雑記

苦みを軽減して、ゴーヤーをいっぱい食べよう

投稿日:


沖縄料理といえば、ゴーヤーチャンプルーを真っ先に
思い浮かべる人も多いはずです。

加熱をしても壊れにくいビタミンがあるということや、省エネの観点から、
近年増えているグリーンカーテンで収穫できるゴーヤーをせっかくだったら
おいしく食べたいですよね。
でもあの独特な苦みが苦手な人も多いのも事実でしょう。

ということで、ゴーヤーの苦みを軽減させておいしく食べる
レシピをご紹介したいと思います。

まず苦み軽減方法ですが、ちょっとした一手間です。
縦半分に切ったゴーヤーの綿をスプーンなどでしっかりと取る。
ゴーヤーを使いたい料理のサイズに切り、一つまみの塩でもみ、
5分ほど経過したらさっと水洗いする。

熱湯で2~3分、きれいな緑色になる程度ゆでて、ざるに取り、
さっと冷水で冷まして色止めをする。

とこれだけです。ゆでているときは、ゴーヤーの苦いにおいがするので、
苦手な方はタイマーをセットしてしばし退散ください。

あとは、このままおかか和えにしたり、チャンプルーにしたり。
お好みで使っていただけます。この一手間で、断然に苦さは変わってきます。

そして、和えるものでの相性もあるようで、ツナ缶と一緒に調理すると、
さらに苦みが軽減されます。

そのほかの調理法では、油との相性がいいようで、油調理をすると
苦みが軽減されます。チャンプルーを作るときも、ごま油を隠し味で
少量プラスしたり、特にお勧めなのは、ゴーヤーのフライです。

2ミリの薄さにしたゴーヤーと豚バラ肉、しょうゆ・砂糖・料理酒を
1;1;1の割合で和えて、具材がまとまる程度の分量の片栗粉で
和えて180度の油でからりと揚げれば、大人も子どもも喜ぶメニューに大変身。

体にいいゴーヤー、夏ばて予防にも積極的に食べたい野菜です。

adsense

adsense

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんのおもちゃの掃除法

赤ちゃんのおもちゃって、皆さんはどうやって 掃除をしていますか。 赤ちゃんは、口におもちゃを入れて、舐めたり噛んだりして遊ぶので、 できるならこまめに掃除をしてあげたいですよね。 もちろん、水で濡らし …

no image

義両親との同居はなかなか難しい

先日私は友人からこんな相談を受けました。 「結婚当初、義両親と同居していたが、当時は子どもがいなかったので、 夫婦だけで賃貸アパート暮らしを始めたの。 その後子どもが出来て、小学校に入るタイミングで今 …

no image

日々の生活から非生産的な活動を差し引く努力をする

人生の時間は限られていて、1日は全ての人が24時間しか 物理上の時間はない。 そのため「日々の生活から非生産的な活動を差し引く努力をする」 という生き方があります。 時間が取られるのが嫌でスポーツジム …

no image

親子でミニトマトや苺栽培に挑戦しませんか?

幼児や小学生低学年のお子さんをお持ちの方は、子供と一緒に 植物栽培を楽しんでみませんか。 季節が良くなれば、小さな草花を一緒に植えたりして、 命の大切さにも少し触れてみるのも良いですよ。 小学校の低学 …

no image

全席禁煙のカフェを増やしてほしい

ドトールの分煙が中途半端でひどいというような 記事を見かけました。 私も本当にそう思います。 ドトールだけでなくベローチェもそうですよね。 日本では禁煙が遅れていると言われています。 本当にマナーも悪 …

アーカイブ