雑記

甲殻類・エビも痛みを感じる可能性あり

投稿日:

shiryouS
エビやカニなどの甲殻類。
私たちは調理するときに、普通に生きたままの仕入れてきて
それをさばく、茹でる等を行っていますが、実は痛みを
感じている可能性があるなんてことが発表されたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(参照)
英研究者「シーフード優しく扱って」、甲殻類も痛み感じる可能性
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2921495/10118634

エビやカニなどの甲殻類は痛みを感じることができる可能性が高いとする研究結果が17日、発表された。研究を行った研究者は、熱湯に放り込まれたロブスターは、実は長い間にわたって苦しみ続けているのかもしれないと話している。

 北アイルランド・ベルファスト(Belfast)のクイーンズ大学(Queen’s University)の研究者らが行った一連の実験で、特定の場所で繰り返し電気ショックを与えられたカニは、たとえそこが隠れ場所に絶好な暗がりだとしても、その場所を避けるようになることが分かった。英科学誌「Journal of Experimental Biology(実験生物学ジャーナル)」に掲載された論文では、これはカニが痛みを感じていることを示唆するものだとされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは微妙な話ですよね。
先日、別の記事で魚が痛みを感じている可能性もあるという
ことが発表されたのも記憶にあります。

でも、だからといって私たちは一体どうしろというのでしょうか?

全員菜食主義者になれというのは無理な話。
むしろ人間のエゴだと思います。

動物同士の世界では弱肉強食で弱いものは食べられるという
ことが行われていますし、狩りのときに遊びも含めて
獲物を痛めつけるというようなことも行われています。

これらの食べる行為の方が自然な行為である以上、
人間が仮に甲殻類や魚類が痛みを感じている可能性が
あろうとも食べることは変えられないし、変えるべきではないように
思います。

倫理を主張する方々からは違うリアクションがきそうですが・・。

でも、これはこのような説もあるというくらいですよね。

実際には痛みではなく反射として、反応しているだけかも
しれませんし、脳の程度が低いため、体が反応していても
それを感じることがないかもしれません。

いずれにしても、まだ解明は難しいということ。

私たちは大切に食べるということで、そこまでの話以上には
できないと思います。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

クリスマスの由来

クリスマスはイエス・キリストが生まれた日だと思っている人が多いけれど、 クリスマスはあくまでもイエス・キリストの降誕を祝う日であって、 イエス・キリストが実際に生まれたのは9月15日か、あるいは10月 …

no image

ビジネスジャーナルの人気記事がビジネスではない

最近検索でよく出てくるビジネスジャーナル。 http://biz-journal.jp/ 人気記事がサイドバーに並んでいるのですが、 その内容を見てみると ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

no image

ベランダ菜園の土作り

マンションやアパート等、庭の無い住宅環境でも、実現が可能な ガーデニングや家庭菜園が人気を集めている様です。 これらは俗に、「ベランダ菜園」、「ベランダガーデニング」と呼ばれています。 狭いベランダで …

no image

松木さんの役割とは

久しぶりに日本代表を中継で見ました。 オマーン戦です。 ところで松木さんの解説ですが、毎回定番なのですが、 なんとも面白いですよね。 解説をしているようで、いや解説はしているはずなんですが、 実際は他 …

no image

出費の理由を分析することは節約につながる

節約するためは収入の範囲内で生活することが大切です。 収入が多いか少ないかに関わらず出費はよく 計画しなければすぐ赤字になってしまいます。 赤字を防ぐための工夫は家計簿をつけることや予算を立てることな …

アーカイブ