スマートフォンがあれば大都会も安心して歩ける

スマートフォンが普及し多くの人が持つようになりましたが、 やはり使っていてとても便利だからではないかと思います。 外にいながらも、すぐにインターネットに繋ぐことができますし、 タッチパネルなのでサクサ …

アーカイブ